2010.08.30


ワンカラット、見事な押し切りでした。
そして1、2、3着が、牝馬、セン馬、牝馬。
男子しっかりーw

北海道も30度超えが続いているようですし
秋の活躍から逆算して、今年の夏をどう過ごすかは
難しいさじ加減になるんでしょうね。
牡馬は腫れたりしますしねw



勝ったワンカラット。
サープラスシンガーががっつり引っ張った結果
レースは2ハロン目から徐々に逓減する前傾ラップ。
これを早目3番手から押し切る内容はなかなか。

ただ、中山を押し切るパワー?
これから春の有力馬も調子を上げるでしょうしね。
いまいまは有力馬の1頭という認識でおります。


ジェイケイセラヴィ。
スタートは決まっていたのですが
その後、直線に向くまで外からウエスタンヴィーナスに
かぶせられぶつけられ。。。

悪意のあるインターフェアではないですが
その外をスムーズにワンカラットが進出していったことを考えると
もったいなかった感がありますね。
枠順の妙もあったでしょう。


ビービーガルダン。
休養明け緒戦、斤量差を考えるとまずまずなのかな、と。
調教の動きからも、これからもう一段階
仕上がってくる感じがしています。
チーフベアハート、急には仕上がらないですよね。





あと、ローレルゲレイロを見ながら気づいた?こと。

スプリンターの仕上がりをどう評価するか。
その基準についてちょっとヒントを得た気がしています。


今回の追い切り、芝コースで36.6-11.4でしたから
タイムだけ見れば十分といえる内容でしょうか。
しかしレースでは出遅れ。追走に苦労しつつ、上がりは勝ちウマとコンマ3秒差。
このパフォーマンスから見えてきたこと。


スプリント戦で求められる特有のスキルは、
スタートからの瞬間的な加速力でしょう。

もちろん、ゴールまでの持久力や勝負根性も求められるでしょうが
スタートからついていけなければ、トップスピードの値が
よほど抜けていない限り勝負にならないでしょうから。
…そう考えると、デュランダルはすごいですねw

今回のゲレイロの追い切りは、徐々にスピードを乗せて
ラスト1ハロンで最速になる内容。
これが栗東坂路で51秒台、中距離をつかうウマなら
十分満足な結果だと思われます。

ただ、スプリンターの場合、追い切り中の加速ポイントから
トップスピードにのるまで時間がかかりすぎるとしたら、
レースで求められる加速力を考慮する限り
内容として十分とはいえないのかな、という考えに至ったわけです。

その理屈からすると、今回のゲレイロは
仕上がり途上を疑うべきだったのかな、と。




あー、函館も札幌も坂路がないことも大きかったかな。
実は負荷も足りなかったかもしれません。

そうそう、栗東坂路でいえば、登坂直後のラップが早い場合
ダートに向く可能性を考えるトレーナーもいるようです。

ダート戦のスタートに必要とされる、スタートからの
パワフルな加速力を見極めるため基準としているそうで。
スプリンターにも同様の見極めが可能な気がしています。

どこかでコメントを読んだんですよ。
誰だったかな、思い出せないですw



もちろん、スプリント適性は加速力だけではないでしょうし
ゲレイロ、もともとスタートダッシュが得意なタイプではないですしね。
59kg、で片付けられる話でもあると思います。

そちらの理由のほうが敗因としては強いかな。


ただ、なんというか、典型的な理由付けで済ましてしまうのは
少し面白みに欠けちゃうなと。
せっかくの気づきですから、見当違いでも分析で楽しみたいな、と。
こんな分析なら、全然、面倒に感じませんので。

…だから周囲から「仕方ないなーこの人はー」という扱いを
受けたりするんでしょうねーw



スプリンターの追い切りで「加速力」が確認できるか。
今後は追い切り映像を見るときの
ポイントにしようかなと思っています。


関連記事
2010.08.23


土曜の朝、アーネストリーの単勝だけ買っていました。
予想の時間、とりたかったなー。
結果として1番人気になってましたね。

レース展開。逃げウマ2頭がとばした際の離れた3番手。
昨年のリトルアマポーラよろしく(うわー)
1コーナーを回った辺りで
ペース判断の難しい番手になったかな、と思いましたが
鞍上、落ち着いたものでした。


先にレース全体のラップを出しておきます。
12.6-10.8-11.2-12.3-12.4-12.6-11.9-11.8-11.7-12.1

スタートからきっちりハナを主張したドリームサンデーに
多少力んだ様子でロジユニヴァースが注文をつけに行きました。
ハナとインを確保するためでしょう、ドリームサンデーはラップを落とさず。
10.8-11.2のところですね。
ん?落とせず?

