2017.07.12


盛況という結果、いちファン目線ではよかったという感想です。

セールの集計速報はこちら。2日間で173億はレコード。そしてやっぱりディープが図抜けていますね。
セール速報|SELECT SALE|JAPAN RACING HORSE ASSOCIATION

2歳の評判もあるでしょうか、オルフェーヴルとロードカナロアは検討しているように見えます。が、ディープへの偏りは顕著。ポストディープインパクト、なんて言葉遊びは遠くない将来、深刻に響いているかもしれません。その頃はどんなセールになっているのでしょうね。

先日クールモアがディープとの種付けに3頭の繁殖牝馬を準備するという記事を目にしました。ソウルスターリングに来年欧州遠征のプランがあり、JBBAは昨年のベルモントS勝ち馬クリエイターを早々に輸入しています。タピット、ガリレオ、ディープインパクト。日米欧のトップの血統はおそらく歴史上最も早いタイミングで越境し合い混ざっていく様相です。でも、このセレクトセールは日本人プレイヤーが日本の血統を買い支える格好になりました。…あー購買者の名前にあがっていないだけ?という資本もあるかもしれませんね。

当歳ではキズナとエピファネイアの産駒が登場。ダービーを競り合った2頭は種牡馬としても同じタイミングでスタートラインに、と感慨深くいたのですが、どうやらエピファネイアは2015年(ですので引退直後?)に2頭種付けの実績があるようです。へー。
種牡馬情報:世代・年次別(サラ系総合)|エピファネイア|JBISサーチ(JBIS-Search)

セール自体は仕事の合間にちょこちょこ結果を見る程度になりました。やはり購買側ではない分、「億いったかー」と眺めるような感想に留まっているのが正直なところ。自分なりにいいなと思う馬体もあったりしますけどね。見たなかではスカイディーバの2017かな。小堺さんがツイートしてましたね。


大きな話題はDMM.com の購買でしょうね。グループのプレスリリースにはまだ何も発表がないようですので、ITmediaのニュースや個人の書き込みなどを読んでおります。以下はITmedia。
DMMが競馬業界に参入 1万円からの一口馬主「DMMバヌーシー」 - ITmedia ビジネスオンライン

DMMバヌーシーという響きにやられているところですが(すごいっすねw)、1万口で募集、アプリで購入、ランニングコストもコミコミで一括支払い、という仕組みを目にした率直な印象は、クラウドファンディングっぽいなーというもの。

不特定多数からオンライン上で少額ずつ集めて商品やサービスを提供する、と言い換えて、その対象が競走馬になったと考えれば近しいように思いました。知識に乏しいのでさらさらと調べてみましたが、クラウドファンディングはリターンの仕方によって「投資型」「寄付型」「購入型」の3タイプに分類できるそうで、金融商品取引法の規制を受けない「寄付型」「購入型」が日本では主流になっているようです(「投資型」は業者の登録が必要)。

一口馬主も(厳密には愛馬会法人とクラブ法人)この「投資型」クラウドファンディングと同様の登録、法規制を受けるようで、今回のクラブ、DMMドリームクラブは既存の一口馬主クラブの仕組みと変わらないのかもしれません。ちゃんと調べろって感じですが。


まぁ、馬券販売の仕組みも、パリミューチュエル方式を採用して賭けを成立させる、ある種のファンディング(資金調達)ともいえそうですよね。数万の資金があって、キタサンブラックやジェンティルドンナの下に一口出資して楽しむか、馬券という仕掛けにそれを向けるか。多数の競馬ファンにとっては楽しみ方、消費の仕方に選択肢が増えた、という理解でもよいかもしれません。

個人的には予想の組み立てに面白さを見いだしているので、手元の資本はその馬券という形に費やしたいかな。

サービスのテーマを「投資やギャンブルではなくて感動体験の共有」としているそうで、仮に収支がマイナスだらけになってしまった際に今回の購入者がどのくらいリピーターとしてついて来てくれるか、そのモチベーションの持続が課題になるものと予測しています。…およそ傍観の態度ですなーw


競馬ラボの特集ページに高額落札馬が並んでいます。ノーザンファーム産の勢いはすさまじい限り。
セレクトセール・総力特集 | 競馬ラボ

こちらは上場馬一覧、年齢別で父馬順です。ほとんどの馬に常歩のムービーがあるのは素晴らしいです。
上場馬一覧|SELECT SALE|JAPAN RACING HORSE ASSOCIATION

このあたりを見ておいて、1年後2年後のPOGにつなげるならわくわく感も増すでしょうか。落札金額の大きさで盛り上がりつつ、馬体や動きの観察に時間を費やす堪能の仕方、…そんな時間の余裕がないような気がしてきましたw ずっと観ていたいですけどね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/1005-7e0bdc77