2008.02.25
東京競馬場で観戦しました。

現場だといろいろな印象がかたまりになりますね。
けいばのクオリア?主観がはいる楽しさ?
データでガチガチの心を溶かしてくれます(笑)

予想はもちろん、ヴァーミリアンに逆らわない方針で(笑)
データ通りではございますが。

実際強かったですね。受けて立つ横綱相撲。
真っ向勝負のワイルドワンダーをしっかり退けてしまいました。
ドバイが楽しみです。
順調に。順調に。



さて、現地で確認したことは主に2点でした。

まずは、昨日からの強風がどのくらい影響するか。
昼ごろは強めの向かい風で、上がりもかかる状況だったのですが
フェブラリーの少し前からおさまるという、見事な演出。
水をまいてもパサパサの、けっこうパワーが要るかなという馬場状態も
合わせて確認しました。


もうひとつは、ブルーコンコルドのテンション。

フサイチコンコルドから自分の競馬暦が始まっていることが大きく
ブルーコンコルドはひいき目をもって見ています。
(無条件で買うわけではないあたりがアレですが)

ここ数戦の個人的な印象は、「ウマ(の気持ち)が疲れている」でした。
JCダートのレースぶりも、レースを早めに終わらせようとして
かかり気味に走っているように見えていました。

今回、若干レース間隔が開いたことでのリフレッシュぶりがどうか。
入れ込まず、落ち着きすぎず、というテンションで
パドックを周回できているか、をバロメータにするつもりでした。


で、他馬を含め、パドックでの感想をいくつか。
・ヴァーミリアンの泰然自若ぶり。
・その後ろで、馬体のつくり(大小)を除いても、ワイルドワンダーはちょいと格負けの印象。
・ドラゴンファイヤーは-16kgほどの馬体減りは感じさせず。でも力強さも感じさせず。
・ロングプライドの首さし!
・リミットレスビットの順調さ。
そして、
・ブルーコンコルドは気持ちがリフレッシュした印象。使い詰めの疲弊感がとれた感じ。

争覇圏内に来る力は持っている、というひいき目が前提ですので
これでコンコルドは「買い」と判断しました。


結果、コンコルドの単勝は手元に残りましたが、内容は十分。
年齢的に来年は厳しいかな。頑張ってほしいです。
なお、三連単、いただきました。ぶい。



最後にヴァーミリアン。
口取り後に「フェブラリーステークス」の名前のはいった馬服を着て
表彰式の横でクールダウンしていたのですが
再び吹きはじめた強風にあおられ、スカートめくり状態に(笑)
馬服は外され、一時、吹きっさらしのダートチャンピオン。

JRAにはめくれない工夫を求めます(笑)

関連記事
2008.02.19

専門紙を買っているという記事を書いたばかりで
このニュースに触れるとは。

思い巡らすこと、いろいろです。



確かに、けいばを楽しむ上でのマストアイテムでは
なくなっているのでしょう。
webにつなげればいくらでも情報は手に入りますし。

こう言っては何ですが、TOPページを拝見する限り
webを利用した情報発信には力を入れていなかったようです。
そのことは若年層=新規購読者の確保を
難しくしていたのでは、と推測されます。

逆に、webをきっかけに新聞を買う、というファンが見込めないのが
現状なのかもしれませんが。


自分は別の専門紙を買っていますが
対岸の火事ではないのでしょう。

…競馬場が減っている現状とも無関係ではないように思います。



応援するように新聞を買う、のは違う気がしています。

まずは内容の充実を、という漠然とした願いを
書いておきます。

関連記事
2008.02.19

昨日盛り上がっていろいろ書いたばかりですが…。


ウッドチップが目にはいった、とのこと。
角膜炎の診断があったようです。

順調に行くのは難しい。ドバイも含め回避との報道。
残念です。


一度仕上げたカラダも心配。立て直してほしいですね。

関連記事
2008.02.18
2008年、フェブラリーS。

1週前の最終エントリーを眺めつつ。
異種格闘技戦という言葉が浮かんできました。
馬場、距離、性別。入り乱れてますね~。

それぞれのプラスマイナス(両方必要)を抱えつつ
適性の異なるウマが集まるジーワン。
事前に盛り上がるには最高のシチュエーションです。
予想も楽しみですね。

今のところ、ダイワスカーレットの動向を中心に考えています。
展開のキーです。


ただ、内容的には、ヴァーミリアンともども、ドバイWCへの
よいシミュレーションになることを期待しています。

理想は2001年のトゥザヴィクトリー、の展開でしょうか。
ハイペースを早めに追いかけ、直線で突き放し、粘りこむ。
後にドバイで2着になる、そのシミュレーションとしては
秀逸だったと記憶しています。

