2017.06.25


サトノクラウン、国内でも戴冠成りました。

パドックでは相変わらず神経質な印象がありつつも、大阪杯とは心身のデキがだいぶ異なっていた様子。勝利ジョッキーインタビューでも前走は調子が、というコメントが聞こえていました。堀師は輸送に失敗したと前走を振り返っていましたが、今回はうまくいったのでしょうね。キタサンブラックが大き過ぎる?ので相対的に小さく映りましたが、前進気勢も筋肉の張りもいい印象でした。それに任せて買えばよかったなぁ。

キタサンをパスする際の脚色は昨年暮れの香港を思わせる力強さ。ハイランドリールを差し切った事実はもっと評価すべきでしたね。そのハイランドリールは先日のロイヤルアスコット、プリンスオブウェールズSで強い粘り勝ちをしていますし。レベル高かったんだなぁ。


公式レースラップです。
12.5-11.1-11.6-13.1-12.3-11.7-11.6-11.8-11.7-11.8-12.2

逃げたのはシュヴァルグラン。キタサンブラック、シャケトラとスタート直後に様子を窺う間があってからのハナでした。ハナに立つと認識してからの福永はしっかりスピードを出して、キタサンブラックが交わしにこない2ハロン目11.1を作り出したようです。

キタサンブラックは11.1で先手を取ったことはありませんから(おそらく武豊にその判断はないでしょうね)、1コーナーまでの攻防だけでいえば福永>武豊であったと受け取っています。キタサンの敗因といってもいいかもしれません。それは後述するとして。


サトノクラウンは終始ひとつ内に入ったキタサンブラックをマークするポジション。1000m通過付近でキタサンブラックをけん制しにいったのはしっかり意図をもったアクションでしょう。アドミラブルで躊躇した分、かもしれませんね。

キタサンが煽られシャケトラが煽られシュヴァルグランが下げずにそれを受けたことで、そこから先行3頭は互いにブレーキを踏めない流れを作ってしまいました。稍重の掘れる馬場、残り6ハロンはさすがに長いですよね。1、2着馬は3、4コーナー、雁行してなだれ込む3頭の後ろに控えており。このペース判断、ミルコも横山もさすがでしたね。

馬場が合ったというミルコのコメント。個人的にはそれ以上に、ペースを作る側に回らず、受けてカウンターする側に回れたことが大きかったように思っています。香港でもハイランドリールというペースを作る側がいましたからね。おお、道中で一度突かれていた点も同様とは。

繊細な馬であることをコメントしている堀師。同馬主のダイヤモンドは凱旋門賞への準備を進めていますが、ひょっとしたら。…気性を考えるとないかな。ただ、秋の府中への適性を考えた場合(ダービー3着はありますけど)、別の目標を検討することは視野に入っていてほしいと思っていまして。BCターフ?


ゴールドアクターは復調成っての2着。グラスワンダーの血が騒いだ、部分もあるでしょうが、横山の中間のテコ入れが功を奏した様子。ハミにもたれて重心が前がかり、カラダが伸びたフォームになっていると分析。上体を起こしてトモを深く入れる練習を課したようです。パドックでトモの張りが変わってきたと見て取ったのは、そのエピソードを聞くと符合するところでございますね(レース後に知りました。。。)。

予想の上では、どうしても馬場の悪い内側を通らなくてはならないだろうと想定。その分評価を下げてしまいました。スタートから暫く、手を動かしていましたが、行き脚を比較して切り替えたのでしょう。先行する外の3頭(クラリティシチー、シュヴァルグラン、シャケトラ)の手応えをみながら、ポジションが下がった瞬間に外へ展開。キタサンブラックの後ろを取るところまで移動していました。直線では内をついて伸びてきましたしね。内大丈夫だし外出れたじゃんw とレース前の自分にツッコミを入れておきたいと思いますw


キタサンブラックの敗因分析。フジのアナウンサーは端的に馬場と言ってしまっていましたが、実際は要因が複合しているでしょう。11.1を深追いしなかったことの理由に馬場は挙げられると思いますが、先に書いたとおり、ここでイニシアチブを取れなかったこと、これがレース展開に受動的な対応を招いたと思われます。

