2016.07.25


投稿が少し開きました。ある意味順調に「書くこと」のギアを落としている状況ですね。

いまいまはポケモンGOの地域格差について書いたほうがよっぽど身がありそうですけどねw 情報収集の粒度はあまり変わらず、あ、でも予想に時間を使わない2週間ではありました。自分の中から自然とでてきているリズムですし、競べ馬への意欲が失われているわけではないので、しばらくはこんなペースになるかなと力まず構えているところです。

さてさて、いくつか書き記しておきたいトピックについてさくっと触れておきます。


函館記念、マイネルミラノの逃げ切りでした。
12.3-11.0-12.0-12.4-12.3-11.6-11.9-11.7-11.9-11.9

スタートのアクションが決然と見えたでしょうか、2番手のオツウとの力の差もあったでしょう、2ハロン目できっちりスピードを上げたことで単騎逃げの形をつくることができましたね。昨年がミスという認識だった丹内のファインプレイだったと思います。

レッドレイヴンには不幸なペースでした。誰も動かないなら、という函館リーディング池添の早めの仕掛け。4コーナーで一番唸っていた姿が印象的でしたが、ペースに対するスポイル、という認識でよいと思っています。札幌で使うでしょうか。調子落ちがなければ簡単には見限れないと心しておきます。


中京記念、ガリバルディの差し切り。というより福永の差し切りでした。
12.3-11.4-11.8-11.7-11.8-11.2-11.5-11.9

向こう正面あたりからずっと、逃げたカオスモス以下、全馬内から5頭分を空けてレースを進めています。そこから考えると、待機策を取ったガリバルディ、ケントオーは事実上、4コーナーまで内ラチをキープしたと同様のコース取りであったのでしょう。半径の大きくなったマイル戦。待機策を取った馬のスタミナが有利に働いた、ともいえそうです。福永はこの土日、無双の9勝でしたが、ケントオー和田も馬場が読めていたようですね。ガリバルディをパスできたのはゴール手前、勝ち馬のひとつ後ろだった分が最後まで堪えた3着でした。

タガノエスプレッソは前走と大きく異なる馬場とポジショニング。スイートスポットが狭いタイプでしょうか。ダノンリバティ武豊は直線入口で膨れるデムーロの動きにお付き合いしてしまった格好。直線に向くひとつ手前で積極的に仕掛けたことが外まで吹っ飛んでいく要因になってしまいました。どちらも条件を変えて巻き返してくる可能性はありそうです。


福永が土日で9勝。

馬場読みの難しい中京、それも最終週での9勝ですから相当嵌っていましたね。日曜の最終、サプルマインドはさすがに後ろ過ぎたようですが、トーセンバジルなんかぴったりでしたしね。強いていうなら土曜の長久手特別、バンドワゴンの折り合いでしょうか。出負け気味のスタートから出していってのハナ。そのあたりから鞍上のコントロールを微妙に欠いているように見えていまして。乗り方云々ではなく気性の問題かなと思っていますが、今後はどうなるでしょう。9勝の内訳も見ておかないとですね。


The King George VI and Queen Elizabeth Stakes は速報で確認。

ハイランドリールの逃げ切り、というよりムーアの逃げ切りといったほうがよいでしょうか。ポストポンドが回避したのはさすがにテンションが下がりましたが、結果を見るとさらに冷静になりますね。アンジュレーションはアスコットのほうがタフでしょうが、途中でハナを譲ってという展開の難しさに重きを置くなら、昨年末の香港ヴァースのほうが評価に値するかもしれません。でもそのペースの出し入れはムーアが担っている部分ですからねー。ポストポンドがいたら、ペースの厳しさも変わっていたでしょう。

トレーナーのレース後のコメント、今期後半の目標はアメリカ、日本、香港と、可能性を模索している様子。ジャパンカップ来てほしいですね。面白い存在になる気がしています。


