2017.08.20


もう一週間以上経っていますが、人生初のダイヤモンドターンに行ってまいりました。

大井も数限りなく訪れていますが、ビュッフェスタイルな競馬は1度も経験がなく。「ブルジョアめ!」的な謎の拒絶反応などはなく、単に現地での自分の動き方に起因すると思われます。大抵はパドック、返し馬、購入、レース、これを自分のタイミングで切り替えながらローテしていますから、あまりカウンター席から俯瞰して、というリズムをもっていないんですよね。

今回は先日の北海道に一緒しなかった分、奥さんを連れていこうと思い立ちまして。オレ得とか言わないでくださいねw タイフェスもあるし食べるのは好きなのでじゃあ行ってみるか、と腰をあげた次第です。結構行き当たりばったりだったんですけどね。

そんな流れなので、いつものリズムで予想することは100%割り切って、いわゆるリゾート感覚?で臨んでみました。


いったんダイヤモンドターンに入場し、席とシステムを理解してから、いったん外へ。タイフェスの屋台で辛くないであろうご飯ものを注文し、並んでいるベンチでちょっと遅めの昼ご飯にしました。このあたりは奥さんの優先順位に沿う形で。その間に1レース終わってますからね。見すると決めるわけでもなく、目の前のレースを完全スルーする違和感を多分に感じておりましたね。

外れた理由をお酒のせいにしたくなくて、競馬場ではめったにアルコールも取らないのですが、いい意味で割り切っていますからね、ご飯した後にシンハービールを注文して芝生に座り、もう1レースを眺める感じ。いやー、予想をしないと時間がのんびり流れます。

ベビーカーおしていらっしゃる方、すでに出来上がっていていいテンションな20代前半と思しき一行、いずれも馬場読みという用語も耳にしたことがないかも、という皆さんが馬券を買ってご飯しながら飲みながらワイワイやっていました。いまではありふれた光景なのでしょうが、だいぶ変わったなーという感慨と、この取り組み方のほうがきっと一般的で健全なのだなーなどと観察しておりました。

競馬場は必ずしも競馬を目的に集まる場所、ではなくなりつつあるのでしょうね。そういう層はパソコンやスマートフォンの投票画面に集っているのでしょうから。曜日や時間帯に合わせて、主なターゲットになるライトユーザーが退屈せずに滞在できる場所。飲んで食べてイベントがあって子どもが遊べて、そこで馬も走っている、くらいがちょうどよいのでしょう。以前からの戦略でもあるのでしょうが、ここのところはより明確に集客に表れているように感じました。


ステージではヒーローショーの司会のお姉さんが後ろから敵に襲われていましたw ショーの冒頭、お姉さんは気づかずにナレーションを続けているわけですね。そうするとちびっこが「うしろ!うしろ!」ってwww …えー、半世紀近く前にですね、「志村、うしろ!」っていう台詞が流行りましてですねw プロットが変わっていないんだなーなどと奥さんとステージから少し離れたところで爆笑しておりました。案の定お姉さんはさらわれておりましたよw

…こじれたベテランファンはこれらを邪魔しないように、でも変に遠慮はしなくていいよね、くらいがちょうどいいのでしょうね。競馬がたくさんのひとの話題になり続ける仕掛けつくりはきっと順調なのでしょう。


行き当たりばったりの流れでしたので、野馬追が見られたのは本当に偶然。残り200m あたりで見ていたのですが、迫力がありましたね。バリアゲートなんて言葉もない時代からの競べ馬ですから、趣はだいぶ異なりました。周囲にちびっこがおりましたが身を乗り出して観戦していました。これ以上乗り出したら危ない&ちょっと邪魔、と思いながらでしたけどね。


ダイヤモンドターンは快適でした。基本は数名でひとつのテーブルを囲む形ですが、カウンター席も設けられていて1~2名でも全然違和感なし。1席ひとつモニターつきでした(オッズと映像を切り替えられるとベターですね)。各料理も途切れることない贅沢さ。

タイムサービスもありましたね。券売機近くにだんだん列ができ始めて、これがその場でカットするローストビーフ待ちとわかった途端、動きましたよ奥さんがw いやこれがおいしかった。とりあえず本人は満足したようで、よかったです。