大阪杯も天皇賞春も、ジャパンカップもそうですね、レース序盤に後続のペースをけん制できるポジショニングができていて、道中交わせそうで交わせないペースを作り出すことで自分のタイミングでラストスパートへつなげられています。今回はそれがすべて後手後手にまわってしまいました。サトノクラウンにも突つかれることにもなり、シュヴァルグランの作り出す後半のペースにお付き合いすることにもなり、早々に脚があがってしまう結果になってしまったのでしょう。

もうひとつ邪推。あるいは武豊は、このレース展開を受ける側に回ったときにどれだけやれるか、これを試す可能性をもっていたかもしれません。レース前から決め込んでいたというよりは、そういう展開になっても踏ん張れるのか、鞍下の力を計る、あるいは披露する狙いがあっても納得だなぁと。少なくともオーナーの側からは積極的に海外遠征、というニュアンスは伝わってきませんでしたからね。この「相手に相撲を取らせる」流れで勝てれば、名実ともに凱旋門賞遠征、という合意形成もできたかもしれません。

一方で、レースの追走に集中を欠いていたこと、パドックの仕上がりが前走ほどではなかった印象であること、プラス体重だったこと、このあたりからは、春の連戦で心身の疲労も大きかった、とも推察されます。予想の面ではそれでもイニシアチブが取れ、勝つことは可能、と見ていたんですけどね。

荒れ馬場+福永のけん制+受けに回った展開+連戦。そのすべてが重なって大敗につながったというのが現時点での見解です。やっぱり残念ですけどね。

レース後まもなく、オーナーの判断で凱旋門賞遠征は中止、秋は国内専念と発表がありました。天皇賞秋で見られるのは面白いと思いつつ、立て直しながら行ってもええんやで、という思いもございます。着順は衝撃的ですが、巻き返しは十分期待できるでしょう。まずは無事に。気持ちをリセットしてほしいですね。


負けた中ではシャケトラが面白いでしょうか。スタートから下げなかったことでの先行策。きつい流れを前受けした中では一番崩れませんでした。パドックの印象はサトノクラウンよりよいもの。まだまだキャリアも少ないですから、今秋、府中でどんなレースが観られるでしょう。夏に使うなら札幌記念でしょうか、この夏は休養に充ててほしいかな。


最後に。

3冠ボーナスがあったことがキタサンブラック参戦の理由の一端にはあるのでしょうが、馬のピーク時期から考えると、春と秋にそれぞれ3冠があることは過多といったほうがよいのかもしれません。さらに天皇賞春から宝塚記念までのレース間隔はやはり長いのでしょう。

このあたり、来年以降どのように変わっていくのか、変えずに進めるのか。昨年のジャパンカップからこちら、ふわふわ考えていることがありまして、まとまった言葉にしようかな。時間を工面してみたいと思います。

さぁ、本格的に夏競馬ですね。パークウインズ府中も好きなのですが、遠征もしたいなぁ。あぁ、その前に帝王賞がありました。当日現地に間に合うといいなぁ。…春競馬終わったな感を出そうと思ったら、間断なくレースがございましたねw


関連記事
2017.06.24


ジューヌエコール、軽ハンデと極軽馬場を味方にしました。

速かったですねー。当日の500万下で1:07.5のレコードが出るスピード馬場。どうやらエアレーションと雨上がりで乾いて締まったコンディションだった模様。その結果、史上屈指に高速な函館を目撃することになりました。武豊がこの500万下で逃げ切り。シュウジの戦略にも影響したものと思います。1日に2度レコードがでる立役者ではありましたね。

公式レースラップです。
11.7-10.1-10.4-11.0-11.4-12.2

上記の500万下、エリシェヴァのラップはこちら。
11.8-10.2-10.7-11.2-11.2-12.4

比較になるかしら、アグネスワールドの北九州短距離Sも。
11.7-10.2-10.4-11.0-11.3-11.9

…勝ち馬のポジションがそれぞれ異なりますので単純な比較はできませんが、2番手から4角先頭で押し切ったアグネスワールドって凄かったんですね。思い付きから回顧主義っぽくなっちゃいましたが。