武豊TV!2、日本ダービー回顧から。

録画をようやく確認しました。川田をゲストにレース回顧するコーナーがとても興味深かったですね。向こう正面からエアスピネルが内を開けながら進んだことについて。呼び込んだ武豊とはいらなかった川田と、はいってきたボウマンとw 「お前じゃないw」的なツッコミもはいっていました。詳細は割愛しちゃいますが、内に入った場合、直線はいって勝負どころの進路がどうなるかがポイント。どこで前が詰まるかは厳密に計算しきれるものではないでしょうが、人馬の特性と枠順の並びから、ある程度起こりうるポジション推移を逆算して駆け引きしている、ということがよくわかる回顧でした。お勧めです。



最後に。

ドゥラメンテが社台スタリオンステーションに到着したようです。種牡馬入りに関する具体的な発表はまだ、のようですが、北海道への輸送が無事に済んでいますから危機的な状況でないのでしょうね。ここ1、2週で時間が取れれば、これまでの戦歴をつらつらっとまとめたいと思っています。大した見立てではないですが、いまいまの評価、心象を後で振り返れるように。

時間の確保が肝要ですが、どうかなー。ポケモン探しちゃうと時間がなくなりますよねーw 実際にやってみましたが、ポケモンを掴まえるとき、ちゃんと立ち止まってからカプセルを投げれば街中での事故は防げるかと。夢中になって下向きっぱなしで事故が起こる感覚はよくわかりましたのでw 皆さまもご注意くださいませ。

関連記事
2016.07.16


キョウエイギアの差し切りでした。

大井の中継は3コーナーの手前で馬群を正面から映すアングルになるのですが、ポジション、手応え、よく見えていましたねー。他馬が苦労する4コーナーを膨らみながら捲り上げる手応えの余裕、戸崎はすでに感じ取っていたのでしょう。

スタートして最初のゴール板あたりまで、出負け気味のスタートから手綱の動きに気持ちが入りすぎたゴールドドリームと、好スタートから速い2ハロン目に抑えるキョウエイギアのコントラスト。1周した後の着差を予見するような対照的な姿でした。

1コーナーの入りで生じる遠心力についても、積極的にポジションを取りに行ったカツゲキキトキトを外に置き、防波堤のように利用してコーナリングした戸崎と、ストライドを収めきれずにそのまま膨らんでしまった川田。ホームとアウェイの差があるにしろ、このコントラストも強烈でしたね。…こうやって書くと、パドックの出来を信頼してキョウエイギアの評価を上げておくべきでしたねいやいや後からではいろいろいえますよねほんとw


公式レースラップです。
12.3-11.5-12.5-12.8-12.7-12.7-12.3-13.0-12.8-13.1

ケイティブレイブの逃げ。大外枠で前走逃げ切りの重賞ウィナーですから、それは予想に易いですよね。おそらく内々で主張する馬がいれば控える可能性も考慮していたでしょう。結果的には、雨上がりとはいえ2ハロン目の強いラップが逃げの判断を促したと思っています。その後のラップと粘り込みを見る限り、単穴として強めにケイティブレイブを押さえていたこと自体は合っていたみたいですね。

ストロングバローズはパドックで軽視としました。速めの馬場に対しては筋肉質過ぎて、歩幅が狭過ぎると感じた次第。かなりシャキシャキ歩いていたのですが、この特徴では少し厳しいかなという見立てでした。能力差で来てもおかしくはない、というイメージの分、相手には加えていましたが、こういう時は思い切りよくいきたいですね。反省点のひとつです。あ、デムーロで先行馬という若干歓迎しにくいイメージも合わさっていました。

バルダッサーレは勝ちには足りないながら善戦するだろうという読み。3頭目に加えるという評価でした。差しに回ったとして、オーバーペースのケイティブレイブでない限りは交わすことは難しいイメージでしたので、概ね合っていたかな。ただ、吉原の勝負の仕方は良かったですね。あれなら単勝買っても後悔はないかなと思います。


勝ったキョウエイギア。青森産と聞いてフサイチコンコルドを訪ねた景色が思い浮かぶくらいにはビョーキなのですけど。珍しさからでしょう、TLでも青森産の文字をたくさん確認しました。タムロチェリー以来、でよいでしょうか。あのパフォーマンスでG1勝利ですから、青森の馬産には朗報ですね。

