2015.04.27


レッドアリオンがギリギリで捉えました。

開幕週の馬場らしい結果といえばよいでしょうか。同日の最終レースが同じ1600mでしたが、G2よりも走破タイムが速いという。サンライズメジャーの抑制の効いた逃げは馬場状態も折り込んだ絶妙なそれ、と考えたほうがよいのでしょうね。ベテランがペースに蓋をする図式、そして前で折り合える馬が接戦を制する図式は東西メインに共通した特徴でした。

レースラップです。
12.3-11.0-12.0-12.4-11.7-11.1-10.8-11.3

レッドアリオンは好スタートから下げつつの先行。外枠から被せる形もこうなるとプラス材料ですね。川須が自分のタイミングでスパートできたことは継続騎乗の賜物でしょう。接戦を制するポイントでよいように思っています。

個人的にはNHKマイルで本命にした記憶がありまして。ゲートが空いて2秒で終了した思い出がございます。あの時からするとずいぶんレースっぷりが変わりましたよねー(遠い目

安田記念の優先出走権が得られたわけですが、そのまま有力視できるかというと。。。 府中の馬場状態も大きく左右しますしね。逃げ馬の上がり33.2ですから、けっこう極端な後傾ラップ。レッドアリオンがこのパターンしかこなせないわけではないと思いますが、見極めは慎重にいかないとですね。


フィエロは同じ勝負服に進路を奪われてしまいました。前残りの展開を考えるとラスト200からのスパートでよく詰めてきましたね。力は示した格好ですし安田記念に向けては好印象なのですが、賞金が足りるのかが心配です。


あとはディアデラマドレ。出負けからの最後方待機でした。これがレースの流れを読んだ結果なら鞍上のペース判断に相当な疑問を呈するところですが、これまでのリズムに重きを置いたプレップレースと切り替えたのなら一定の評価はできるのかなと思っています。次走はヴィクトリアマイルでしょうか。府中に変わるのはプラスと思っています。直線の脚色はすごかったのともったいなかったのと。いずれも、お母さんによく似ていますねぇ。



最後に。

開幕週の府中に参上したかったのですが、仕事の流れと父の誕生祝いが重なったことでビシッと見でした。震災直後に持病が悪化しまして、入院、手術とあわただしく進み、大事には至らず退院を迎える頃が2011年の本人の誕生日だったのを思い出しました。病室の小さなテレビで葉桜をうかがいながら、オルフェーヴルの皐月賞、後の6冠馬の走りを見届けたのを覚えています。あ、いまは定期的に病院へ通いながら日常生活には支障なく過ごしております。今年もよう元気でがんばっとるなぁ、という和やかなランチを整えることができました。そうそう、皐月賞はサトノクラウンの実績を無視できずに外したそうですよw


来週は天皇賞。個人的にはキズナもゴールドシップも、いまの京都では厳しい認識をもっております。2頭の一週前追い切り映像はちょっとアラートに近い印象。今週はどの馬の可能性を強く受け取るか、じっくり取り組みたいと思っています。


関連記事
2015.04.22


ドゥラメンテの末脚につきますねー。素晴らしかった。

リアルスティールを飲み込みにかかったミルコを見て取りながら、WINS新横浜でゆっくりと右の拳を突き上げたのは私です。失礼いたしましたありがとうございました。サトノクラウンの出負け以外はほぼ見立て通り、金額は少なめですが予想も完勝でございました。

実はこの週末、半分仕事で仙台に滞在しておりました。取って返した流れが流れて新横浜に迷い込んだ次第です。なかなか予想をまとめる時間は限られていたのですが、かえっていい集中ができたでしょうか。最後はサトノクラウンと迷いましたが、返し馬の映像、芝の蹴り返しを眺めながら、印象的だったセントポーリア賞の脚色を思い出してのドゥラメンテ本命でした。ぶい。