いちおう馬券は買っていまして、中穴くらいかな、バナナボーイという馬を笹川がうまく持ってきてくれました。その後、ローストビーフを抱えた奥さんが行列のあちこちで「バナナボーイが。。。」「バナナボーイにやられた」と噂していたとw そもそもが何ともいえない語感ですしねw これもまた現地の空気ならではの笑い話になりました。


黒潮盃はブラウンレガートの圧勝。的場文男の4コーナー、2頭の間を割って出る様はさすが。好位の内をキープしての突き放しですから、他馬には抗するチャンスがほぼありませんでしたね。強かった。改めて、ヒガシウィルウィンの強さも引き立った格好。エピカリス含め、JBCクラシックに揃うようなら。楽しみですねー。

東海のドリームズラインに期待してみましたが、さすがに厳しかった。父同士は宝塚記念で当たっていますからね。そんな因縁を絡めて買ってみるのも楽しみ方、といいますか、シンハービールが残っていたせいかな。ドリームジャーニー、単勝で仕留めた思い出の分、負けてしまったようです。



最後に。

ブログの更新はゆったり目になっていますが、競馬はバリバリ観ています。G3っぽい札幌記念はサクラメガワンダーに重なるようなサクラアンプルールでしたが、北九州記念と合わせて人気薄のナリタを拾い損ねておりまして、正直厳しいなーwなどと地団駄踏んでおります。

アロゲートは全力を出す素振りのない2着でしたし、ウィンクスは絶望的な出遅れから力の差で差し切りましたし(Winx Official でインスタがあるんですね)、恒例のモレイラ祭りにはちょっと便乗していますし。ブレイブスマッシュやトーセンスターダムの豪州の検討も確認しています。

やっぱり反射的に思ったことをテキスト化するのが不慣れなのでしょうね。Twitter もRTやいいねを押すくらいがしっくりきています。でも書きたいときはあるんですよねー。ある程度の習慣化はさせておきたいと思いつつ、リズムの作り方はまだ試行錯誤中です。


関連記事
2017.08.11


ローズプリンスダムがきれいに差し切りました。

4コーナーまでインをキープして、直線に向いて一気に外に出しました。件のエピカリス包囲網がありましたから先行馬がインにインに寄るところ、きれいに進路を確保できました。そういう意味では人気薄だからこそ、というスムーズさであったかもしれません。

木幡巧也は初重賞制覇。直線の伸び脚よりは、向こう正面で押しながら先行馬群についていった判断と4コーナーで先行馬群と若干の間隔を置いた判断が光って見えています。ジャパンダートダービーのリゾネーター、終始前に前に攻めてラストに脚が鈍っていましたから、今回はメリハリをつけて乗るつもりだったでしょうか。強気はそのまま、より戦略的なライディングになっていってほしいなぁ。おめでとうございました。

公式レースラップです。
12.3-11.1-12.7-13.1-12.5-12.8-12.9-12.7-12.8

エピカリス包囲網について。凄かったですね。どこが致命傷だったということもないでしょうが、ポジショニングが後手に回ったという視点ですと、1コーナー手前でノーブルサターンに押し込まれ、タガノカトレアに前にはいられたあたり、このあたりで何とかしたかったかな。それよりは、その2頭の直線での粘りがルメールにとっては誤算だったかもしれません。早々に下がってくれば捌く余地もあったでしょうから。

直線に向くまで外に出す余地も少なく。直線でノーブルサターンの内が一瞬開きましたが、アクセルを踏んだ瞬間にノーブルサターンが締めてくるという不運。これだけタイトだと、むしろラストによく捌いて3着だったとみるほうがよいかもですね。

金子京介さんのツイートが回ってきまして、エピカリスの右前にエクイロックス、鉄橋鉄、治療のための充填材などを確認していました。スピードに乗っているところで急に進路を変えると、軸足をグッとひねる動作が必要になる場面も想定されます。直線で進路変更するには右前を軸にするでしょうから、ひょっとしたらルメールは無理を強いることがないよう、甘んじて包まれていた面もあるかもしれません。レース後のコメントもコンディションはよかった、ですからね。勝敗に執着していなかったことが窺えます。

一口持っている方には踏んだり蹴ったりの結果と思われますが、今回のセーフティな乗り方が実は重要なポイントだったと後々振り返ることになるかもしれませんからね。自分は全く悲観していません。



最後に。

ローズプリンスダムのお父さん、ロージズインメイを見学してすぐにこの結果ですから、買っておけばねぇ。でも、見学の時間中、ロージズインメイにはずっとお尻を向けられていまして。一瞥くれてからお尻向けて飼葉桶に向かうわけですから、あえてやっているんですよねw 息子には馬券でそっぽを向かれてしまいましたから、さてどうやって仲良くしていこうかしらw

