2017.06.25


サトノクラウン、国内でも戴冠成りました。

パドックでは相変わらず神経質な印象がありつつも、大阪杯とは心身のデキがだいぶ異なっていた様子。勝利ジョッキーインタビューでも前走は調子が、というコメントが聞こえていました。堀師は輸送に失敗したと前走を振り返っていましたが、今回はうまくいったのでしょうね。キタサンブラックが大き過ぎる?ので相対的に小さく映りましたが、前進気勢も筋肉の張りもいい印象でした。それに任せて買えばよかったなぁ。

キタサンをパスする際の脚色は昨年暮れの香港を思わせる力強さ。ハイランドリールを差し切った事実はもっと評価すべきでしたね。そのハイランドリールは先日のロイヤルアスコット、プリンスオブウェールズSで強い粘り勝ちをしていますし。レベル高かったんだなぁ。


公式レースラップです。
12.5-11.1-11.6-13.1-12.3-11.7-11.6-11.8-11.7-11.8-12.2

逃げたのはシュヴァルグラン。キタサンブラック、シャケトラとスタート直後に様子を窺う間があってからのハナでした。ハナに立つと認識してからの福永はしっかりスピードを出して、キタサンブラックが交わしにこない2ハロン目11.1を作り出したようです。

キタサンブラックは11.1で先手を取ったことはありませんから(おそらく武豊にその判断はないでしょうね)、1コーナーまでの攻防だけでいえば福永>武豊であったと受け取っています。キタサンの敗因といってもいいかもしれません。それは後述するとして。


サトノクラウンは終始ひとつ内に入ったキタサンブラックをマークするポジション。1000m通過付近でキタサンブラックをけん制しにいったのはしっかり意図をもったアクションでしょう。アドミラブルで躊躇した分、かもしれませんね。

キタサンが煽られシャケトラが煽られシュヴァルグランが下げずにそれを受けたことで、そこから先行3頭は互いにブレーキを踏めない流れを作ってしまいました。稍重の掘れる馬場、残り6ハロンはさすがに長いですよね。1、2着馬は3、4コーナー、雁行してなだれ込む3頭の後ろに控えており。このペース判断、ミルコも横山もさすがでしたね。

馬場が合ったというミルコのコメント。個人的にはそれ以上に、ペースを作る側に回らず、受けてカウンターする側に回れたことが大きかったように思っています。香港でもハイランドリールというペースを作る側がいましたからね。おお、道中で一度突かれていた点も同様とは。

繊細な馬であることをコメントしている堀師。同馬主のダイヤモンドは凱旋門賞への準備を進めていますが、ひょっとしたら。…気性を考えるとないかな。ただ、秋の府中への適性を考えた場合(ダービー3着はありますけど)、別の目標を検討することは視野に入っていてほしいと思っていまして。BCターフ?


ゴールドアクターは復調成っての2着。グラスワンダーの血が騒いだ、部分もあるでしょうが、横山の中間のテコ入れが功を奏した様子。ハミにもたれて重心が前がかり、カラダが伸びたフォームになっていると分析。上体を起こしてトモを深く入れる練習を課したようです。パドックでトモの張りが変わってきたと見て取ったのは、そのエピソードを聞くと符合するところでございますね(レース後に知りました。。。)。

予想の上では、どうしても馬場の悪い内側を通らなくてはならないだろうと想定。その分評価を下げてしまいました。スタートから暫く、手を動かしていましたが、行き脚を比較して切り替えたのでしょう。先行する外の3頭(クラリティシチー、シュヴァルグラン、シャケトラ)の手応えをみながら、ポジションが下がった瞬間に外へ展開。キタサンブラックの後ろを取るところまで移動していました。直線では内をついて伸びてきましたしね。内大丈夫だし外出れたじゃんw とレース前の自分にツッコミを入れておきたいと思いますw


キタサンブラックの敗因分析。フジのアナウンサーは端的に馬場と言ってしまっていましたが、実際は要因が複合しているでしょう。11.1を深追いしなかったことの理由に馬場は挙げられると思いますが、先に書いたとおり、ここでイニシアチブを取れなかったこと、これがレース展開に受動的な対応を招いたと思われます。

大阪杯も天皇賞春も、ジャパンカップもそうですね、レース序盤に後続のペースをけん制できるポジショニングができていて、道中交わせそうで交わせないペースを作り出すことで自分のタイミングでラストスパートへつなげられています。今回はそれがすべて後手後手にまわってしまいました。サトノクラウンにも突つかれることにもなり、シュヴァルグランの作り出す後半のペースにお付き合いすることにもなり、早々に脚があがってしまう結果になってしまったのでしょう。

もうひとつ邪推。あるいは武豊は、このレース展開を受ける側に回ったときにどれだけやれるか、これを試す可能性をもっていたかもしれません。レース前から決め込んでいたというよりは、そういう展開になっても踏ん張れるのか、鞍下の力を計る、あるいは披露する狙いがあっても納得だなぁと。少なくともオーナーの側からは積極的に海外遠征、というニュアンスは伝わってきませんでしたからね。この「相手に相撲を取らせる」流れで勝てれば、名実ともに凱旋門賞遠征、という合意形成もできたかもしれません。

一方で、レースの追走に集中を欠いていたこと、パドックの仕上がりが前走ほどではなかった印象であること、プラス体重だったこと、このあたりからは、春の連戦で心身の疲労も大きかった、とも推察されます。予想の面ではそれでもイニシアチブが取れ、勝つことは可能、と見ていたんですけどね。

荒れ馬場+福永のけん制+受けに回った展開+連戦。そのすべてが重なって大敗につながったというのが現時点での見解です。やっぱり残念ですけどね。

レース後まもなく、オーナーの判断で凱旋門賞遠征は中止、秋は国内専念と発表がありました。天皇賞秋で見られるのは面白いと思いつつ、立て直しながら行ってもええんやで、という思いもございます。着順は衝撃的ですが、巻き返しは十分期待できるでしょう。まずは無事に。気持ちをリセットしてほしいですね。


負けた中ではシャケトラが面白いでしょうか。スタートから下げなかったことでの先行策。きつい流れを前受けした中では一番崩れませんでした。パドックの印象はサトノクラウンよりよいもの。まだまだキャリアも少ないですから、今秋、府中でどんなレースが観られるでしょう。夏に使うなら札幌記念でしょうか、この夏は休養に充ててほしいかな。


最後に。

3冠ボーナスがあったことがキタサンブラック参戦の理由の一端にはあるのでしょうが、馬のピーク時期から考えると、春と秋にそれぞれ3冠があることは過多といったほうがよいのかもしれません。さらに天皇賞春から宝塚記念までのレース間隔はやはり長いのでしょう。

このあたり、来年以降どのように変わっていくのか、変えずに進めるのか。昨年のジャパンカップからこちら、ふわふわ考えていることがありまして、まとまった言葉にしようかな。時間を工面してみたいと思います。

さぁ、本格的に夏競馬ですね。パークウインズ府中も好きなのですが、遠征もしたいなぁ。あぁ、その前に帝王賞がありました。当日現地に間に合うといいなぁ。…春競馬終わったな感を出そうと思ったら、間断なくレースがございましたねw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/1002-70fa157d