2017.07.01


ケイティブレイブが差し切るとは。

躓いて出遅れた時点で鞍上は「終わったと思った」そうです。クリソライトを中心に観ていましたから、個人的にはやったと思いましたよw アウォーディーを振り切ったところまでは完璧だったんですけどねー。

公式レースラップです。
12.6-11.6-12.5-12.8-12.6-12.4-12.3-12.6-12.2-12.8

控える選択肢にメリットが少ないであろうオールブラッシュがハナを主張。二の脚でじわじわ加速するクリソライトは1コーナーまでの長さと外枠を利用してゆったりと2番手に。それを見ながらアウォーディーはラチから少し離して3番手。このあたりはおおむね読める範囲だったでしょうか。

当日はずっと重馬場。湿度が高めで晴れ間が少ない分、なかなか乾かなかったのでしょう。前半のレースは行った行ったの傾向とみえましたが、10Rで内から4、5頭目を差す結果に。少し外差しバイアスか?というイメージを頭に入れつつ、外から被せて先行するクリソライトが直線そのあたりを通れるな、と予想。

ルメール、戸崎、武豊と、先行勢は深追いするラップをつくるジョッキーではないですからね、その外から差しが届きにくいラップになるのではと考えて、クリソライト本命にいたしました。

アウォーディーはソラを使う難しさとドバイ帰りを踏まえて評価を下げ、ケイティブレイブは先行策できついラップに巻き込まれた際に見劣りすると読んでいました。ね、差しに回るとはつゆほども思っておらず。概ね見立ては合っていたようですが、福永の対応力に感嘆すべきでしょうね。やられました。

アドマイヤマックスの高松宮記念もサクラローレルの天皇賞春も、先行勢が前々で粘るところを捉える印象的なG1。そこまで想像できないよなーw でも当時の映像を観なおしてみるとちょっと納得感もあり。経験が活きませんねw

カウンターの差しが嵌った面もあると思います。ダート中距離戦線は条件ひとつで勝ち馬が変わる、とはいえ低いレベルではない、という勢力図のまま秋を迎えることになりそう。…グレイトパールがクリソライトの外にはいっていたら、だいぶ迷ったでしょうねー。



当日はなんとか現地観戦できました。残り100m付近、ちょうどスタンドとスタンドの間あたりにおりました。ゴール付近が混む傾向がありますので、少し外して落ち着いて観られるポイントになっていますね。

すぐ横の会社帰りと思われる皆さまが「戸崎いくのかよ」「まじかよ戸崎のこるのかよ」と、前走の追い込みが記憶に残っていたのでしょうね、想定外的なぼやきを連発していまして、孤独のグルメよろしく「さげませんよー先行しますよー」と心の声でツッコミをいれておりましたw ちょっと楽しかったのは性格に問題があるせいでしょうねw

一方で、ファンファーレと実況の音声があまり届いておりませんでした。たまたまなのか、工事の関連で一時的なものなのか、もう少しクリアに聞こえると素敵です。



最後に。

今年初の大井競馬場でした。そういえば足を運べていなかったなぁと思いつつ、場内のグルメも含めて、一日のんびり堪能したくなっております。ゆっくり競馬したいなぁ。

毎週の重賞について極力書くようにしてきたのですが、時間の捻出を考えたときにこのペースを見直したほうがよいかなと考え始めています。まぁむやみに言葉数が多くなりがちな下手っぴさも原因ではあるんですけどね。あ、でも突出した「例外」を見たい癖には変わりありませんので、G1の回顧はしっかりやるつもりでいます。

まずは日々競馬を堪能する時間を優先的に。こちらの投稿はレース回顧に拘らず、気になったことを書いていこうかと思います。若干不定期になるかもしれませんが、引き続き、よろしくお願いいたします。

…書くことも習慣が肝要ですから、2週は空けないようにしたいですね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/1003-19b2d8a1