2008.11.16

*本文がないままUPしてました。失礼しました。
 UPしますよ~。


…カワカミじゃないですかね、いろいろ考えましたが。

11時時点で小雨の天気。これから若干芝コンディションが悪化する可能性も
大きなマイナス要因にはならないと思います。


逃げるのはコスモプラチナ、あるいはビエンナーレでしょうか。
意表をついた大逃げになれば別ですが、
馬群を引き連れる常識的な逃げだと
おそらくは直線に入ってすぐにつかまるのでしょう。
思い切っていけるとしたら、勢いの差で皇成かな。

どちらにしても、スタートから好位につけて
直線押しきるような横綱ケイバができるのは、カワカミ、ですね。
これに対抗するには厳しいと思われます。
オースミハルカを上回るイメージが湧いてこないですし。

ただ思い切った逃げ馬は、3着に残っちゃったりするかも、
なので取捨は慎重にいきます。


人気のポルトフィーノは雨を歓迎しないでしょう。
また、道中ラップが落ちたときにきちんと折り合えるのか。
前走を見る限り、ラップの出し入れ(ペースの上げ下げ)に
器用に対応できるか、疑問符がつきます。

「素質はG1」という陣営のコメントは
能力を出し切れないウィークポイントを示しているはずで、
2番人気は信頼度よりも期待値、でしょうね。
でも馬体はいいシルエット。母エアグルーヴの薫りがします。


ベッラレイアは、復調途上というイメージ。
3歳秋の2戦時が一番充実していたのではないかと思います。
そのころに比べると、もう少し。
脚質的にも、もう少し。

あのときに秋華賞が取れていたら…。
あのときは本命でしたので、余計に思っちゃいます。


リトルアマポーラ。今年の牝馬クラシックは
このウマと(というより幸四郎と?)撃沈していました。
今回こそはチャンスではないかと思います。ん?懲りてないだけ?

ルメールは勝機を見出すために積極的かつ、
カワカミを射程に入れるような展開にしてくれると想像しています。
場合によっては、勝てるか?


ほか、挙げるとしたら。
外国馬では調整過程の差で、フェアブリーズ。
先行した場合、展開が向けばレインダンス。
終わった後でアスクデピュティ。


…やっぱカワカミかなぁw
いま最高にグラマラス・バディですからねw
穴を考えるだけ無駄か。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/102-01b71fea