2010.09.27


第一人者の貫禄、とまとめてしまえばわかりやすいでしょうか。
ローズキングダム、わずかな差ですがほぼ完勝と思います。

戦前の、馬体は大きく変わっていないという評価からは
想像のつかないプラス22kg。
それであのパフォーマンスですから驚きました。
単に戻ったという馬体ではないのでしょう。

直線入口。前の2頭の間を割るまでに若干時間を要しましたが
危ないところといえばそのくらいでしょうか。

予想の時点では、道中のペースと折り合いを重視する
トライアル的な乗り方をしてくるだろうと読んでいました。
それが本番を見据えてあの鞍上を配する理由だったでしょうし。

その結果、妥当な惜敗、という形に落ち着く予感がしていたのですが
内容も結果も伴いましたねー。
本番への展望もこれで開けてきたのではないでしょうか。

改めて、菊の鍵はヤマニンエルブのペースメイクと思いましたw



エイシンフラッシュ。

2強の明暗を分けたのは、おそらく道中の折り合いでしょう。
久々のダービー馬には、かかるというより力む姿が繰り返し見られました。
その都度つっぱる鞍上の足。
しっかり仕上げができていた分、あれを抑えこむのは至難の業ですね。
相当なスタミナロスだったと思われます。

ひと叩きして精神的にガス抜きできる、とも考えられますが
折り合い面での懸念は鞍上の脳裏に強く残ってしまったかもしれません。
その影響は3000mの位置取りに現れると思っています。

大外枠を引いたら?悩ましいですねー。



ビッグウィーク。

無難な展開に終始した印象です。

1000m通過近辺。サンディエゴシチーとネオヴァンドームが
こらえきれずに前にでる中、冷静に控えるあたりは
次走に向けてのプラス材料と思います。

問題は、スローの展開をそのままいじらず
瞬発力勝負にお付き合いした格好になっていたこと。
これが今回の勝利より本番に向けた布石という「戦略」であるなら
納得するところではあるのですが、さて。

…ヤマニンエルブではなく、こちらが主導権を握ることも
考慮する必要があるかもしれません。



最後に。あくまで個人的な見立てですが
残念に感じたのはネオヴァンドーム、の鞍上。

サンディエゴシチーが突っかけてきた結果、
いきたがったウマの気配に逆らわずにハナに立ったこと。
これは必要だったでしょうか。

ウマの仕上げや特徴に踏み込む話でもあるので
確定的な語り方はできないのですが、
先々のことを考えるなら多少見苦しくなっても
番手で押さえ込む必要があったように思います。

鞍上の癖ですかね。以前にも似たことがあったような。
ダラッと脚を使うウマになってしまう恐れがある気がしています。




さて、これでトライアル2戦の上位馬とトウカイメロディ、が中心ですね。

ヴィクトワールとペルーサが回避した菊戦線、
これまで、少し期待値が低かった自分に気がついています。

面白くなってきました。


関連記事
2010.09.26


神戸新聞杯ですね。
追い切り映像を観るまでは、2強にしようか上がり馬にしようか
あれこれ戦歴を眺めていましたが
RACING VIEWERの映像を観てしまうと、ね。

ダービー馬、順調のひと言ではないでしょうか。



相手なりに走るというダービー馬。
その特徴は、極端に離れた相手を
追いかけなければならない展開でもろさを見せるときがあります。
案外、先週のセントライト記念に出ていたら
結構な確率で取りこぼしていたかもしれません。

そこで、ビッグウィーク。
ヤマニンエルブとは違うタイプですけどねw

ハイラップのまま乗り切るには直線は長いですので
阪神2400mは中盤でラップが緩むケースが多いのでしょう。
小倉のような押し切り方を端的に望めないあたりが
展開の読みを少し難しくしています。

バゴ産駒というとオウケンサクラがぱっと浮かびますが
平均的に脚を使ったほうがよいイメージがあります。
スローのフラワーCより桜花賞のパフォーマンス、という感じ。

さて、鞍上はどのくらいスタミナを問うような展開に持ち込むのか。
ひとつの見所と思います。



ローズキングダム。
新たな鞍上を指名した理由が「第一人者」というあたりに
トレーナーの菊へ向けた戦略と不安が見え隠れする印象。

おそらく3000mは長いというジャッジなのでしょう。
明らかに、という形容には及ばないとは思いますが
ウマの特性以外に長距離を乗り切る材料が欲しかったのではないかなと。
そりゃ、菊花賞は4つ獲っていますからね。
頼もしい鞍上を迎えることになりました。