そして今度は、1コーナーを回ったところで約1秒ラップが落ちますw
ロジ、力んでたんじゃなかったの?というラップですよね。

逃げウマ2頭の勢いを見た他馬の鞍上には、
これを積極的に追走した場合のスタミナ切れのリスクが
強くイメージされたのではないでしょうか。
3番手以下、いったん離れたあたりがその表れではないかと。

2~3ハロン目のラップ差には、差しウマのペース判断に
魔法をかけるときがあるようですねーw



後半のラップを見ると、4ハロンのロングスパート。
中盤、12秒半ばのラップが3回続いたことで
1、2着の先行馬と控えた差しウマが
同じような捲くり勝負をすることになっていました。
そりゃ前にいるウマの押し切り、という結果になりますね。

後ろから4、5着へ押し上げたヒルノとジャミールは
確かな地力を示した、とは言えると思います。

ヒルノについては、参考外と見たほうがいいかもしれません。
フジの中継では解説含め触れていませんでしたが
スタートが相当うまくいっていませんでした。
ほふく前進みたいな姿勢になっていましたので。


ロジユニヴァース。復活の兆し、という結果ではありますが
今日の展開を押し切れなかったことは
ひょっとして致命的なのではないか、とも映りました。

もちろん、今回で底が見えたとは全く思っていません。
今日の仕上げがMAXではないでしょうし、ロジ自身がまだ
MAXに仕上げられたことがないはずで。

次走までの調整が順調でかつ府中なら、
その次走が試金石となるように感じています。


勝ったアーネストリー。
圧倒的な実力差を評価した単勝、ではなく
札幌2000mというロケーションで買いと判断しました。
洋芝をうんぬんするウマではないと思っていましたので
その分決断に迷いは少なかったようです。

府中での勝利がないんですよね。
ミヤビランベリの2着が最高。
これに充実度を加味して、どう評価するか。

ロジとは違う意味で、次に府中を使うときが
試金石になると思っています。
…京都大賞典に向かったりしてw





最後に。
ふるっていたのはアーネストリーの鞍上。
の勝利ジョッキーインタビュー。
というより、インタビュアーの質問の言葉。

「一番成長を感じた部分はどこでしょうかね?」という質問。
いまのアーネストリー、そして佐藤哲三という職人向けには
質量ともにまさに適時打というべき言葉を選んでくれたと思いました。

答えも秀逸。
「えー、気持ち。あそぶところとあそばないところ、
やるときとやらないとき、が、メリハリ、
きいてきたんじゃないかなと思っています」
えー、で一瞬よどんだ後は、インタビュアーの顔をしっかり見据えて
滑らかにコメントしていました。

この言葉を引き出したことで
3番手をうまく立ち回ったアーネストリーには
折り合い面での強みがあること、
鞍上も陣営も以前はそれを課題のひとつと捉えていたこと、
対策を練りその効果が今回の実戦で確かめられたこと、
もろもろが伝わってくるわけです。

レースを見終わった視聴者にひとつ深みをプレゼントする役目。
いい質問だったと思います。おみごと。



ジョッキーへのインタビューについては
がっつり一家言を持っておりますので
(我ながら、めんどくさい語りになりそうですなー)
ちゃんとテーマを絞って改めて書きたいと思ってます。

…夏期休暇のうちに書けばよかった、と、今思いましたw




関連記事
2010.08.19
夏期休暇、真っ最中です。

先月オグリの献花やらで北海道に行ったこともあり、
仕事の都合で休暇を取る日が二転三転したこともあり。
37度越えの東京から出る予定はなく
読み損なっていた優駿なんかをめくっていますw
これはこれで、至福のひとときですねw