その比較からしても、シュウジの前半は突っ込みましたねー。スタートから促したことでがっつり勢いがつきました。32.1って。直線に向くまでよく頑張ったというべきでしょうか。今回の勝負としては妥当な戦略と思いますが、次走以降の折り合いにどんな影響がでるでしょう。アイビスサマーダッシュへの布石とみれば悪くない?かもしれません。

勝ったジューヌエコールはスタートを五分にでてからは無理をしないポジショニング。セイウンコウセイの真後ろをレヴァンテライオンと争いながら、押し込まれる格好で3コーナーへ。でもこれが奏効したでしょうか、3~4コーナーでスムーズに外に進路を取ることができました。4コーナーからの行き脚は50kgの賜物でもあるでしょう。

昨年の勝ち馬はソルヴェイグ、先のシュウジが2着。いずれも3歳でしたね。桜花賞ないしNHKマイルCから、スプリント適性を見込まれた馬にはちょうどよいローテーションなのかもしれません。トレンドは3歳、1200ないし1400重賞実績、軽ハンデ、でしょうか。来年まで覚えておきましょうそうしましょうw


セイウンコウセイは積極策からの4着。直線踏ん張りきれませんでした。荒れ馬場で実績を積んできたタイプですので、個人的には善戦と思っています。高速馬場への適性も示したことはむしろプラスに捉えてよいのでは。

武豊の逃げを4コーナーで射程に入れる幸ですから、クリソライトを捉えたホッコータルマエの帝王賞が思い浮かびました。幸にはこういう時にきっちり仕事するイメージがあります。さすが。

先が楽しみになったのはキングハートでしょうか。3歳以来となる重賞挑戦でしたが、ラストまでしっかり脚を伸ばしていました。平坦スプリントならどこかで重賞獲るかもしれませんね。



最後に。

ロイヤルアスコットも始まっておりますね。DAZNを導入してゆっくり観たかったのですが、なかなか余裕がもてず。TwitterでキングススタンドSのレディオーレリアが圧勝する姿はばっちり確認しているんですけどね。5ハロンなら世界最強、という表現もあのパフォーマンスなら言いすぎでなくフィット感を覚えます。

ええ、そして宝塚記念ですからねぇ。日曜の天気の崩れ方まで確認してから予想をまとめようと思いますが、面白い枠順になりました。キタサンブラック中心に捉えてはいますが、中間、これまでになくおとなしいというスタッフのコメントがちょっと引っかかります。疲れと取るべきか、よい意味で古馬の枯れた状態になっているのか。

ゴールドアクターは今年一番の仕上がりかな。スタート次第ですが、横山は狙っていると思っています。あとはミッキークイーン、シャケトラの末脚の息の長さ、そしてレインボーライン、ミッキーロケットのポジショニングをどう読むか。キタサンブラックが自滅する流れでないとシュヴァルグラン、サトノクラウンには逆転の目はないように評価しています。

…まだ決めませんよーw 当日は府中で堪能するつもりです。

予想を度外視すれば、キタサンを無事にシャンティイに送り出したいですが、どうしようw
そういう買い方もアリかなと思っているところです。

関連記事
2017.06.20


プレイヤーとオーディエンスならきれいに対義語となるでしょうか。

netkeiba で興味深い記事を見つけたので、口やかましくならない程度に感想を書こうと思います。

【座談会】“海外競馬”の取材現場は? ―「競馬メディアのあり方」を騎手・記者・評論家が徹底討論 - netkeiba.com

タイトル通り、競馬メディアのあり方についての記事。上記のリンクはいわゆる4ページ目で、その前に福永、柏木集保らの座談会とサッカー、野球との対比が掲載されています。

取材の実態やジョッキーと記者との距離感、新聞の関係者コメントがみんな同じなどという妥当な?意見も飛び交っていて、面白い企画という印象ですね。ゴシップぽいテイストも悪くないのですが、程度を心得ているならこうした正面からはいる切り口の方が好みですね。



リンク先の記事ではウオッカのジャパンカップ後、記者質問の際のエピソードが紹介されています。武豊からルメールへの乗り替わりについて、Blood-Horse 誌のレイ・ポーリックが乗り替わりの経緯と決裁者についてド直球で質問し、日本人記者が凍りつくような場面があったとのこと。