注目度が弱いという意味で、穴。
サンディエゴシチーと思い始めています。
追い切り映像を観た限り、春先に比べて弾む感じが出てきたような。
特殊なダービーではありましたが、上がり33.0に復調の兆し。
札幌2歳Sを勝ったのはちょうど1年前ですしね。
はい、好材料を並べてみましたw



最後に、番手につけた場合、久々であるがゆえに
ネオヴァンドームが展開の鍵を握る予感もしています。
その場合、いまいまの鞍上の実力、
まさに試金石といえる一戦になるかもしれません。


関連記事
2010.09.20


ヤマニンエルブ。
前走、阿賀野川特別は先手を取りきった鮮やかさが目立っていましたが
今回の追い切りの映像が、これがなかなか。
ブンブンうなってましたねー。

改めて、特徴的な走り方ですよね。
肩の稼動域が大きく、人間で言うと肩甲骨から腕を振り回すような、
言ってみればバタフライ走法w

中山2200mというロケーションと大逃げの戦術から
人気が上がっていった感じですね。
人気薄の大逃げなら嵌ることもありますが、今回は4番人気。
どれくらいマークされるかがレース展開のポイントと思っていました。



人気馬を見渡すと、ゲシュタルト、アロマカフェ、クォークスターあたり。
重賞を勝っている2頭についてはともに、その勝利時のレース展開が
ぴったりはまった感があり、かつ後続をギリギリ凌ぎ切る内容から
今回同様に嵌る可能性は低いだろうと考えました。

そして、どれも強力な先行馬ではないことから
最終的には逃げ残りを期待して
ヤマニンからの馬連流し、という結論にいたしました。


そして、まー、期待以上の大逃げ。
レースはシンプルに観る事が出来ましたねw

ギリギリまでバタフライ走法の勢いは衰えず。
さすがに中山の坂は堪えました。でも惜しかった。

トキオアクセルというウマを思い出しました。
さすがにマニアックかなw
記憶の限りですが、ちょうどこんな大跳びの逃げウマだったはずです。

相手にクォークスターを入れてましたので、この秋競馬、
重賞初当たりでございました。ふぅ。




その勝ったクォークスター。

戦略的にあの位置にいたのであれば
手放しで鞍上を褒めるべきだと思うのですが、
どうやら4、5番手に行くつもりだったようで。
ウマが反応しなかったため後方から、といういきさつだったようです。

慌てず騒がず、きっちり仕掛けたあたりはさすがでしょう。
クビ差届きましたが、今回の着順着差については勝負の綾と思います。

結果が出たことは大きいでしょうね。特に鞍上。
春はレーヴドリアンで届かないレースが続きましたから。
皮肉ではなく、プラスの経験と実績になってほしいです。




しかし、淀の3000mにつながるかというと、むむー。
強いて言えばヤマニンでしょうか。

んー、でもなー、今回の道中の運び方を見る限り、
ペースダウンがあまり上手なタイプには見えなかったんですよね。
気持ちが若干、前に前に向かっているといいますか。

新潟で13秒台のラップを刻んだことはありますが、
3コーナー辺りまで徐々にペースを落としてようやくうまれたラップ。
このあと気持ちの抑え方に進境が見られるでしょうか。

血統的には母父ティンバーが気になる程度で
母系にはサドラーズウェルズ、ブラッシンググルームなど
欧州クラシックを乗り切る血が注入されています。

セイウンスカイを望むのはちょっと酷かもしれませんが
マイネルデスポットのような立場で臨めれば、あるいは。
期待できるかもしれません。





一方でローズS。

勝ったアニメイトバイオは見事な抜け出し。
狭いところをグイッと割ってきた気持ちの強さも確かめられました。

ただ、先ほどのゲシュタルト、アロマカフェのの件とも重なりますが
今回はレース展開にはまった印象があります。
後続をギリギリ凌ぎ切る、という点も共通。

もちろん力のないウマでは勝ち切れないわけですが、
次走も枠順等のプラス材料が揃う必要があるように思っています。


わずかだけ届かなかったワイルドラズベリー。
仕上がり途上で道中きついプレッシャーを受けたアパパネ。
上位馬に大きな差はないように感じています。

アグネスワルツの失速っぷりだけ、ちょっと腑に落ちていませんが
ゴールから2ハロン手前の11.0、がきつ過ぎたのかな。
秋華賞向きと思っていただけに、どう評価しておくべきか。むむ。

