2008.11.17
ポルトフィーノと武豊、無事だったようで何よりです。

皮肉なことですが、カラ馬で走る姿を見る限り
重賞をとるのは時間の問題のように見えましたw

また、カラ馬はノーカウントではありますが
併走している事実はあるわけで、結果、展開のキーになってしまったようです。
その辺の見解は後述しますね。

落馬についてうんぬんする向きもあるようですが
やむを得ない、という結論でよいと思っています。
きれいに落ちていなかったら、どんな惨事が待っていたことか。

毎度おなじみのお金返せ的な書き込みも
ちょいちょい散見できましたが
無事スタートが切れるかどうかわからない、という不確定要素に対して
リスクヘッジなしでお金をかけるわけですから。
だからギャンブル、なのです。
ルールの運用に不審な点はなかったと思いますよ。



反対に、今回自分はスタートからの積極策に賭けて成功しました。
自慢できますとも。リトルアマポーラ、本命にいたしました。
我ながらお見事でしたw
単勝はもちろん、1点だけ買った3連単が当たるくらいですから。
今年の牝馬三冠の負けを取り戻した思いですw

しかしルメールは思った以上に積極策でしたね。
1コーナーまでにカワカミの前まで押し上げました。
びっくりしましたねぇ。



カワカミの不運はそのアマポーラの先行策と
ラップ構成にありそうです。

逃げたコスモプラチナにカラ馬ポルトが絡んだことで
2コーナーで落とせたはずのラップが向こう正面まで早いままでした。
それを見越してか、2番手のビエンナーレが早めに控えたことで
2番手以降のポジションも早めに決まってしまったように見えました。

3コーナー過ぎまで基本的に動かなかったポジション。
カワカミはその流れの中で前につけたアマポーラを
追いかけるチャンスを逃した、と見えました。
横山は、坂の下りで早めに差を詰めにいきましたが
向こう正面でできた1、2着馬の差はゴール前で再現されていました。

3コーナーでラップが落ちた際に息が入ったとしても
それは上位馬にとっては同じ条件。
リスクをとってスタートから前に行ったルメールと、
粘りこんだアマポーラの勝利でしたね。



2月のクイーンCの日。別用で府中の近くにいたのですが
レースの少し前から強烈な突風が吹き荒れていました。
甲州街道は軽い黄砂状態。大きなダンボールが宙に待っていました。
そのコンディションの中、アレだけの差し脚。
印象深かったわけです。


また、1、2着馬を手放した形になった幸四郎。
誰も動かなかった向こう正面で真っ先に動きを見せていました。
4コーナーで一瞬前がふさがっていましたが
直線はインをついて瞬発力を披露。
今日の騎乗は気概が見えてよかったと思います。




なお、アマポーラはひなげしのこと。
ひなげしの花言葉を調べてみましたw
いくつも出てくるのが不思議ではありましたが、
一番多かったのは「慰め」。

このレースの様々な登場人物に当てることができますが
きっと、長浜調教師に向けられるのが適当な言葉と思っています。

管理馬アグネスタキオンに対する、穏やかな三冠宣言。
当時の語り口は、ホースマンとしての野心と
管理馬への敬意が混ざり合った響きがありました。

皐月賞後の蹉跌(さてつ)。夢のまま終わった三冠。
管理馬の脚と可能性を守りきれなかったその無念さは
同じく自身の管理する娘のG1制覇で、多少は「慰め」られたでしょうか。



回避したトールポピーの馬名は「背が高いひなげしの花」という意味で
オーストラリアでは「高額所得者・成功者」を指す言葉だそうです。

トールポピー陣営の回避決断に敬意を表しつつ
同じひなげしでも、小さなひなげしに期待し続けた自分のこだわりも
少し「慰め」られたような思いがしています。


…きれいにまとめすぎたかなw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/103-51a4f7ed