その分ではないですが、小倉記念はタツゴウゲキ、サンマルティンの馬単をしっかり取れたので、気持ちの面ではプラマイゼロ?ということで。

関連記事
2017.08.06


久しぶりに北海道へ、牧場を巡ってまいりました。

ブログを振り返ってみると、2009年以来のよう。自分のことながら8年ぶりとは思いませんでした。当時はフサイチコンコルド目当てでブリーダーズスタリオンにお邪魔していましたね。その後は青森に3度ほど足を運んでいることもあって、久しぶりの北海道となりました。というか、青森もフサイチコンコルド目的なので何ともですね。

諸事情で今回は日程を絞った上でひとり旅。奥さまには後腐れない了解?を得ましてですね、…後々恨み言をいわれる可能性はあるのかしらw 8月にはいったら見学可能な牧場も多いだろうと読んで、8/1出発の1泊2日というちょっと強行軍なスケジュールで行ってまいりました。


まずは新千歳からレンタカーでノーザンホースパークへ。今回の目的のひとつ、ウインドインハーヘアに無事会うことができました。ブラックタイド、ディープインパクトの母だけでなく、ダービー馬レイデオロのひいおばあちゃん。今春はさらに子孫の活躍が広がりましたものね。年齢も年齢ですから会えるうちに、という思いもありました。

馬房に向かうと張り紙があって、パドック2にいるとのこと。スタッフの方に質問しながらパドックに辿り着くと、お仲間といっしょに佇んでおりました。終始のんびりしていましたねー。写真はTwitterにあげましたので、そちらをご覧いただければ。
Twitterの投稿はこちら

訪問時は陽射しがあって、柵沿いは日なただったためか、頃合で木陰のほうに離れてしまいました。このままかなーと思っていたら、今後はパドックの角にある水飲み場へ。上記Twitterのアップ写真はその際に激写しています。どうしても最初は耳を絞り気味になるわけですが、歩調を合わせながらのんびり動いていると徐々にこちらに関心を向けてくれまして、最後は「ウインドインハーヘアと私」的な自撮りが可能に。ご協力ありがとうございましたw


その後は日高自動車道から国道235号線を伝って静内へ。日高自動車道は門別の先まで完成していたのはけっこうびっくりしました。やはり所要時間は短縮できますからね。静内に着いてからさくっと昼食。グルメ目的でないなりに、北海道でしか食べられないものをと思いセイコーマートへw いやでもこれが正解で、豚丼がおいしかった。激しく口に合いましたね。東京に来てくれないかなw

その豚丼を車内でさくさくいただいてから、ひとつ所用を済ませて、ちょうど8/1から見学解禁になった優秀スタリオンステーションにお伺いしました。


15時ギリギリで記念館にはいって記帳を済ませ、スタッフの方と雑談。「今日からなんですけど(知ってました?)」という問いかけには、あまり宣伝してないけどどれだけ集まるかな、という期待感がストレートに表れていてちょっと微笑ましかったですね。
優駿スタリオンステーション | 馬・牧場・施設検索 | 競走馬のふるさと案内所

記念館の裏手、少し上がったところに厩舎があり、十数名の見学の方といっしょに徒歩で向かいました。右手にはマヤノトップガンという贅沢なロケーションでしたね。歩きながら、このタイミングで見学開始した理由についてスタッフの方に質問してみました。オグリキャップの頃から長らく一般見学ができなかった記憶がありまして、何故このタイミング?という疑問があったんですよね。回答は実にあっけらかんとしたもので、記念館で観光客を誘致しているのに種牡馬見学ができないのはいかがなものか、という議論があったとのこと。…それもっと前から検討できたのではという言葉は飲み込むことにしましたよ、ええこちらもオトナです。。。

印象的だったのはヘニーヒューズ。いろいろ男前でしたねw 媚び過ぎず、かといって馬房の奥でいやだいやだし過ぎず、見学時間の後半にはしっかり顔を出してくれていました。カメラを向けると目線をくれましたしね。種牡馬ですからカメラ慣れする面があるのかもしれません。
ヘニーヒューズ