当時に限らず、乗り替わりの経緯はなかなか議論されませんよね。取材記者との間で突っ込んだ質疑になりにくいのは、取材対象者への配慮なり遠慮からとは察しがつきます。事実を覆うような配慮は行き過ぎと思いますが、「勘弁してあげたら」「節操がないな」という感想をもつケースもありました。

個人的な経験ですが、キングカメハメハの故障引退後、ウマ科学会のゲストに招かれていた松国師に故障の経緯と責任を問い詰めるやり取りを目撃していまして、さすがにTPOを欠いた姿勢と感じたことがあり。基調講演の質疑応答のタイミングでしたからね、取材ならその後に改めるべきでしょう。

同じ事実確認をするにしてもタイミングやニュアンスは大切にしてほしいですし、こちらも大事なポイントにしながら目にしたいですね。お互い感情のあるいきものですから。

レイ・ポーリックの姿勢も間違いではないでしょうが、どちらかの価値を極端に押し進めることが健全とはあまり思っておらず。ソフトランディング的に歩み寄る姿勢が理想ですね。

といいつつ、例えばエージェント制ひとつ取っても、往々にして極端に振れて見ないと価値観の補正は効かないようにも思っていまして。人間が寄せ集まると不器用なものなのかなぁと若干達観するところもございます。

取材の慣習にはお国柄もでるでしょうから、それを踏まえてバランスよく客観性が保てていると素敵なのですけどね。海外からの注目が増えるほどにそうも行かなくなってくるかもしれません。



…島田さんのコラムよろしく、行ったきり元のテーマ設定に帰ってこれない気がしてきましたw

いまいまはプレイヤーに己のパフォーマンスを分析させる場面が常態化しているように思います。これが行き過ぎるのはあまり健全でないのかな、と感じたことを書きたかったのですよw

自己都合誘導といいますか、ポジショントークとしてのコメントがでてしまうケースもゼロではないでしょうし(悪意であってもなくても)、すべてのジョッキーがレース直後に高いレベルで客観的な分析をし続けられる訳でもないでしょう。そうしたコメントを均す意味で評論という立場は必要と感じます。

例えば自分のフォローしている方のツイートからは、マスメディアの通り一遍な切り口より見識のある指摘を目にすることがあります。…個人の感想といえばそうですが、いやレベル高いですよ、ほんと。こうした発言は全然肯定する立場ですしもっと促進されてよいと思っています。

ただ職業として立場を追って発言する評論がこれらと区分けされた状態で成立するかどうかが重要で、それを成り立たせることができないコミュニティは自壊なり半壊した状態なのかな、とも感じております。プレイヤーとオーディエンスが融解してそれぞれの主観が過ぎて、語りの軸、語りたいものの魅力を見失う、とでもいいますか。

…プレイヤーとオーディエンスの間にプロの媒介(メディア)があって、そこで座標軸を呈示する評論が成り立つというフレームを保っていること自体、古い人間の表明なのかな。ひょっとしたらビジネスとしての評論と見識高いアマチュアの議論は、緩やかに融和していく流れなのかもしれません。でもまだ要ると思うんですよね、プレイヤーでもオーディエンスでもない視点が。



えー、絶賛口やかましくなっておりますがw 議論はまとめずに書きっぱなしておきたいと思います。ひとりで決め込むものでもないですしね。

…あー、大川慶次郎さんならどんな立ち位置で話すでしょう。「競馬評論家」を自称していましたからね。
関連記事
2017.06.11


右前脚に熱があり、獣医の判断で取り消しとなりました。

JRAの発表はこちら。右前肢跛行と表現されています。
【2017ベルモントステークス(G1)エピカリス号が出走取消 JRA

Racing Post の記事はこちら。
Japanese raider Epicharis out of the Belmont Stakes | Horse Racing News | Racing Post