残念ながらJRAのサイトでは
映像はUPされていないようですね。


レーシングビュアー?
……ありました。今見ました。

強いなぁ、トゥザヴィクトリー。


そして、すごいなぁ、ノボトゥルー。
2001年の勝ち馬、今年もエントリーですよ。

関連記事
2008.02.11
昨日書いたとおり、毎週買っています。
全く買わない方もいるようですが、買ってますね。

普段は特に意識しませんが、理由としてはこんなところでしょうか。
・ルーティン、というか癖
・ポータビリティ
・枠順を一望できる
・空気をつかむ

自分としては、これをすべて満たしているのが専門紙だと思っています。
以下、分析。


ひとつめはもうそのまま。買い続けているから、でしょうね。
他の媒体で、強い動機付けがあれば変わると思います。


ふたつめは携帯性。軽いですしね。
携帯性だけなら、それこそケータイやノートPCでもOKではありますが
あえて紙なのは、みっつめの理由にかかわってきます。


みっつめは見た目。
ケータイやPCのモニターだと、枠順すべてを一度に視野に納めるのは
ちょっと不向きです。
各馬のデータを読み込んだ後、枠順を眺めながら
展開をイメージするのが楽しみなので、
「枠を眺める」サイズは非常に大事、なのです。


よっつめ。これは主に週末のメインの予想の仕方、にかかわってきます。

平日に各メディアでの「語られ方」をインプットしておいて
週末、新聞のダンゴでそのギャップを見ます。
レース当日はさらに、オッズとそれまでの印象のギャップをみて
馬券を買う手がかりにしていきます。

情報を折り重ねていく、という楽しみ方なので
情報量が少ないと評価のブレが大きくなります。
ですので、メインレースあたりに限られてしまう方法なのですが。

そのブレを減らす(あえてブレを作る?)ために
専門紙のダンゴを利用して、空気をつかむわけです。


…オッズが醸成されるプロセスってこうなのかも、ですね。
空気=評価のかたまり≒オッズ。
あぁ、KYな場合も多いですよ(笑)



…しかし、代替開催分は発行しなかったみたいですね、新聞。(恨みごと)

関連記事
2008.02.10

週末ごとに雪ですね。

東京は土曜に積もった雪のため、日曜開催分が月曜へ。
日曜日に雪は降らなかったのですが、馬場のことを考えれば
やむを得ないでしょうか。

3日間競馬が見れるから、かえってよし、とも思っていますが(笑)



で、苦言。

週末は必ず競馬新聞を買っているのですが
さて、この状況下で月曜開催分は改めて販売されるのでしょうか。
現時点で、情報が見つかりません。

先ほどコンビニを2件回ってみたのですが
まだ入っていないのか、入らないのか、はっきりせず。

いくつか専門紙のサイトを回ってみても、JRAのサイト上でも
「月曜の新聞、発売しますよ~」という告知は見当たらず。
…調べ方が悪いのでしょうか。


前日の夜、このタイミングで、せめて売るのか売らないのか
さくっと情報が手に入るようにしておかないと。

新聞離れが進んでしまいますよ。

関連記事
2008.02.04
日曜日、東京はなかなかの雪でした。
「積雪」という表現をするのは、久しぶりの気がします。

代替開催だと地上波の中継がないので
レーシングビュアーで映像を見ました。
けいばを始めた当初に比べ、便利になったものです。



ワイルドワンダーは強かったですね。
だいぶ内で泥をかぶっていましたが、問題なしでした。

直線半ば、鞍上の外への持ち出し方が少し気になりました。
当事者ではないので、あくまで映像の見た目ですが
(というか、見た目で判断する立ち位置だからこそのファンなのですが)
はじめから外を意識していればもっとスムーズだったのでは、という
印象を持ちました。

もったいなかったのはアドマイヤスバル。
最後の脚勢はすごかったですね。
フェブラリーはおそらく賞金が…。

トウショウギアは残念。
左右を挟まれ、ウマが踏ん張って前に出ようとしたところで
やってしまったように見えました。
合掌。

関連記事