一方、エスポワールシチーはなかなか顔を出してくれるところまでいかず。写真の通りちょっと隠れているんですよ。こちらに関心は持ってくれていたんですけどね。全盛期のパフォーマンスは凄かったのに、という謎のコントラストが脳内で渦を巻いておりましたw
エスポワールシチー

帰り際のヘニーヒューズも。たいがいスタリオンごと、1頭はこんな「いっちゃうの?」感を出す馬がいる印象があります。見学者の最後尾から、振り返っての一枚ですね。
名残惜しそうに見えるヘニーヒューズ

現在は見学不可にしているキングヘイローなどは、体調の問題などはなく見学案内の管理上対象から外しているとのこと。見学した厩舎の馬房の数を超える頭数がいますので、別棟への案内などに懸念があるのかなと推察。事実、スタッフの方もいろいろ戸惑いながら案内されていましたし。見学に関するノウハウ蓄積はこれからでしょうから、今後リスクを見極められれば見学の幅も広がるかもしれませんね。

あとはオグリキャップ像。実は一口参加していまして。ようやく実物を見ることができました。ピカッと銀色。
オグリキャップ像

カネヒキリの墓石も確認してきました。見学が叶うなら北海道訪問、8年ぶりにはならなかったかな。写真も撮るには撮ったのですが、お墓の写真ですから感じ方もいろいろと思いますので、ここでは控えておきますね。


その後は門別競馬場へ。初参戦でした。後半6レースほどこなしてマイナスでしたが、面白かったですね。2番人気の馬がちゃんとどこかで勝負にいって少し着順を下げている印象がありました。その分予想が単調にならず、程よい難しさでした。1日だけしか見ていませんし、これまでの傾向もよく理解していない中での手探り予想でしたからあくまで個人的な印象ですが。

移籍初レースで勝利したサクラゴスペルが何とかお財布の傷を浅くしてくれました。ブリーダーズゴールドジュニアカップももちろん観戦。前走のパフォーマンスからパドックから抜けていたサザンヴィグラスが人気どおりの快勝。転厩うんぬんはともかく、南関東の重賞で見るのが楽しみになる勝ち方でした。



8/2は初訪問となるビッグレッドファームへ。札幌に宿を取っていましたのでけっこうな走行距離になりましたが、まぁ苦にならないのは好きなことだからでしょうね、はい。

建物も牧場内もきれいでしたねー。入口すぐの建物で受付の記帳、見学者用のネックストラップを取って牧場内へ。受付ではどこにどの種馬が放牧されているか案内図があったのですが、1頭の姿も見当たらず。ひょっとして収牧?と思い、少し上がったところにある厩舎に向かうと、いました。…全馬紹介するのは長くなりすぎますので、印象的だった2頭だけ。

ゴールドシップは食べてましたねー。食べ切った後も桶の端っこを加えて空気を飲み込むようなグエグエという音。この種の癖はよくないのでは、と思いつつもこちらはなす術ないですものね。判断が確かかもわかりませんし。馬房から顔を出してはくれたのですが、写真の通りずっと傾いだ状態でブンブンし続けていました。アブ対策?のようにも見えず。何だったのかな。サービスショットとあわせて。
首を傾げるゴールドシップ

ゴールドシップのバックショット


そしてグラスワンダー。ブリーダーズスタリオン在厩時に会っていますが、モーリス後という感慨もありますのでね。ええ、スペシャルウィークよりはグラスワンダーでしたよ。

馬房を覗くと座り込んでおりまして、そのうち鼻先から寝藁に崩れ落ちるという…。寝落ち、ですねw 完全に横たわって白目をむいてしばらく、急にハッとして起き上がるところが下の写真ですw
グラスワンダー寝起き

その後はしっかり決めてくれました。ジッとしてカメラを迎える様はあまり変わらないような気がしています。しばらくいちゃいちゃ?してお別れしました。
グラスワンダー



…自分で立てたスケジュールながら、やっぱり、もう少しゆっくり回りたかったですねぇ。次回がいつになるかわかりませんが、その際は是非。ダーレースタリオン・コンプレックスも未訪問ですし、社台スタリオンにもまたお伺いしたいですし。できれば帯広にも足を延ばしたいですしね。ミーハー大公開なのでしょうが、予想の面白さやレースのわくわく感とは別の楽しみ方だなぁと改めて確認した次第です。

何より東京に比べて湿度が低いんですよね。とても過ごしやすくて。豚丼と過ごしやすさを求めて夏だけ拠点を変えられ、ないかw

関連記事