水曜の追い切り後に右前に熱をもったという報道が出ていました。陣営は最後まで出走の意思を持って対応していたようですが、最終的に向こうの獣医が判断を下した模様です。

萩原師は深刻な状態にはないとコメント、診断をしたスコット・パーマーはあと1週間あれば走れただろうというコメント。100万ドルのボーナスの可能性、数億に及んだであろう日本での馬券の売り上げ、今後の招致活動への影響。すべて重要な事柄ですが、馬のコンディションが優先され、ビジネスの都合、そのしわ寄せが馬への負荷につながらなかったことは健全と表現するのがよいでしょうか。

「The top priority is the horse.」というコメントが象徴的ですね。なにやらエンデュランスのチェックポイントが通過できなかったような印象もあります。賢明な判断があった、と理解すべきでしょう。とても残念ですけどね。


古くは、いや個人的にはまだまだ鮮明な記憶ですが、カジノドライヴもまたベルモントには辿り着けませんでした。改めて調べてみましたが、前日に発症した左後ろのざ石。JRA-VANの鈴木淑子さんの記事に行き当たったのですが、こうした時の期待のつなぎ方は今も昔も変わりませんね。
第4回 カジノドライヴの夢の旅はつづく|競馬かわらVAN|競馬情報ならJRA-VAN

そう考えると、昨年のラニは本当に価値あるチャレンジで、とてもタフだったなぁと改めて。調教助手さんのツイートから、当時の調整にはかなりご苦労されたことが窺い知れております。


馬券販売はもちろん継続。日本馬のスクラッチは想定された範囲のこと、でないと相当片手落ちですものね。日本馬不在でかつ各馬の情報、予想などが揃った海外レース。どんな売り上げになるでしょう。自分は、…素直にアイリッシュウォークライから行こうかなw


最後に。

エピカリスの今後。まだまだ気の早い話ですが、今年は国内専念してほしいかなと。しっかりカラダが出来上がってから、その頃には日本のチャンピオンでいるでしょうから、改めてチャレンジしてほしいと思っています。新潟、大井、中京、府中。単純に直接レースを目にしたいのが大きいですけどね。

最終的に、サンデーサイレンスの血をアメリカに還流できれば素晴らしい結末でしょうか。出走取消はその楽しみをつなげるプロセスのひとつと受け取っているところです。残念ですけどね。


関連記事
2017.06.08


サトノアラジンがついにG1を差し切りました。

直線半ばまでインからずらっと並んだ「壁」。後方待機勢には進路が見いだせない、難しい流れになりました。イスラボニータ、エアスピネルはその典型でしょう。それに対して、決め打ったであろう川田の進路は大外。壁の外側までいけば視界はクリアですものね。ジョッキーも話していた通り、ワンターン+良馬場+外枠、ペースも含めて今回はもろもろの条件が味方になったようです。

ね。末脚の息の長さを分かっていながら、最後に外してしまったのは痛恨でした。リベンジに燃える川田、も個人的には重要なキーワード。買っておけばなぁ。

公式レースラップです。
12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1

当日の芝レースは坂下で上がりラップが最速になる傾向。やはり馬場がよい分、早めにスパートしてもラスト1ハロンを粘りこめるのでしょう。ロゴタイプ田辺はこれを理解していたであろう強気なラップメイク。あわやという展開をつくりましたね。残り400から追い出した時点で決まったか?と思いましたよ。

ロゴタイプについては、厳しい先行策になると見ていました。外枠スタートですし、ロジチャリスやサンライズメジャーなど切れ味勝負では…という馬が早めにプレッシャーをかけるイメージがありましたから。ただ、パドックでの見栄えがすばらしかった。7歳でピークを迎えたといってよいような出来。これで馬券からは外せなくなりました。スローにはならないだろう、という読みもパドックでほぼまとまりました。

おそらくはグレーターロンドンがギリギリまで出否未定だったことがロゴタイプ騎乗にまとまったものと推察していますが(あー、単に先約を重視しただけかもしれません)、パフォーマンスで示すあたりはさすが。人馬とも、勝ちに等しい内容だったと思っています。