先日行われた八戸市場は頭数こそ減ったものの売却率61%は過去最高とのこと。もしジャパンダートダービーと前後した日程だったら。ゲンキンな発想かなw


ゴールドドリームとストロングバローズのユニコーンSが鮮やかだった分、2頭とも連から外す気持ちの抵抗感に負けてしまったように思っています。でも重賞実績より1800実績で決してしまうあたりに、春のダートローテーションに改善の余地はないのか、という疑問が浮かんでしまいますね。バルダッサーレの転厩緒戦で東京ダービー、という結果がダートオープン馬の難しさを象徴していると思います。ダート1400ないし1600のG1が3歳春にあってもよいと思っているんですけどね。愚痴かな、愚痴ですねw



最後に。

武豊の交流重賞での連対記録が続いているようです。都合半年、連を外さずに参戦し続けるというのは、いやー凄いですね。所さんみたいになってしまってますがw 一番味があったのは東京スプリントのグレープブランデーでしょうか。

船橋からチャーチルダウンズ、ベルモントからアスコットを経て函館。こうして書くとパワフルですね。そもそも選ばれること自体が凄いわけですので。年齢的に武豊と海外挑戦できる残り僅かなチャンス、という関係者の期待が感じられるように思っています。

なんとなく、順調に騎乗が続けられたなら、ほとんど予兆を見せずに急に引退を発表するんだろうなー、などと余計なイメージも。きっと最後までカッコマンなのでしょうね。今年は小倉中心に夏競馬フル参戦のようですので、楽しみにしたいと思います。

おぉ、G1勝利だらけのDVDも観なければ。連休が充実しそうですねーw

関連記事
2016.07.11


2週まとめて結果を書くのは初めてのような。

週一ペースを厳守するつもりではないのですが、どうも書けていない感覚が日常のあちこちで引っかかりながらの1週間でした。ルーチンが消化されないむず痒さといいますか、時間になると散歩に行きたくなる感覚といいますかw すっかりワンちゃんですかねw

エアコンが壊れてからの30℃超えとか、選挙のことを一応考えてみるとか、準決勝で敗れたけどフェデラー凄いとか、…ん、意外と余裕あったのかなw 土日も仕事のことを考えていたり、馬場状態が読みにくかったり、いろいろ向き合いにくい条件もありましたのでね、無理に時間を捻出しないことを優先して2週まとめての回顧記事にいたしました。実は2週間「見」でしたしね。では、早速。公式レースラップは併記程度でまいります。



ラジオNIKKEI賞はゼーヴィントでした。
12.4-10.6-12.3-11.9-12.4-12.4-11.8-11.5-11.7

内枠から終始内々で立ち回って、4コーナーの一瞬で進路を確保するのは、昨年のアンビシャスの運びとそっくり。今年は戸崎がそつなくミッションをこなしました。あの一瞬まで待てる余裕がリーディングにつながっているでしょうか。外枠も外にまわす差し馬も、馬場がよければ割引と思っていましたので、8枠のブラックスピネル、アーバンキッドはうなずけるところ。昨年でいえばロジチャリス、キャンベルジュニアが直面した難しさでしょう。こうして比較すると、先行策に活路を見いだしに行ったロジチャリスのほうがまだ可能性を見いだしやすかったかな。

2着のダイワドレッサーが面白いと見ていました。思惑通りの先行策で石川のファインプレーだったと思っています。直線だいぶ右鞭から左に寄れていたのは、人馬ともに課題なのかもしれません。次走が紫苑Sとのこと。コースは合っていそうですが、何分メジャーエンブレムが相手になりますので大変です。



CBC賞はレッドファルクス。
12.2-10.7-10.9-10.9-10.8-11.7

3コーナーの排水性を改善したとはブックの小島さんの記事で知りました。エアレーションも実施、天候がいいうちは時計がでやすく内が有利、というイメージで週末に臨んでいましたが、ベルカントとラヴァーズポイントのラップが追い込みを呼び込んだともいえるでしょうか。道中は追っ付けながらの追走でしたので、ペースに対するデムーロの感覚もうまくマッチしていたかもしれません。でも、それにしても鮮やかでしたね。