直線、鞍上デムーロがたぎっていましたねー。アンビリーバブルと言わんばかりの首ブンブン。ガッツポーズが早かったことでだいぶ裁決に怒られたようですが、エンターテインメント半分、安全な運営はもう半分。多少はゆるく許容しつつ楽しんで見られるあたりが落としどころかなと思っています。あのパフォーマンスならこちらにも興奮が伝染りますよね。十分堪能いたしました。リアルタイムでも左手で「4」を示していたことはわかりましたよ。


レースラップです。
12.5-10.7-12.0-11.8-12.2-12.2-12.1-11.7-11.4-11.6

8枠からクラリティスカイの逃げ。先ほど映像を見返してみましたが、やっぱり鞍上は狙っていましたね。前で運ぶであろうアクティブミノル、ワンダーアツレッタのスタートダッシュを疑ってかかれるなら。横山ですからね、先手を取ってマイペースというのは十分想定できました。中間のラップを12秒台後半に落とさなかったことも勝負の範疇でしょう。もし緩めたら後ろから交わされてかえって着順を下げていたかもしれません。

ドゥラメンテはスタート直後に少し主張していましたが、じわっと下げての後方追走。このあたりはデムーロの当意即妙でしょう。結果的に前走のような折り合いを欠いたスタミナロスの可能性を消してくれました。3コーナーからのギアを上げながらの追走もさすが。あとは直線で外には出しにくそうだから内を捌けるかなーなどと見守っておりました。

やはりポイントは4コーナーの所作でしょうか。左前方に進路が開けた瞬間の反応はサンデー直仔のような印象でした。急速にトップスピードに達する分、まっすぐ走りながら加速できないそれ。その直前まではストライドを詰めてハミの抑制も効いた状態でしたが、そこから解放された瞬間に大きく斜行したように見えました。サトノクラウンの手前で遠心力を食い止めるところまでは右手前のようにも見えており。ということは左後脚を推進力にしながら左にすっ飛んでいったわけですね。ちょっとびっくりです。

いちおう鞍上は初めての右回りと歓声に驚いたと話していますが、実際はどうだったでしょう。個人的には、パドックで見立てた細さ→体幹の未完成さ→左右の挙動にまだ弱い、という仮説をもっていますが、原因はさまざまに推測できそうです。この回答はダービーでわかるかもしれません。と、議論からは上手に逃げておきましょうかw

ドゥラメンテは音楽用語で「荒々しく」という意味。レース振りから荒々しいイメージも喚起されそうですが、どちらかというと現状は「未成熟」と表現したほうがしっくりきています。気性面も含めてどっしりしてくる頃に凱旋門賞なら可能性は十分でしょうか。あ、でもお母さんの気性があるのか。落ち着くほうがらしくないかもしれませんね。

アドマイヤグルーヴの回顧記事、年末のご挨拶に混ざっていました。そうそう、ルーラーシップが3/4ですものね。ちょうどいい時期にアピールで来た格好でしょう。
more than a DECADE 年末のご挨拶

次走は日本ダービー。皐月賞のようなリズムで進められるなら、そして成長分が加味されるなら。2冠の可能性、楽しみになりました。新緑の府中、晴れてほしいですね。


リアルスティールは先行策から粘りこんでの2着。福永はそつなく誘導したように見えていますが、3コーナーまでの折り合いは実はそこまでうまくいっていなかったかもしれない、と思っています。内枠先行から十分仕掛けどころを探れた共同通信杯から推測して、よどみない流れになったときの信頼感にちょっと欠けた分評価を下げました。

ダービーでは馬場状態がポイントのように思っています。パワーの要らない速い馬場なら福永の先行策が奏効するイメージ。なんとなく同厩の先輩ダービー馬もいっしょにイメージできますが、そうなるとなかなか因果なもの。あくまで観る側の勝手な文脈ですが、鞍上はワールドエースを振り切ることができるでしょうか。