イスラボニータはポケットにはいる不運で着順を下げました。いや、向こう正面からけっこうヤングマンパワー松岡のマークにあったようですけどね。外から押し込まれる形でしんがり負けだったブラックスピネルの後ろにはいってしまいました。松岡の狙いだったでしょうか。4コーナーではヤングマンパワーの後ろからステファノスに外を塞がれ、直線は粘るブラックスピネルとヤングマンパワーに前を塞がれました。どこかで視界をクリアにするチャンスはあったか、という観点でパトロールビデオを確認しましたが、ないですねw

ただ、進路がクリアだったとしても勝てない流れだったのでは、とも感じています。同じく直線内を突くことになってしまったエアスピネルの方が反応がよかったように見えていますし。末脚の持久力勝負が得意なタイプではない認識。秋の京都の方がチャンスがあるかもしれません。もうひとつ、獲ってほしいですね。


グレーターロンドンは出遅れからずっとポジションをリカバリーする流れ。道中息を入れる時間は少なかったように見えています。直線半ばで進路を確保してからの伸びは、これまで見せてきた脚色からするともう少しやれたような。でも爪に不安がでて、中間運動が軽めになり体重を増やしてしまった、という経緯からのこのパフォーマンスですから。

パドックで見た中で一番スケール感を感じたのはグレーターロンドン。順調にいけば秋はとても楽しみ。これまで東京と中山でしか走ってないですから、京都でも観てみたいですね。


レッドファルクスはエアスピネルと鍔迫り合い。レッドの位置がほしかった、とは武豊のコメントですが、直線はノンストップで外へ外へ。ようやく視界が開けたのはサトノアラジンのもうひとつ外。そこからの切れは素晴らしかったですが、ゴール前ではサトノと脚色が近くなっていたようでした。4コーナーで前後が逆なら、レッドはインで行き場をなくしていたかもですね。

マイルG1で2着ですから十分対応したといえそうですが、1400が一番合うような。スプリンターズSが目標になるのでしょうが、そのあとが気になりますね。


エアスピネルは差しにかけての5着。スタートからのポジショニングからすると、ペースを受けずに一発狙いという待機策に見えています。今回のメンバーで抜けた存在ではない、という評価があったのでしょうね。レッドファルクスの進路を付いていく訳には行かない分、直線はインで詰まる結果になりました。ラストの脚色はすごかった分もったいない印象ですが、戦略的には一か八かですのでね。やむを得ない結果という認識です。


ステファノスは戸崎の積極策が目立ちました。よくあの大外から中団まで潜り込みましたよね。3コーナー手前でビューティーオンリーをブロックし、4コーナーで仕掛けていったあたり、かなり攻めていた印象です。馬の出来もよかった。しかしG1は遠いですね。。。


アンビシャスを本命にしていました。ひねってひねって、差し脚が活きる展開になるのでは、という読みだったのですが、それ以前に実力を発揮できる状況になかったようです。トレーナーは「いつものアンビシャス」ではなかったとコメントしていますし。

わからなかったツイートされていた方もいらっしゃいましたが、爪の状態がいまいちだった様子。パドックはトモの踏み込みと爪とイレ込みのアンバランスな見栄えが印象的でした。追い切りもラストが踏ん張れておらず。敗因を数えれば、ねぇ、いろいろ引っ張り出せてしまうわけですが、もろもろベストな状態だったとしても、このペースを差し切れたかというと。。。 1、3着が1400の重賞で差した実績があるわけで、適性面からも今回は厳しい条件下でのレースだった認識に落ち着いています。



最後に。

こうやって書いてみると、有力どころが順調に秋を迎えた場合、マイルチャンピオンシップはとても面白い再戦になりそう。いまから楽しみになってまいりました。

安田記念をまとめ損なっているうちに、東京ダービーが終わり、森泰斗がダービージョッキーになりました。見事なレースでしたね。1、2着が強かった分、的場さんは善戦した3着というべきでしょう。残念ですが、そして酷な表現かもしれませんが、また来年。

一方で、有力馬の回避が相次ぎエピカリスがベルモントSで1番人気になる様子。春の府中のG1は終わりましたが、まだまだ楽しみなレースは続いております。

ダービー後にあれこれ思っていることもあるので、仕事が立て込んでこなければ、何とか書き切っておきたいなぁと。しっかりひと区切りしてからエピカリスの朗報を待てるのがベストですね。


関連記事