そしてトライアルにありがちなスローの直線勝負。
ニエユ賞と見間違い、はしませんけどw
このペースでは本番に直結はしませんね。

ズブズブの不良馬場でもない限り、
秋華賞は直前まで悩みそうな予感です。



関連記事
2010.09.19

【凱旋門賞前哨戦】

どちらもひと叩き、という印象でした。
が、その内容から本番を展望するのは。。。

ヴィクトワールの失速を
ロンシャンの馬場の重さに求める記事もありましたが
JBIS-Searchの現地ブログでは割と短く整った芝状態の写真もあり。

あー芝の長さに依らず、実際は力の要る馬場だったかもしれませんね。

ナカヤマフェスタもそうですが
ひと叩きした上積みを見込めるタイプと思いますので
その後の調整が順調に推移するように。
期待して本番を待ちます。

※追記
あとで調べたら、当日朝からけっこう雨が降ったようですね。
ちょっと納得しました。
上積み次第で期待値はあがりそうです。
ヴィクトワールはソフトすぎる馬場はいやな感じですね。


【分析不足】

前回の京成杯の書き込み。
ちょっと分析が甘かったです。

道中はゆるまずと書いたのですが、楽をしていましたね。
スタートから2ハロン目。ラップが上がっていませんでした。
先行争いのためのスタートダッシュが不要だったわけです。

ここで楽をしたまま単騎逃げに持ち込めたのが
今回の勝因と考えてよさそうです。

これくらいの内容を見落としているというのは
ちょっとショックでした。。。
ぼーっとしてたのかなー。
確かに仕事は激しく忙しいですが。。。

通勤途中でGallopを読んで
改めて確認したラップタイムに驚く感じ。

精進しますw
なにをw



【ポップロック引退】

レース中の屈腱炎だそうです。。。

アイルランドセントレジャーへの挑戦半ば、というタイミングは
戦歴に大きな傷をつけることはなかったと思うのですが、
種馬としての価値は、いまいま現地でどうなっているでしょうね。

少し俯瞰して、日本からこうした形で血統が輸出されるのは
喜ばしいこととも思います。


障害用種牡馬としてもオファーがあるようです。
そうか、近い将来、ポップロック産駒が
グランドナショナルに出走、という可能性もあるのかなー。

ナイスチャレンジ、お疲れ様でした。



関連記事
2010.09.13


うーん、どのくらいで評価したらよいんでしょう。
軽視はできないにせよ、ダッシャーゴーゴーの強さが際立った、
という印象ではなく。

レースの上がりは、11.5-10.8-11.8。
10.8の最加速は、逃げウマにも、外を回した差しウマにも厳しいはず。
ダッシャーはその流れにきれいにのれたように見えました。

4コーナー、くしくも安田厩舎のメンコが隣同士に。
その1頭分の内外が明暗を分けたようにも見えました。
レディルージュに不利がなければ勝負になったか、ではなく
ダッシャーより外のコース取りでは勝負にならなかった、という見立てです。

一方で外に振り回さなかったストリートスタイルの上がりは
勝ちウマと0.1差。後方からでも厳しいわけですね。
ただ、残り100mで浜中のフォームが変わっていた点はなんだったでしょう。
なにか新しい体重ののせ方を試しているようにも見えました。
…リズムが合わなかっただけとかw

光ったのはメリッサの堅実さと、グリーンバーディーのパワフルな末脚。
特にグリーンバーディー。直線窮屈になりかけるところを
こじ開けるように抜け出してきました。
前日の1番人気も、レーティングも伊達ではなかったですねー。
香港スプリンターの育成には、何か秘訣があるんでしょうか。


ダッシャーの鞍上。
所属していた厩舎での重賞取りは初めてではないでしょうか。

実際はよくわかりませんが、師匠からの騎乗依頼からすると、
師弟関係、つかず離れずという距離感なのかなー、などと邪推。
トランセンドあたりだと新馬しか乗っていない、みたいな。

あー揶揄ではないですよ。
ビジネスライクなちょうど良さ、という印象でおります。
師弟コンビでそのままG1に臨むなら、そのあたりの距離感も
少しは語られることになるでしょうね。

3歳馬のスプリンターズS制覇は、過去10年だとアストンマーチャンのみ。
それ以前だとマイネルラヴまで遡るかな。
嵌った感がある分、そこまで期待感は膨らんできてはいないのですが
取捨の難しい有力馬が1頭増えたという印象です。




