2017.09.23


ミッキースワローの見事な差し切りでした。

道中いつでも左にハンドルを切れるポジションをキープしたルメールの安全運転を見越したかのように、徐々にそのインへ誘導していくドライビング。中山の中距離、4コーナーで溜める形にはなりにくいですよね。一回左後ろに首を向けたのはルメールがアルアインに加速を促した直後。隣が空きましたからそこからアルアインの外に、遠心力に逆らわずに持ち出しました。すばらしきかな横山。いやーエロかったですねーw

鞍上にとっては思った以上の切れ味だった様子。神戸新聞杯の結果を待つ必要はありますが、これで菊花賞が楽しみになってきました。


公式レースラップです。
12.3-11.1-12.4-13.1-12.9-12.8-12.1-12.0-11.7-11.3-11.0

台風が過ぎての良馬場。当日は新馬からメインまで加速ラップが多く出現していました。残り1000以前から一貫した加速ラップで、かつ11.0が計時できるわけですから、なにより馬場の良化が早かったことが窺えますね。都内ですが夜中はものすごい雨風だったんですけどね。

皐月賞馬アルアインは以前よりパンプアップした体つき。休み明けの分仕上げ切っていないという印象も合わせてもちました。ただその皐月賞とはかなり異なる展開になりましたね。前受けして直線で逃げ馬をとらえて突き放したわけですから、内容的には申し分ないでしょう。

菊花賞は、合いますかね。ダービーも向いている舞台ではないと思っていましたが、淀3000はもっと向かないような。予想面では面白くなったと思っています。適鞍、どこでしょう。沙田とか合いそうな気もしますが。

サトノクロニクルは3、4コーナー中間でのもたつきが印象的。もう少し半径の大きいコースのほうがよいのかな。この加速ラップは向かなかったとも受け取っています。3歳秋のハーツクライで内枠、スローなトライアル。あまり俊敏に馬群を捌いてくるイメージが湧かなかったのですが、合っていたでしょうか。

スティッフィリオは見どころ十分。外枠から切符よく先行して、直線先頭から粘りこみました。ペースや脚の使いどころで面白い存在になりそうですが、菊花賞は賞金が足りるのかしら。欲をいえばもうひとつ馬格がほしいところ。ステイゴールドらしいといえばそうですが、直線の加速にもうひとつパワーがほしいなぁと思って見ていました。

人気どころではクリンチャーが着順を下げました。ダービーの敗因でもあった初速に足りないところがそのまま出た格好。内目の枠は被せられ易い分、相当マイナスに捉えておいたほうがよいようです。いまのところ、阪神2200で8枠を引くようなラッキーが必要かな。宝塚記念のゴールドシップになぞらえるのは多方面から苦情をいただきそうですが。



最後に。

レイデオロがジャパンカップ(天皇賞にでるかも?)、アドミラブルは屈腱炎で戦線離脱、スワーヴリチャードは音信不通?でよいでしょうか。ダービー1、2、3着が菊花賞戦線から離れてしまっていましたので、今年はどうなるんだろうと思っていましたが、これで面白くなってきました。

ソウルスターリングが秋華賞回避となっても、ローズSで楽しみが再び増してくるわけですから、何ともわかりやすいものです。秋のG1戦線に向けてローテーションが固まってきますから、どうしても9月は一喜一憂する時期になりますね。

ヤバイのは富士Sではないかと思っています。情報を追いかけている限り、ヤングマンパワー、イスラボニータ、ダノンプラチナ、ロードクエストといった昨年のメンバーに加えて、グランシルク、エアスピネル、サトノアレス、ペルシアンナイトも参戦予定。案外ドスローの前残り決着で拍子抜け、的な結果になりそうな気もしますが、戦前に期待感が膨らむのはとてもよいことと思っています。観る前の期待感がないと映画館には向かいませんものね。例えが違うかな。

10月になれば忙しさも少し抜けると思いますので、存分に時間と労力を費やしたいと思っています。ええ存分に。

その前にコリアカップは書いておこうかなw だいぶ経っててアレですけどね。…まぁセントライトも1週遅れですし、マイペースでまいりましょうか。

関連記事