そのオグリの話。優駿800号の記念企画「不滅の名馬たち」では
堂々4位に。読者とライターの投票企画ですね。

上位にランキングされたことでの記事もあり、追悼記事もあり。
未来に語り継ぎたいという主旨の企画ですが
オグリが今後どう語り継がれていくのか、それを一端を確かめるには
くしくも最適なタイミングとなりました。



複数のライターさんに共通していたのは
ステロタイプではない、ファンひとりひとりに
それぞれのオグリキャップのイメージがある、という内容。
「わたしのオグリキャップ」という表現が端的でしょうか。

それはハイセイコーやディープインパクトと違い
オグリキャップという社会現象に特有であり、稀有である。
そんなトーンの記事もありました。

…水を差すようでアレなんですが
これには少し違う感覚を持っていまして。

「地方出身」、「怪物」、「根性」、「復活」…。
オグリキャップというキャラクターは
繰り返し語られる中で、すでにステロタイプというべき文脈を
獲得しているという認識でいます。

「わたしのオグリキャップ」が生じているとするならば
当時を目撃したひとりひとりに違う印象が生じていること、そして、
後年語られ続けられているオグリキャップというコンテキストに対する
個々人の距離感(賛否はもちろん、一般的な語り口と
各人の心象とのギャップ)がその理由ではないか、と。
心象形成は個人で違う、というものですね。

ただ、それはなにもオグリに限らず、
少なからず心に残る強い瞬間を刻んだウマすべてに
あてはまると思うんですよね。

社会現象、というスケール感が違うだろうといわれれば、
それは確かにそうなのですが。



リアルタイムを知らないなりにですが、自分が理解する
オグリキャップ・コンテキストの最も独特な特長は、
「ひとりひとりのオグリキャップ」ではなく
競走馬としての語られ方がダイナミックに変化したこと、ではないかと。

ふつうの強いウマであれば、おそらく
4歳(旧表記)の有馬記念までで、ひとつのストーリーといいますか、
競走馬としてのイメージが固まるところ。

中央移籍してからの破竹の連勝、タマモクロスとの3度の勝負。
ファンがその強さを語るには十分なストーリーが紡がれていると思いますが
ここまでで一幕、なんですよね。

そこまでのオグリは、みんなのアイドルではなく
「笠松の怪物」だったようですし。
社会現象化し、よりマスレベルで語られるに連れて
アイドルになっていったんでしょうかね。

このイメージの変貌振りが「オグリキャップ」という競走馬を
もっともよく特徴付けていると感じるわけです。




それを再確認したのが、このあいだ入手したDVDでした。
「魂の激走」。買ってしまいましたよーw

なにがすごいって、ニュージーランドトロフィー(以下、NZT)です。
映像で初めて観たせいもあるでしょうが、いい意味でどうかしていますw

そこには、根性も復活もアイドルも見つかりません。
ただ圧倒的で一方的なパフォーマンスがあるだけ。

そして、底知れない可能性。
どこまで強くなるんだろうというわくわく感。
当時はダービー出走馬との実力の比較、という論調だったようですが
それもまた、可能性に対する語り口でしょう。

4コーナーで先頭をうかがう姿。
直線馬なりで先頭に立つ瞬間。
鞍上河内の拳がうなる様が、かえってその強さを際立たせています。
ついにその拳は「追う」というアクションに至りませんでした。

そうそう。脂ののった、という表現がふさわしいですね、河内さん。
その筋力が、騎乗馬へのあたりの強さとしなやかさを担保している印象。
我慢のフォームがストレートにかっこよかったですw



手綱の動きに違いこそあれ、思い出したのは
グラスワンダーの京成杯3歳S。

ワンダーの場合もそうですが、圧倒的過ぎるせいなのか
観ていて笑いがでるんですよね。なんじゃこれは的なw

底知れない可能性を感じさせる点を含んで
2つのレース、似ているなーと思っています。
そういえばワンダーの異名も「○外の怪物」「平成の怪物」でしたね。



DVD、よくまとまっている印象でした。

オグリブームの只中にあった関係者のコメントも収録されています。
過去の回想ということもあるでしょうが、オグリの評価について
地に足着いている感じがいいですね。
ブームと当事者のギャップが感じられて、興味深いです。
みんな若いしw
アンカツの表情にまだギラッとした感じがあったりねw




