2009.04.30
おぉ。書評を書いているw

書く宣言をしてから1年くらい経ってるはず。気長ですね。
書きますよー。


タイトル通り、読んだのは「ウオッカの背中」。

現役の競走馬を一冊の本にしたためるのは
勇気の要ることと心得ています。
現役生活をどう締めくくるかによってそのウマの印象が大きく変わるためです。

ただ、ホットなタイミングで売りたい買いたい、というニーズが
あるのでしょう。今後もこの傾向が続く気がしています。



読後の感想。
ウオッカ愛にあふれていて、基本のトーンはステキでした。
そりゃウオッカ好きな人がターゲットでしょうしね。
ええ、好きですともw

印象的なシーンも共通していました。
天皇賞(秋)のレース後、写真判定を待つ騒然とした関係者の横で
最強牝馬2頭が鞍を外して静かに歩みを進め、息を整えるシーン。
周囲の喧騒を横目にした2頭の、時間軸が異なるかのような
清廉なクールダウン・ランデブー。
レース以上に心を打つ光景でした。

また、「ウオッカの背中」というタイトルを掲げた想いが
本文の最後の最後でさらりと見えるあたりもよいなと。

個人的な思い入れを抜きにしたところでは、
取材力とその編集力を評価すべきでしょう。

関係者の言葉をつむいで、その競走馬の実像(対義語はファンの虚像)を、
その輪郭線をあぶりだしていくスタイル。島田明宏さんにも近いのかな。
結果、ドキュメンタリーなテイストが読みごたえを与えていると思います。




一方で、読み進めるという観点でフィットしないところが。

レース描写の合間に関係者のエピソードが差し込まれていくのですが
その結果、肝心なレースシーンを読み進めていくドライヴ感が
あちこちで寸断されてしまい、非常にもったいない!

最後の直線に入った瞬間に同時刻の牧場の様子を描写して
そこから牧場の歴史を振り返り先代オーナーの気概をじっくり語った後、
再び直線の攻防に戻るという。。。

レースの興奮を活字を追うことで再生させたいと思っている自分に、
その期待が意図されていない構成はあまりフィットしませんでした。



あとは「何か」という表現。

人気するウマを描写するときによく使う表現ですね。
実力だけではない「何か」をもっている、的なアレです。

ドキュメンタリー寄りの本になればなるほど
この定型的な表現の登場に、自分は違和感を覚えています。
ましてプロの筆からこの言葉が出るのは残念、の一言なのです。

例えば、プロフェッショナルに料理を評論する際に
「おいしい」という言葉は使えないですよね。
評論すべきはそのおいしさを解き明かすことであるわけで。
そのレベルで使用してはいけない、タブーに近い言葉と認識しています。

言い換えれば、一冊分の言葉を駆使してそのウマを表現する意味は、
また読者がその一冊に向き合う意義は、
それを「何か」と表現せずにその「何か」を表現すること、ではないでしょうか。

職人のこだわり料理を「おいしい」の一言でしか伝えられない
タレントなら残念な限りでしょう。
つまりは、ウオッカを簡単に残念に表現してほしくない、という
ウオッカ愛をもっているわけです。

ちなみにこの本では、結果として、その「何か」をあぶりだすのではなく
著者の思い入れを裏づけする作業に比重が置かれてしまった印象です。
もう少し引いた視点でウオッカ評ができるまで、
筆を持たないほうがよかったのでは、と思ってしまいました。




最後に、この種の本はアーカイブの機能を果たしてくれるのが
適当なポジションと思っています。
そのウマの価値を総括する内容であってほしいのと
本という形として残る、という価値。

だから、現役生活が終わってから
ゆっくり落ち着いて書いても十分間に合うと感じているわけです。

そのウマのファンとして、その一冊を大切にする動機が重要。
…1冊100円の時代にはアナログな発想かもしれませんね。





関連記事
2009.04.26

…記事、書いてしまいましたねw
バレークイーンに書かされた感がありますよ。はは。

年明けに終了宣言しました。ええ、しましたとも。


しばらくはネタをまとめるなり、書く労力なりがスパッとなくなったため
非常に楽だな~と感じてましたが、
キャッチな出来事がある度に、瞬間的に
「あ、ブログ書いておこう♪ …いや、書くのやめてるし」と思うようにw

頭の中にパターンが出来上がっていたんですね。
まぁいろんな意味で(?)ビョーキなのでしょう。


そして、ある方からコメントをいただいたことも
ブログを見直す大きな動機に。
ご迷惑かかる可能性もあるため、詳細は伏せておきますが
「こんな風に読まれることもあるのか~」と
ありがたいやら、こそばゆいやら。



そこで、自分と相談w
いろんな意味で無理しなくていいんじゃないかと。
書きたいときに書けばいいんじゃないかと。

相変わらずブログをコミュニケーションツールとして機能させるつもりはなく。
自分の妄想を書き連ねるだけだと思います。
ケイバへの思いはひとりひとり違いますからね。
不特定多数の方と思いを重ねる労力たるや膨大なものですし。