適性を探りながら条件を微調整するような戦歴。サラブレモバイルのコラムにそのあたりの手探り感が書かれていました。プロキオンと両睨みだったようですが、これは正解でしたね。今後の進路が楽しみです。あ、血統を見て、スティンガーの追い込む姿を思い出しました。2001年の京王杯SCとかがよいですかね。

条件が変われば、ベルカント、サドンストーム、スノードラゴン、エイシンブルズアイあたりは巻き返し十分と見て取っています。サマースプリント、まだまだわかりませんね。



七夕賞はアルバートドック。
12.3-11.0-11.0-11.9-11.7-11.6-11.7-12.2-12.4-12.6

前半を強いラップではいった先行勢を、慌てず騒がず直線でパスする1、2、3着。鞍上はすべて地方競馬のリーディング経験者ですから、確かなペース判断がものをいう結果、ともいえるかもしれません。あ、3着オリオンザジャパンは決め打ちかな。内田の追い込みは凄まじいフォームでしたねぇ。アルバートドック戸崎の4コーナーはペースによく合わせている分の手応えのよさ、見栄えのよさだったと思っています。

メイショウナルトの戦略は悪くなかったと思いますが、結果からすると気分よく行かせ過ぎたのでしょう。12秒を切るラップを続けていますからちょっと厳しかったでしょうか。クリールカイザーもあそこまでお付き合いしたことで、早めに流れ込んで踏ん張る戦略に切り替えたのでしょう。ディフェンディングチャンピオン2騎も今回は難しいレースになってしまいました。



プロキオンSはノボバカラ。
12.2-10.7-11.2-11.3-11.8-12.0-12.9

外枠からよい手応えでジリジリ前を窺って、早め先頭から押し切りました。ユニコーンSの回顧でいいスプリンターになってほしいです、などと書いていましたが、なかなかどうして、1400適性が抜群という戦歴になっておりますw 土曜の馬場悪化から日曜は先行有利な乾き方になっていたでしょうか。突っ込んで逃げたダノングッドが6着ですし、ノボバカラ自身が後傾ラップを粘りこんで残すあたりに馬場の恩恵を感じることができそうです。が、2、3着は差し込んできてますからね。ノボバカラの踏ん張りを評価するほうがよいかもしれません。

キングズガードの走りがどのくらいか、と思っていましたが、戦略と馬場が少し合わなかったでしょうか。いい追い込みでしたけどね。クラリティスカイは砂を被ったせいか、全くいいところがありませんでした。ダートがダメ、とは言い切れないような。条件を変えて、もう一度見てみたいですね。

アドマイヤオーラ産駒ということで少し。ディープスカイもそうですが、アグネスタキオンは代を経るとダート寄りに?などと思ってしまっています。サンプル数的に明確な傾向がでていないかもしれませんが、イメージは頭のどこかに引っ掛けておこうかな。タキオンも筋肉量多かったですからね。



最後に。

職場の皆さまでPOGを始めた件をさらっと。メンバーで1頭ずつ種牡馬を指名し、その産駒を全員が1頭ずつ指名する(重複なし)という変則ルール。そこそこの人数だからこそ成立する、頃合いのルールで先週から開始しました。

自分はルーラーシップを指名し、産駒はダンビュライトを指名。早速勝ってくれてよかったですねー。この土曜の中京はぐちゃぐちゃ馬場でしたし、レースラップ全体に加速がままならない様子が滲んでいますので、先々は未知数かなと思っていますけどね。近親にクリソライト、マリアライトという血統が今回は活きました。

スパイクナードも3着に食い込んでくれましたし、先々を楽しめる選択ができたのかもしれません。とりあえず予想がぶれちゃうので、指名馬だからという理由では馬券は買わないようにしていきますw

関連記事
2016.07.03


マリアライトのロングスパートが決まりました。

あの馬場状態をよく最後までバテずに伸びましたね。キタサンブラックを捉えてドゥラメンテを抑え切ったわけですから、馬の力はもちろん、鞍上蛯名の好判断が伴ってのグランプリ制覇だったと思います。個人的にはディーマジェスティの皐月賞と同じリズムで外してしまった感覚をもっています。鞍上の展開読みに近しいリズムがあったようにおもっていまして。反省が活かせないですねぇ。