なお、DVDはAmazonで購入したのですが、NZTがあまりに強烈だったせいで
思わずAmazonに評価コメントを残してしまいました。
やっちゃいました。

あんまり長々書いてもなー、という謎の気遣いが先にたって
かえって意味の足りないコメントになってる気がしていますが
もう、なんか、そのまま残しておきますw
妙に気恥ずかしくなっているのは正常な反応でしょうかねw

でもすごいです。あのNZTは。
激しく、一見の価値があると思います。
某人気Podcast(というかAMラジオ番組)の
映画評コーナーではありませんが、
おすすめです!!!



関連記事
2010.08.15


スタートから積極的に内側のウマをパスしていくアプリコットフィズ。

そのまま外の3番手を確保して1コーナーを迎えた時点で
あーほぼ決まり、と思ってました。

この感覚は中山記念なんかで感じるそれに近いでしょうか。
力のあるウマが先行して、自分のタイミングで仕掛けることができれば
後続はなす術なし、という感覚。

上がり3ハロン、早めにバテた逃げウマを交わしていますから
ほぼ自分で作ったラップになりますね。11.8-11.2-12.0。
直後に控えていた2着プロヴィナージュは脚色が同じになっていました。

予想はそのプロヴィナージュとショウリュウムーンを中心に。
あながち間違いではないと感じていますが
外枠のアプリコットがあれだけスムースに先行できるとは。
そしてまたもやショウリュウムーンの前が詰まるとは。。。


ようやく乗れたアプリコットの鞍上は、丁寧な騎乗に終始したと映りました。
直線を向いて大仰に手前を変えるアプリコットの動作にも
逆らうことなく、緩めることなく。

復帰後初重賞制覇は、すでにあちこちで祝福ムードになってますね。
第一人者の巻き返し。おめでとうございます。

52kgというアドバンテージを云々する必要はないと思いますよ。
リーディングサイアーの兄と同じく、これからが充実期のようですし。
期待値高いです。




一方で、北九州記念。

あとでラップを見ると、先行勢、見ため以上に早かったんですね。
前半3ハロンが、11.6-10.0-10.5。

最後の1ハロンを12.3で踏ん張れた1、2着馬は、軽ハンデの牝馬。
33.8の上がり最速も、52kgのストリートスタイルでした。

条件が恵まれた、と軽く見るつもりではなく
この展開とハンデ差が、直線の踏ん張りに大きく影響したということでしょう。
掲示板に踏み留まったデグラーディア、巻き返しはあると見ています。


勝ったメリッサ。
前走惨敗のアイビスでラストを流す姿。
直千の不得手という福永の見立てと、相変わらずの好調教を
巻き返しのサインとして見落とさなかった点は自賛してよいのかな。

スカイノダンより人気がなかったんですね。そちらを評価しきれず。
きれいに2着抜けでございましたw


関連記事
2010.08.15


【凱旋門賞、はまだまだ先ですが】

キングジョージの勝者、ハービンジャーが骨折引退とのこと。
レースの話を書いておきたいと思っているうちに引退とは。
ブログくらいさくっと書いておけ、なんですけどねー。
ともあれ、残念な限りです。

英ダービー馬ワークフォースが惨敗したこともあるでしょう、
いまいまはフェイムアンドグローリーが1番人気という評価のようです。
まだまだ、わかりませんね。
日本馬2頭もまだ、オッズ対象になっていないようですし。

ナカヤマフェスタはシャンティイ到着、
ヴィクトワールピサは検疫厩舎へ。

一連の報道から受ける印象にすぎませんが
今回は地に足のついた遠征のように映っています。



【ワールドサラブレッドランキング】

気になっていたのは、7/30にJRAから発表されている
ワールドサラブレッドランキング。
トップと評価されたハービンジャーの135、について。

あくまで主観と断っておきますが
数字高すぎじゃないか、という話を少々。


ランキングの数値は、レースの格付け、相手関係、走破タイム、
基準馬の設定とそのウマとの着差などを主要因として
相対的に決まっているという認識です。

あ、念のため。ルールの詳細については、公式HPなど参照してください。
自分も微細なところまでは調べていませんので。

そして、公にはもちろんアレですが、欧州馬の評価が高くなりやすい、
着差が大きいと数値が上がりやすい、などのバイアスがあるとも。
公然の秘密?