ちなみに京成杯AH。
1、2着馬しか勝負に参加できませんでしたね。

中盤はゆるまず。そして速く軽めの馬場での逃げ切り。
フライングアップルは流れに対して最も適切に手をうてたでしょうか。
それでも最後は差を詰められませんでした。

ファイアーフロートは血統、脚質を加味すると
オースミダイドウなイメージでよいかな、と思っています。
いじわるな発想ですが、次はカモかもw

ちなみにスペシャル産駒の馬体のつくりは、
シーザリオのように欧州の重厚な血統がはいったほうが好みですねー。


キョウエイストームの鞍上。
前日の紫苑Sでは、内枠で我慢したら直線で閉じ込められるという
典型的なスポイルで3着。
その分を割り引いた結果、ひとつも買いませんでした。。。

相性わるっ、という言葉が一瞬よぎったのですが
それを言い出すと、たいがい悪いスパイラルに嵌るので
忘れることにしますw


関連記事
2010.09.12

キャプテントゥーレ。
美しい逃げ切りでした。

開幕週の馬場を味方にしやすい展開でしたが
ドリームフライトが少し早めに追いかけ始めたことで
後半のラップはそれなりにしまった格好に。

それでもレースの体裁が壊れないあたり
このレースに関しては
キャプテントゥーレの格の違いでしょう。

朝日CCの連覇はケイサンタ以来、39年ぶりとのこと。
ケイサンタ?JBIS-Searchで調べると、オークス2着馬でした。
うわー、そのオークスでは池江先生が乗ってるよw


一方、アドマイヤメジャーへの印象はキャプテンのそれとは逆。
後方に控える戦略が能力に対する期待値だとしたら
最後の伸び脚は少々物足りなく映りました。

4コーナーのまくり方を見る限りですが
イーブンラップの少しきつめのレースで
どんなパフォーマンスとなるか、
そのあたりに適性が見出せそうな気がしています。
…先行馬の揃ったアルゼンチン共和国杯とか?

あとは、日経新春杯以来のベストメンバー。
直線でもたれるあたりは久々感満載でした。
次走はどこでしょうかねー。
京都大賞典なら面白そうです。




日付変わって今日のセントウルS。

キンシャサは疝痛で取り消し。とはいえ
遠征してきたグリーンバーディーが1番人気ですかー。
確かに、既成勢力への信頼感がいまいちではありますね。

しかーし!
いましがたRACING VIEWERで追い切りを確認しましたが
レディルージュがやばい!
7割くらいの加減のように見えましたが、推進しまくり。
尋常でないフットワークでした。

人気がそこそこなだけに、いい狙い目かなー。

調教だけでいうと、他には
スカイノダン、ストリートスタイル、ダッシャーゴーゴー。

もちろん展開を加味しないといけません。
ただ、なんとなく単なる前残りではない気がしています。
ケイティラヴとかメリッサとかヘッドライナーとか、揃っていますからね。
まだ決めませんよーw




京成杯AHは、実はまだ全然考えていません。
が、セイクリットバレーを1番人気?

netkeibaのモバイル版で半笑いさんのコラムを読んでいますが
(すいません、はげしくごぶさたしております)
関屋記念を外差しして着順をあげたウマは、この京成杯では
人気していても危険、という内容。

ただし関屋記念の中盤ラップが締まった場合は
京成杯でも上位入線する傾向もあるようで。
この中盤ラップ分析、賛同でございます。

今年のポイントは、強力な先行馬が見当たらないこと。

開幕週の馬場の速さと4コーナーのきつさを合わせると
先行勢は中盤をゆるめたいでしょうが
ファイアーフロートやファストロックあたりは
ためても速い上がりを求めづらく。

先行勢の勝負への色気がどう出るのか。
けん制しあってスタミナを温存する中盤ゆるいラップになるのか、
前半からじわじわと後続のスタミナを奪って
上がりのかかるようなきついラップにもって行くのか。