公式レースラップです。
12.6-11.0-11.1-12.3-12.1-12.4-12.3-12.2-11.9-12.2-12.7

キタサンブラックを抑えてハナを狙う馬はいませんでしたが、内から順にワンアンドオンリー、カレンミロティック、トーホウジャッカル、サトノノブレスが斜め後ろからけん制する展開。おそらく田辺は確信犯でキタサンマークにいったのでしょうね。

ただし1週目のゴール番を過ぎる手前あたりから各馬の勢いがつき過ぎてしまったきらいがあります。キタサンブラックもペースを落としきれない苦しさを抱えたでしょうが、列挙した直後の先行馬はそれ以上にスタミナを消費してしまった様子。3ハロン目を落としきれなかったあたりに苦しさが窺えます。


キタサンブラックは強かったですねー。プラス2桁の馬体重でしたが、パドック映像を観る限りは太め感は全くなし、むしろ今回に向けて本気でパンプアップしてきたな、という筋肉の張りでした。そしてこのラップでの粘り込み。直線はいって後続を突き離しましたからね。春天とも菊とも違う強さの証明。これまでのベストパフォーマンスだったと思っています。

気が早いといえばそうですが、レース直後は10月の府中の良馬場でどうかなと考えておりました。その後の発表では、秋は3戦、京都大賞典→ジャパンカップ→有馬記念とのこと。香港ヴァース…とか軽く残念がりつつも、納得のローテーションですね。京都大賞典の前後の調整が上手くいって欲しいな、と思っています。

同厩の先輩、トウケイヘイローを一回りスケールアップしたような漠としたイメージをもっていましたが、秋のローテーションからしてタップダンスシチーとも重なる部分が出てきたような。相対的に切れ味勝負しにくい特性を鞍上がどう導くでしょう。秋が楽しみです。


3着はドゥラメンテ。スタートで軽く煽った分後手を踏んでしまいました。ただし、そこからのデムーロの判断は落ち着いていたと思います。切れ味の効きにくい馬場状態で動きにくい馬群の中。直線に向いて外に進路を決めるまで、きっと相当に焦れる時間だったでしょうね。入りのペースが速かったことでよりドゥラメンテの差し脚が際立つ格好になりました。

すごい脚色でしたね。何と言いますか、サンデーの切れとキングカメハメハのパワーとトニービンの息長い末脚とが相殺されずにうまくブレンドされていると表現すると程よいでしょうか。やはりビッとした良馬場でのパフォーマンスが見たかったと思っています。

ドバイ帰りを懸念する声がありましたが、何よりトレーナー自身が十分留意している旨コメントしていましたね。「欲を言えば物足りない部分」という表現も合わせて聞こえていました。あぁ、堀師のコメントはあまり裏表を意識しなくてよい認識でおります(言葉の数は多いですけどねw)。

というわけで、もうひと回りボリュームがでてよい骨格なのに、というパドックでのこちらの印象と、堀師の見立てとが整合しているかなと思っているところです。及第点の出来で臨むことはできた、というところでしょうか。チャンピオンは普通のコンディションがあれば大丈夫、とまでは思っていないですけどね。ここ数年のG1は特にそう感じます。

堀師のコメント詳細は以下。Racing Viewerは割愛しないよう、長くても原文ママでお願いしたいです。ニュアンスが知りたいですからね。
ドゥラメンテ堀師「期待は非常に感じていますが…」/宝塚記念共同会見 (netkeiba.com) - Yahoo!ニュース


レース後の躓きからこちら。残念のひと言に尽きます。トップスピードを出し切った後ですから疲労もあるでしょうし、馬場はだいぶ掘り返ってしまっていますし、脚を取られながらきれいに減速する難しさはありますよね。

梅雨時期で最終週。馬場の荒れやすいスケジュールで春のグランプリを施行する必然性…、などと言葉が浮かんできましたが、八つ当たりする場所を探しているだけかな。大阪杯G1化も含め、春の芝中距離ローテは改めて熟慮されてほしいと思っています。