一応、その公然の秘密も踏まえた印象ですがw
英ダービーで2着に7馬身差をつけたワークフォースに
キングジョージで16馬身以上の差をつけたハービンジャー。
着差が豪快な分、数値が過剰に上がっちゃったのかな、と。


ハービンジャーのそれまでの評価。
キングジョージの直前、G2のハードヴィックS勝利時の数値は121。
都合、1レースだけで14ポイントも評価が上がったことに。

だって、ねぇ。カテゴリーは違いますが
昨年のシーザスターズのアイリッシュチャンピオンS、こちらも135。
アレと同等のパフォーマンスだったかと言われると。。。

確かに強かったんですよ、ハービンジャー。
ただレース映像を見る限り、鞍上の妙も込みで
1頭だけ嵌ったように見えたんですよね。

次走が試金石、と思っていた矢先の引退なので
先ほど書いたように残念、に思っているところです。



数値を決めるハンディキャッパーの主観が入らないわけがないですし、
(入ったほうが自然とも思います)
年数を重ねるごとに過去との整合は困難になるはずで。
一般的な評価、印象との多少のギャップは
むしろ「あって自然」だと思っています。

ただ、ねぇ。
ドバイワールドC覇者グロリアデカンペオンが120。
日本馬トップはドリームジャーニーで、同じく120。
アメリカで連勝記録継続中のゼニヤッタが125。

…そりゃ欧州偏重って言われますよ。
日本馬が凱旋門賞を勝てば、少しは流れも変わるでしょうかね。



関連記事
2010.08.08


土曜の新潟。午後の連対が多かったこともそうですが
北村のペース読みが冴えているような印象がありました。

そして、差しウマだらけの有力馬と
1番人気が重賞未勝利のスピリタス。

条件的には、前に行くウマ、そして見立てのいいジョッキーを
狙っておくべき、か。ですよねー。

…後からは言えますよねーw

パドックの調子と展開の妙を期待して
ムラマサノヨートーから入りました。
いやいや、内に潜り込んでいい脚使っていましたよ。

でも、そうですね、このウマも自分からは
ペース作れませんでしたから。



スローで展開した前半の分、後半の上がり勝負に。
逃げウマが10.6-10.3のラップを叩きだせちゃいました。

猛追したセイクリッドバレーの上がりが32.1。
最速は、おぉ、32.0のテイエムアタック。
いくら新潟の馬場が早いといってもねぇ。



勝ったレッツゴーキリシマ。
昨秋の連勝は気になっていたんですけどねー。
朝日杯のイメージが残っていて。ずいぶん前になるのか。

うわー、いま成績を見返したのですが
北村は過去に一度だけ騎乗していますね。
京王杯AHで2着。それ以来かー。
割といいイメージのまま乗れたかもしれません。

今日のペースのつくり方、お見事でした。




しかし、秋への飛躍につながるかというと、むーん。
どうでしょうね。

最後の1ハロン、12.3がね。

これを差すウマがいるか、逆にキリシマが3馬身くらい突き抜けていたら
期待の仕方も違ったかなと思います。

むしろ差し脚がスポイルされたウマの巻き返し、と考えたほうが
イメージが湧きますね。





ちなみに、函館2歳Sも。
結局買いませんでした。
いらない躊躇をしてしまいました。もったいないなー。


マイネショコラーデ、お母さんよりは器用ですね。
ペースが上がらなかった分、早めの仕掛けから
押し切りを図ったところをきれいに差されていました。

決してベストな展開ではなかったと思います。最内枠でしたし。
でも控える形でもレースできそうですし、距離ももう少しならもちそう。

レース前より今後が楽しみになってきました。


関連記事
2010.08.08


ダノンエリモトップがすんなり先手を取っておしまいかな、と思い
枠連流しで網を張りました。
ちょっとプラス、という感じですね。

仕事の片手間にちょいちょいと買っていたので
武豊の復帰後初勝利とは気づきませんでした。

いったんラップを落とした後の
ちょっとだけきつめのイーブンラップ。
母父ダンシングブレーヴの得意な形と見ました。
逃がしたことでストレスなく力を発揮できたようですね。

