2017.07.30


2019年からなくなるようですね。

ファン目線では降級馬を狙うという端的な馬券戦略がなくなりますが、ものすごく強く依存して予想している人でない限り、なくなった後の競馬にはまぁまぁ適応できるのでは、と思っています。
降級制度の廃止によるファン目線、馬主目線の変更点 - netkeiba.com

廃止の狙いはどのあたりか、という議論は、以下の野元さんの記事が詳しいですね。有料記事ですが、そもそも馬資源の乏しい時代の施策であったという歴史的経緯から追いかけることができました。
なぜ「降級制度」の見直しを? 歴史的経緯と廃止の実現性 - netkeiba.com

どうやら、1頭の馬を長い期間走らせる、という思想は一歩後退しそうですね。条件で頭打ちになってしまうタイミングが早まり、それは競走生活で収支が合わなくなる時期が早まることを意味するでしょうから、馬主向けには新たな馬を買うことを促進する方向にシフトする、という仮説はわからなくもないです。

購買のサイクルを早めることは、競走馬を早期に仕上げること促進されるでしょうか。次の購入に合わせて早く賞金でペイしたいという思惑が強くなるならトレーニングのサイクルもまた早まるかもしれません。クラブ法人であれば短期的な収支は顧客向けのアピール材料になるでしょうし。

…うーん、あまりサイクル高速化という単純な図式では語れない気もしてきましたが、例えば馬主をそのままに地方へ移籍して活躍を期待するという仕組みもより太く必要になるかもしれません。移籍緒戦で東京ダービー、という問題でわっしょいやっているのは、どうにも不器用に映りますしね。マネーのサイクルが早まることのメリットデメリットは近視眼だけでない議論がほしいところです。

獲得賞金や近走成績だけでないエントリーの条件があったらよいのかな。種牡馬限定、だと不公平が過ぎますかねw


最近RTきっかけで調べたのですが、1800m以上のレースでは距離別出走奨励賞という奨励金制度があるんですね。競馬暦に対しては疎すぎるかもしれませんが、長距離レースへの補填を設けている制度設計は、距離のバラエティへ配慮する一定の姿勢をみることができます。

ルールの設定ひとつでゲームの面白さは削がれてしまいますので、都度の賢明な判断をお願いしたいですね。いくつか記事なりツイートなりをみた感想ということで。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/1007-2cf3950b