サトノクラウンは出負けが大きかったと思っています。4コーナーの不利、外に大きく膨れたことで「勝つチャンスがなくなった」とはルメールのコメントですが、出負けで馬群の後方外々を回らざるを得なかったことは悪循環に陥ったことを示しているでしょうからね。リプレイを見ながら、馬体のスケール感は異なりますが、ジャングルポケットの負け方を記憶から引っ張り出しておりました。

ダービー、どうでしょうね。ルメールが特徴を押さえたでしょうからしっかり巻き返してくるはずですが、勝ち切れるかというと何とも言えなくなった、というのがいまいまの見立てです。ただ皐月賞も本馬なりにラスト伸びていましたからね。馬場、枠順、ペースを見ながら、評価の上げ下げに悩むことになりそうです。

そうですね、やはり自分のなかではライアン・ムーアが凄過ぎた分、東スポ杯<セントポーリア賞なんでしょうね。そうすると弥生賞の福永はかなり素敵な乗り方だったということになるのかな。トライアル間の評価は毎年悩ましいものです。


あとは、向こう正面から積極的に運んだブライドエンブレム。なおラストまで伸びていましたからね。おそらく最内枠はアドバンテージをあまり生まなかったでしょうし、どちらかというと少しパワーの要る馬場状態のほうがよいでしょうか。次走、府中の2400mで田辺がどう特徴を活かそうとするか。まだイメージを掴みかねていますが、それも楽しみのうちと思っています。



最後に。

一緒に観戦した初競馬な同僚はサトノクラウンの単勝。レクチャーもそこそこに雄々しい決断でしたから、こちらが気後れするくらいでした。どうせなら当たってほしかったですけどね。楽しんでもらえたようなのでよかったです。何よりエスコートした本人が一番わくわくしてしましたからねーダメですねー。いい年こいて困ったものではありますが、わくわく感が伝わったのなら何よりと思うことにいたします。素敵な配慮もいただきましたし。ありがとうございました。


さぁ、来週からは府中開幕。今年はどれだけ現地へ繰り出すことになるでしょうか。やはり生の観戦に勝るものはないですからね。5月の陽射しとモカソフトw 必須でございますねw

関連記事
2015.04.13

岩田がレッツゴードンキを桜花賞馬へと導きました。

もともと確たる逃げ馬がいないなぁと思っていました。フラワーカップ勝ち馬のアルビアーノがいれば少し分かりやすくなったでしょうが、おそらくはその場合も2番手以降がグッと抑えて差し馬の出番はなかったと推測できちゃったりもしますね。スタートしてわずかにアドバンテージを得ていたムーンエクスプレスのハナを叩く形。2~4番手が力量もあり抑えにかかったことで、史上まれなスローペースが担保されることになりました。いやー、レッツゴードンキの能力ももちろんですが、後々、岩田の名前で語られるべきレースでしょうね。

レースラップです。
12.7-11.7-12.7-12.9-12.5-11.3-10.7-11.5

遅いですねー。そして残り600からのペースアップがすごいですねー。岩田の直線の所作も落ち着いたもので、残り200までは大きなアクションを控えたそれ。追う追わないの前に勝負あった格好でした。33.5の計時は結果論。もちろん馬の力は相応に評価すべきですが、その力の見積もりも含めて、序盤に先手を取る鞍上の判断こそが大きなポイントといっていいと思います。他のジョッキーの積極性を問うことを否定はしませんが、決して凡戦ではありませんよ。

良に回復したとはいえ、内も掘れ気味でしたし、外もパンパンとは言いがたいコンディションだったでしょう。スラッとしたディープよりトモの筋肉量に勝るキンカメ、というのも納得感があります。柔らかさを活かす加速ではなく、パワーを活かす加速が必要。個人的にはそれを意識して、ディープ産駒の中ではクルミナルを相手に含めていたのはまぁまぁピントが合っていたかなと思っています。

あ、日曜お昼に買った馬券はルージュバック本命の1~4着が相手でしたので、盛大にタテ目でした。何度この外し方を繰り返すのでしょう。感情も一回りしてなぜか照れを覚えておりますw