武豊のフォームについて云々するのはちょっと野暮でしょうか。
復帰した以上、厳しい目で見るべきというスタンスもあるでしょう。
追った際の、以前の力強さをどれくらい期待してよいものか、
しばらく様子見かなーと思っています。




さて、夏ケイバ。
正直、苦手意識を持っております。
先の枠連はたまたま、という感覚ですし。
予想の当たり外れについて、例年、春先が好調でも夏で勢いが止まるんですよね。

なんでだろう、と思っていたら
少し前のコラム(元の記事を失念してしまっております。。。)に
ヒントらしき内容が。

条件別の回収率をみると、未勝利、500万下と
下級条件では人気サイドでの決着が多く、反対に
準オープン、オープン、重賞で荒れるレースが多いという
集計結果になるそうです。
ほー。



予想のスタンス以前に、夏ケイバでは
馬券検討に費やす時間も集中力も下がっているんですよね、ほぼ毎年。
モチベーションの高さに違いはないんですけどね。
秋に向けての小休止といいますか。

過去のレースの印象からピンとくるウマが出走した場合に、
そのウマの取捨からはいって少し買う、というのが定番の流れ。

過去のデータがそこそこ揃って、その特徴が見えているウマというのは
だいたい準オープンくらいまで上がってきていますよねw
で、そのウマが人気していたりして、吟味し切れず買ってしまって、
負けて高配当&自分は外れを繰り返す、という。。。

なるほどー、と勝手に納得しましたw



確かに、先に書いたダノンエリモトップも
1番人気。そして500万下のレースですもんね。

ちょっと気をつけて臨もうかな。

と思いつつ、お母さんでいい思いをしているので
マイネショコラーデを買ってしまう予感が
「激しく」しておりますw



新潟のほうは、早い上がりが使えるスピリタスや
セイクリッドバレーをイメージしてます、が
直前まで引っ張りそう。
スピリタス1番人気はどうかな?と軽く思いつつ、ですね。


関連記事
2010.08.01


ポップロック、アイルランドで初勝利!

ゴルウェイ競馬場で行われた「Guinness Race(14f=2800m)」に出走。
2番手追走からの勝利でした。

いやー映像を探しまくりましたw
ありましたよーw

YouTubeで「POP ROCK ,Guinness cup」っと検索してみてください。
テレビ画面を撮影した動画を見つけました。
UPしたアナタ、ちょーえらいっすw

向こうのサイト「At the Races」でも映像が観られるようです。
おー、リアルタイムで動画配信のようですね。
こちらは会員登録が必要そうなので、後ほど観てみようと思います。

その「At the Races」にレース結果が載っていました。
なにやら、誇らしいですなーw



ポップロックの近況については、アイルランドでの管理を続けている
児玉調教師のレポートが現在もサラブレモバイルで連載されていて、
そちらで追っかけていました。

調教のアドバイスや、出走すべきレースの選択など
マイケル・キネーンのバックアップがあったようですね。
ミック、すてきですw



出走した、そのゴルウェイ競馬場。
先のレポートで読む限りですが、地元では注目を集める開催だそうで、
現地での評価(特に種牡馬として)を上げる思惑から
エントリーすることになったそうです。

映像を見る限り、いわゆる向こう正面の起伏はなかなか厳しい印象。
芝のコンディションは秋の府中、開催後半の少し使い込んだ感じに見えました。
なにぶん映像の質&主観ですので、その点はご容赦を。


スローからの上がり勝負。
JC2着時の凄みを求めるのは欲張りとしても、
2馬身半突き抜けて見せたパフォーマンスは
なかなかインパクトがあったんではないでしょうか。ねぇ。
どうですか、アイルランドの皆さんw




順調なら、愛セントレジャーに向かいたいとの意向。

今後、こういった移籍による活躍の路が定着するなら
日本のファンの視野も広がらないといけないですねー。

まずは海外のレースの馬券が買えるようにならないといけないかな。
法改正の発議から?マジですかw



関連記事