凱旋門賞取りやめの即決、すでに競走馬登録も抹消しています。陣営のクイックリーな判断は見事な限り。その点は有難いものです。ドゥラメンテについては別途まとめたいですね。時間、つくりましょう、頑張りましょう。


勝ち馬を讃えましょうか。宝塚記念の牝馬による制覇はスイープトウショウ以来。エリザベス女王杯勝ち馬で前年のクラシックホース2頭を破ったわけですから、フロックとは言い難いところ。当時はスイープトウショウの単勝をもって見守る大胆さがありましたが、だいぶ常識的な人間になってしまったんでしょうかねw

あえてスイープトウショウとの符合を探すなら、どちらも目一杯脚を使い切っての勝利、というところでしょうか。先行勢を捉え、後続の追い込みを抑える。かたやハーツクライ、こなたドゥラメンテですからね。その「出し切る」レースをするためには「継続騎乗」というもうひとつの符合が欠かせなかったとも思っています。十分にこなれた人馬だからこその勝利。というか、1〜3着はすべて継続騎乗ですものね。以前から乗り替わり即悪という議論は拙速過ぎると思っていますが、継続騎乗のメリットが存分に活かされる場面はもう少し増えてほしいですね。

秋のローテーションは未定。ブリーダーズカップターフへの優先出走権をゲットしてはいますが、いまいま未定ということはおそらく遠征はしないのでしょう。個人的には香港に照準を向けて夏を休んでもらえるといいなと思っています。


あとは気になったところを。

ラブリーデイは前年チャンピオンらしいパフォーマンスだったと思っています。スタート後に先行勢がやり合う手前、止むを得ずという部分もあるでしょうが、手綱を引いてペースを落とす判断はルメールのファインプレー。あれで11.0-11.1をやり過ごすことができ、直線キタサンブラックに迫ることができたのだと理解しています。

アンビシャスは年齢と経験に敗因が求められていたようですが、フォームと馬場が合わなかったかな。キタサンより内枠を引いたことと馬場状態を考慮すると、鞍上は後方待機に勝機を見いだしにくいだろうと見立てていました。果たして、好位追走から大敗という結果に。チャレンジングな乗り方でしたが、次にはつながる内容だったと思っています。良馬場だったら、と声を大にしたい一頭ですね。

サトノクラウンはちょっと勿体無い印象がありまして。馬場コンディションはおそらく合っていたように思っています。岩田も初速がつかずマリアライトに前に入られる展開でしたから、ペースを深追いしない部分があったかもしれません。ドゥラメンテを内に閉じ込めながらの道中も悪くないと思っています(同厩ですけどね)。

ただ、直線でドゥラメンテに交わされた後の伸び脚をみると、もう少し前々で運べたら、とも思ってしまい。ドゥラメンテがいたことで少し後ろから進めてしまったかな。個人的な見立てですが、もう少しやれた、という感覚は秋まで忘れないようにしておこうと思います。鞍上への揶揄ではないですよw



最後に。

いやー、書き込みが完全に一週遅れになってしまいました。間がわるくてなにやら申し訳ない気持ちになっております。帝王賞で走り回ったこともありますが、この週末も休日の研修やお祝い事もはいっていましたので、時間の確保が難しかったですね。まぁ仕方のないところ、と上手に諦めごとをコントロールできる性格ならよかったのでしょうw 任意のブログでストレス溜めても仕方ないんですけどねー。

ドゥラメンテの経過が伝わる度に言葉にしたい内容が移っていくわけでして。なかなかまとめる機会を逸したまま、福島と中京も開幕してしまいました。土日の競馬をまとめて見にしましたので、感想は週中にでも。…このまま一週遅れで投稿するリズムにはしたくないなー。

そうそう、職場の皆さまと初めてがっつりPOGをやることになりました。その概要もざっと書き留めておきたいと思っています。慌てず騒がず恨まず愚痴らず。来週からは夏競馬を堪能する時間もとれるでしょうし、少しずつ言葉にしてまいります。はい。

関連記事