オークスに向けては、井崎さんが中継で話していたとおり参考外、ノーカウントという認識でいます。桜花賞前のレッツゴードンキの評価を頭の片隅に引っ掛けておくイメージですね。スローで逃げたとはいえ、きれいに折り合ったわけでも、岩田が仕掛けた分加速したわけでもないですからね。2400を安定して乗り切る自在性、とまでは言い切れないように感じています。が、相手関係次第で結果はでるかもしれませんから、予想のし甲斐はあるでしょうか。


クルミナルとクイーンズリングはほぼ似た進路をイメージしていたでしょう。通ったコースとトモの量が着順を分けたように思っています。ノットフォーマルは番手追走が正解。直線だけで言えばコンテッサトゥーレとルージュバックはあまり変わらないイメージ。序盤のスムーズさ、枠順の差が着差になったように見えています。アンドリエッテはさすがに後ろ過ぎでした。テンダリーヴォイスは前半にリズムを崩したのが響いたでしょうか。

こうした挙げた今回のパフォーマンスの特徴は、次走以降のペースひとつで巻き返しが容易であることを示しているように思っています。府中の馬場状態ひとつ、でもあるでしょう。

ルージュバックについていえば、前半をゆったり運ぶイメージが鞍上にあり過ぎたでしょうか。スタート直後に少し前のポジションを主張していればずいぶん違ったように見えています。ただ、こればかりは何ともいえないですね。戦前には全幅の信頼を置くような調教師のコメントを目にしていましたが、なんとなくダンスインザダークの橋口師を思い出していました。意地悪なフラグですけどね。こちらはスローペースにスポイルされた、という評価でよいでしょう。若干細めの馬体が気になりますが、全然、オークスで巻き返してくるでしょうね。



そうそう、個人的な勝負レースは忘れな草賞でした。ミッキークイーン、しっかり差し切ってくれてよかったです。

正直、週中は桜花賞に間に合って消耗するよりは除外のほうがよいのでは、と思っていました。結果的に除外となり1つ勝ちを積み上げる形になりましたが、このめぐり合わせもまたG1に歩を進めるには重要な要素。どうやら府中の舞台で見ることができそうですね。まずはこれまでも難しかった調整、順調に進むことを願っています。



最後に。

フジの中継の端々で、若葉の混じった桜の画が見られました。個人的にはあのくらい入り混じった色合いのほうが好みです。葉桜、ですね。満開の桜もきれいなんですけどね。花がすっかり落ちて、あの若葉がグッと濃くなっていく頃にはダービーだなぁという感慨を、ここ数年覚えるようになっています。

…そうなんですよ、花鳥風月に心が動くとはねぇ。年齢を重ねた表れかしら。このブログもnetkeibaの長岡さんのコラムを目指して頑張りたいと思いますw

関連記事
2015.04.08


ラキシスのしぶとさが勝りました。

唸るような手応えで3、4コーナーを捲るキズナとそれに飲み込まれんとするラキシス。手綱の挙動からは勝負あったように見えましたけどね。ラキシスの粘りは想像以上でした。待機策、道悪上手。それだけではない自身のスタミナが大きくものをいったレースになりました。ハーツクライの有馬記念然り、サトノノブレスの日経新春杯然り。これを引き出すからクリストフ・ルメールなのですね。

レースラップです。
12.8-11.1-12.7-12.2-12.3-12.4-12.3-12.2-12.1-12.8

ゼロスが作り出したラップは馬場を鑑みるとなかなか厳しいものだったようです。キズナとラキシスは残り1000あたりから徐々にギアを上げたでしょうか。このラップを早めに追いかけていますので、3、4コーナーは11秒台で推移しているでしょう。ラスト200でのキズナの失速は鞍上からすれば折り込み済、ただし問題はその失速の幅だったように思っています。

ねじ伏せてほしい、という願望込みの捲りだったでしょうか。その願望が伝わるからこそ、直線に向いてからの2頭の雁行状態は見栄えがしました。こちらも願望を込めて観戦できるあたりが武豊の見栄えでもあるでしょうか。