自分の思いをまとめる場であり、結果思いを表明している場でもあり、
というスタンスはそのままでいこうと考えています。

また、続いていることに価値を置くのも大事、という
思いにも至りました。


結論として、ゆるーく再開です。




では、合わせてポリシー決めまーす。

・投稿は月いちを「目指す」
・あくまでモノローグ
・悪口は書かない
・遠慮はしないように、配慮はしましょう
・コメントはすべて非公開
 └ あ、記事がよければ拍手いただけると幸いです
 └ そのくらいのリアクションがちょうどよいですね
 └ でも、きちんといただいたコメントには返信していくつもり
・リンクはオフィシャルサイト系のみ



それでは、ゆるーくお付き合いくださいませ。


関連記事
2009.04.23
ウインズ後楽園の8Fで皐月賞を見ていた方、ごめんなさい。
ゴール直後、静かにどよめいていたフロアで
「よし!!!」と全力で叫んでいたのは私ですw

みんなロジを買っていたのでしょうね。失礼しました。
そういう自分も、3連単の2着づけにはしていました。

しかし、本線は思い入れたっぷりの単勝でしたからねw



まず、3強の中ではリーチザクラウンを軽視しました。
逃げない、と思ったためです。
枠順が出た時点で、逃げ以外の戦略では
現状勝ち目はないだろうという印象でいました。

大柄でストライドが大きく、首さしが長く低い上に
ハミを噛んでレースを進めたがるタイプ。

首を振り子にしてリラックスしながら道中を走れず、
前方に重心をかけつづけるフォームでは
急な加減速が求められる展開や直線に坂のあるコースでは
力が活かせないと見ていました。

事実、3勝のうち2勝は直線に坂のない京都コース。
阪神の千両賞を勝ってはいますが、相手との力の差があったうえ
坂を上る手前で勝負が決まっていました。
そして3勝ともマイペースのスロー逃げ。

例えるなら、スピードのある完成前のタイキブリザード、というところでしょうか。
タイキをリアルタイムで見ているのは96年からですが
古馬になり、筋力が一回りついてから
安定してレースができるようになったという印象があります。

しかしどちらもガッツリハミを取ってスタートから
ぐいぐいひっぱるような走り方をしていますね。
シアトルスルーの血統は、こんなストライドと気性が
共通するのでしょうか?



また、調教師とジョッキーのコメントの温度差も懸念点でした。
コメントの字面では前向きに見えるのでしょうが
JRAサイトのインタビュー映像、歯切れの悪い武豊がそこにはいました。

おそらく調教師の側に何らかの思惑があったのでしょう。
結果としてジョッキーの取った戦略は、1コーナーまでゆったりと
馬群の外々を回しながら好位の5番手につける形でした。
しかし、リーチにとってはこれが「好位でない」と
ジョッキー自身が「レース前に」感じていたのではないでしょうか。

ただ、仮に逃げたとしてもマイペースで展開できたか、その上で
あの坂を先頭で登れたかは疑問です。
…過剰な期待が関係者にもファンにもあったように思いました。

個人的には東京で開催するJCダートが一番合うのでは?
と感じています。もう東京じゃないって?残念ですw

ダービーまでの成長に期待しますが、もう少し長いスパンで
成長を見守るべきウマと理解しています。




ロジユニヴァースは
気持ちのピークをレース前に越えていた印象でした。

パドックの映像で馬体を見た限り、
心身ともに少し攻め過ぎた-10キロに見えました。
あれだけ追い切りで動いたわりに
パドックでは覇気が欠けているように見えました。
もちろん、あくまで結果論でしかいえないのですが。

ジョッキーの戦略は納得。
その日の9レース、内枠からスタートした横山は
内でじっと力をため、4コーナーで大きく外に振っていました。
結果2着ではありましたが、内側が悪いという判断は理解できましたし、
事実、ペースの影響があるにせよ
皐月賞も外差しが1~3着までを占めてましたからね。

ただ、リーチの外に出した後は全く別のウマでした。
何があったか、現時点ではわかりませんね。

腑に落ちたい人たちの邪推だらけの敗因探しに
参加するつもりは残念ながらありません。
ダービーに出したくない陣営ではないでしょう。
答えはダービーのゴールまでにはわかるでしょうから。
短い時間で巻き返せるか、見守りたいと思います。




そして”比類なき末脚”。

先行勢がバテ始めたところと、まくり気味にスピードに乗ったところが
ちょうど重なったため、よりその末脚が際立ちました。
直線に向いた直後は、岩田が目標を探してましたね。

3強の中で唯一経験しているのは「早い上がり勝負での接戦」。
直前のスプリングSでこれを勝ちきったアンライバルドに
自分はアドバンテージを見ていました。

しかしここまで突き抜けるとは♪

硬すぎず緩すぎずの馬体。安定感のあるフォームから繰り出される
瞬間的な加速力は絶品ですね。
かつての音速の末脚を凌駕しているでしょう。

バレークイーンの血に
再び素敵な高揚感をいただきました。





次走、日本ダービー。

3強とはもはや言われないかもしれませんが
2強の巻き返しの可能性、否定はしないつもりです。
NHKマイルの結果もキーになるかもしれません。

まだわからないからおもしろい、と思っています。


…ブエナビスタ参戦とかw


関連記事