中盤ラップ分析は、このあたりの読みを下支えしてくれそうです。


ぱっと思い当たったのは、積極的な先行策を狙った場合の
ダイシンプラン、ないしフライングアップル。
どちらの鞍上もそのあたりの戦略転換ができそうなタイプですし。

…もう少し考えるかなw




おー、あとは凱旋門賞の前哨戦!
結果次第で盛り上がり方も変わるでしょうね。

注目される中で本番を迎えたいという
ヴィクトワールの鞍上のコメント、頼もしい限りです。

「ケイバ」は付加価値のかたまりですから。
それはイコール、期待をもって見られているということで
期待されなくなったものは、きっと続いていかないはずですから。

わくわく感が大事、と
あえて言葉にするようになった理由の一端ですね。



関連記事
2010.09.05

クリーンエコロジーが1番人気になった理由について
考えていました。

リーディングのキングカメハメハ産駒。
最終週の割りに前が残る馬場。
そして同じ新潟外回りでの、新馬戦の鮮やかさ。
終始先頭で上がり33.3。


ただなー、新潟1600mは関屋記念あたりを例外にして
たいがい前半スローの上がり勝負なんですよねー。

その場合、同じ力量なら目標物を追っかけるほうが有利。
鮮やかな新馬戦も、13秒台後半のラップが存在する
道中スローな展開を能力差で押し切った印象。

早い上がりを使えるのはわかっていても、
上のクラスで求められるスタミナや、
目標にされてなお押し切れる精神力が担保されているかは
未知数だったわけで。

今日のレース。外々を4コーナーで先頭を伺う時点で
残念ながら、ないな、と思って観ていました。
あの展開を受けて押し切ったら、G1級でしょうね。




勝ったマイネイサベル。
ラスト1ハロンで減速しなかったあたりが
トニービンの血でしょうか。
鞍上の仕掛け方。流れに乗せてはいはいはいはい、という感じで
なんか、見事な印象でしたw

長い直線をロングスパートで勝ち切れたのは
暮れの仁川に向けてよい印象です。



レッドセインツ。
馬群の捌くためかな、わずかだけ早い仕掛けに見えました。
内を選択して捌き切った鞍上のジャッジもよかったのですが、
最後の粘り込みは、ディープの軽さとトニービンの差がでたかなー、と思ってみたり。

ひょっとしたら中山の内枠からスムーズに先行させるような
レースは合うかもしれませんね。

なお、7月からディープ産駒がクローズアップされていますが
その成長力や特徴、まだ全然判断するつもりがなくw
やわらかいなー、くらいの印象ですw

ウマを仕入れる立場でもないですし、
実戦を重ねてこそファン側の評価も定められますし。
本領発揮するとしたら夏を越してこれから、と思っています。



あとはマイネルラクリマ。
先行して最も惜しかったウマですが、
前がまだ残る馬場を味方にしたことと、血統やレース振りからすると、
今後も似た惜敗をしそうな。。。

鞍上は早くに鞍下の特徴とトラックバイアスを捉えていたように思います。
韓国で重賞勝ちを収めたばかりですし、
ひそかに充実期、でしょうか。




さぁ、秋ケイバ。
気候的にはまだまだ夏ケイバですがw
ねー、真夏日、続きすぎです。

この夏をどう越したかが、しばらく
取捨の大きなポイントになりそうです。


関連記事
2010.09.05

【ハービンジャー、社台SSへ】

買っちゃいましたねー。

おそらくは引退前、キングジョージのゴール直後から
オファーを始めていたのではないかしら。
なにか、鳴り物入りで導入される欧州チャンピオンという響きだけで
なんとなくな匂いがしてしまいますが。
アラムシャーとか。いたなー。

超漠然としたイメージですが、デインヒル血統というよりは
父ダンジリが好意的に評価されるかが
鍵のような気がしています。

同じダンジリ産駒の凱旋門賞馬レイルリンクにしても、
2400mのスタミナ差しでしたからね。


ポスト・サンデー。
父系も母系も広がりすぎていますから
中和剤のような種馬が必要なのはわかりますが
ノーザンダンサーのラインブリード的血統構成の
ハービンジャーにその役割を期待するのは微妙な気が。。。

買う側の負担を考えると軽口を叩くのはアレなんですが。

…シーザスターズ、は高望みですよねーw



【岩田落馬】

パトロールビデオで確認しました。
結構ひどい落ち方ですね。。。

横のウマの動きが若干不用意にも見えます。
2歳未勝利とはいえ、到達順の通り確定して
その寄せていったウマの乗り役もお咎めなし、というのは
どうなのでしょう。

左足関節外果骨折。調べてみましたが、
足首の外側付近にある細い骨だそうで。

専門家ではないので、勝手な感想ですが
ジョッキーとしては意外と厄介な箇所かもしれません。
鐙を踏んだときのかかとの位置が、みたいな。
大事無いといいのですが。



【フジテレビTWO】

衛星放送を導入してしまいました!
スカパー!e2でございます。

お目当ては2番組。
欧米の人馬をクローズアップした「サラブレッド物語」と
以前からオンデマンドで観ていた「武豊TV!Ⅱ」。
バカまっしぐらですねw

これまでも、導入するか悩んだりしてたんですけどね。
いまならアンテナ購入と設置工事を合わせて
20,000円のところが5,000円になったのでw

録りためて観まくりますーw


関連記事