後方待機、仕掛けどころ、馬なりの捲り。結果が伴わなかったことで揶揄の対象になりそうですが、個人的には悲観も楽観もなく、現時点での強さと特徴を見せてくれた、という認識に落ち着いています。苦手な馬場状態ではあったのでしょう。また、馬体が膨らんでパワーが増した分、瞬間的に力を吐き出すことが容易になっているでしょうから、相対的にスタミナが切れて失速する幅も大きくなっているのかなと推察しています。パンプアップした筋肉は重りの役割も果たしてしまうという推察ですね。

春の天皇賞をスキップする発想もあるようですが、先に何を見るかで判断してもらえればよいのかなぁと思っています。もちろん、いまのキズナを淀で観たいとは思いますけどね。

むしろ勝ったラキシスに天皇賞参戦案が浮上したようです。こちらも大歓迎。キズナとの再戦含め、楽しみなメンバー構成になりますね。…ヴィクトリアマイルではない認識ですよ。

5着以降はノーカウントなレースでしょうか。良馬場でさくっと巻き返してもおかしくないでしょう。ショウナンパンドラがヴィクトリアマイル直行ですとなかなか難解になりそうですが、スタートの反応からして、極端な内枠でなければ楽しめるようにも思っているところです。


ダービー卿チャレンジトロフィーも少しだけ。

久しぶりにグラスワンダーに再会できた思いです。突き放す感覚はその当時のスペシャルウィークとの宝塚記念ですし、追い込みのパワフルさは京王杯SCのそれですし。強かったですねー。ラップタイムもなかなか見ないタイプのそれでした。ラスト1ハロンでレースラップが加速するとは。

一応載せておきますね。
12.3-11.5-11.8-11.1-11.3-11.6-11.7-10.9

クラリティシチーがばっちりモーリスの進路と仕掛けどころを抑えこんだんですけどね。クラリティシチーをいったんやってからの加速は素晴らしかった。落ち着いて捌いた戸崎も、攻撃的だった皇成も褒められるべきでしょう。

勝ったモーリス。クラシックの頃は非力な印象がありましたが、これで本格化といっていいのでしょう。中山の連勝に府中ではどうか?と疑問を覚えたりもしますが、これは楽しみに変換すべきでしょうね。安田記念かぁ。



最後に。

実は日曜から沖縄に来ております。一応は繁忙期を過ぎましたので多方面にご迷惑をおかけしつつ、しっかり休暇をいただいて花粉の飛んでいないところまでまいりました。上記のレース映像はレーシングビュアーで確認した次第です。あぁ、その分、キズナ敗北の事実を落ち着いて受け止めているのかもしれないですね。

こちらは若干雨がパラつくものの、基本は晴れ。けっこうレンタカーのハンドルを握る時間が長かったため、ひじより下が今日に至るまで蒸す印象ばかりが強く、湿度の高さは帰り際まで変わらないようです。本州はどんどん温度が下がっているようですので、羽田に着いてからは気温のギャップと戦う必要がありそうです。

で、沖縄で競馬開催はありませんが、乗馬はできるんですよね。体験乗馬、すでにそちらにも立ち寄っています。本当に久しぶりでした。敷地内で引き手アリでしたが、面白かったですよ。鞍上はねw

ものの見事に思っていることと実際に出しているサインがバラバラになってしまいまして、鞍下のご機嫌が悪くなることw 最後は興奮と恐縮が交錯する不思議なテンションになっておりました。スタッフの方はもともと神経質なんですよ、と仰ってくれたのですが、そりゃあちょっと立ち寄った初見の観光客ですから声がけもやさしくなりますよね。むしろちゃんと問題点を指摘していただいたほうが気持ちが楽だったなぁ、と思う始末。ふがいなかったなぁ。


脳内が桜花賞に照準を合わせるのは週末になりそうです。まずはミッキークイーンの抽選からですね。情報を取りながら旅行も続けてまいります。なんくるないさーw


関連記事