2017.07.31


アエロリットの逃げ切りでした。強かった。

1コーナー手前までにシャルールと雁行していたことで、逃げの選択は強くなったでしょうね。包まれないようにするにはこの方がベターですし。スタートから強くプッシュする所作は見えませんでしたが、2ハロン目が11.2ですから(もっと緩んだラップかと思ってました)ペースとポジションを深追いしないギリギリを攻めていたともいえそうですね。

その公式レースラップはこちら。
12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-11.9-12.1-11.5-11.9

シャルールが2番手で控えたこと、1コーナーまでにヤマカツグレースがポジションを取りきれなかったことも遠因にはあるかな、1、2コーナーで単騎逃げの態勢が整いましたので、リアルタイムで観ていてもレース前半で安心してみていたでしょうね(所用で映像はあとで確認しました)。

ストライドがゆったりめですから、馬群で立ち回った際にリラックスした追走ができるか、加速力で勝負できるか。課題は今後に持ち越した格好になったと思っています。でも、内枠からでも心配が少ないことがわかりましたから、これは秋華賞が楽しみになりました。

2着トーセンビクトリーはラストの加速に力強さが増したでしょうか。キングカメハメハらしくなってきたとも角居厩舎らしくなってきたとも。でも2着を確保できたのは枠の恩恵が大きい印象があり。東京は未勝利ですが、府中牝馬とか面白そうですね。

直線向いてからのヨレは鞍上が少し攻め過ぎたせいでしょう。ひとつ外のシャルールが下がったところに持ち出そうという意図だったのでしょうが、シャルールが頑張った分、直前のヤマカツグレースに早く接近し過ぎた様に見えました。トーセンビクトリー自身が鞍上のゴーサインと前に乗りかかるリスクの板ばさみになった結果、自分でカラダを捩ったというのが自分の見立てです。残念ながら鞍上はもっていかれている様子。ここは制御してほしかったですね。

マキシマムドパリはスタートダッシュに見劣りした格好。というよりヤマカツグレース池添がさっと前にはいっていましたから、その後手ひとつが痛かった。前走と変わらないスタートのように見えますので、1コーナーまでは少し距離のあるコースがよいかもしれません。

アドマイヤリードは展開スポイルのひと言。いわゆるノーカウントでよいと思います。前走が神騎乗でしたから、どうしてもマイナス要素を探しやすい人気馬になっていた認識です。同じ鞍上でいうならアンビシャスで臨んだ中山記念の負け方が近しいでしょうか。秋の巻き返しは十分と思います。



アイビスサマーダッシュも少々。

ラインミーティアのスタートから坂を登るまで、の鞍上西田のさじ加減。本人も決め打ちしたとコメントしていましたが、先行勢のスタートダッシュ、ものすごいですからね。あれを見たら間に合わないとあせるのが普通でしょう。経験からくる溜めは胆力の証ともいってよいと思います。

フィドゥーシアは1番人気にふさわしい進め方。すべて振り切ったところで人気薄に差されたわけですから力は示しました。2走前の春雷Sで9番人気だったことから考えれば、前年2着のネロを抑えての1番人気はちょっと過剰であったかもしれません。…逆か、2連勝からの重賞2着というステップアップこそ評価すべきでしょうね。

ネロは出負けとはいいにくいわずかに見劣るダッシュ。ハミがかりがうまくなかったでしょうか。あっという間に外からスピリッツミノル、フィドゥーシアに行かれ、一時は内枠のイオラニに1馬身近く出られる後手の展開。結果的にメリハリのないレースになってしまったようです。戸崎が慌てた部分もあったかな。もったいなかったですね。



最後に。

夜に録画していたフジの中継を観たのですが、一番予想が当たっていたのが小倉メインのダイアナヘイローという。ニシノラッシュは相手候補にいいなーくらい思っていましたから。ええ、買わないときに限って、というやつです。見と決めた自分がいるわけですが、何ともいえないですね。来週、ええ来週頑張りましょうw

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/1008-d3ddaa4f