--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.01.13


2年連続、ただし2017年の方が圧倒的な説得力がありますね。文句なしです。

年度代表馬の票はどう割れるかなと思っていましたが、まさかオジュウチョウサンに3票とは。あ、とても肯定的な意味での驚きでした。投票された方のツイートも拝見しましたが、障害ファンの枠を超えたアピールとあの中山大障害、このあたりに重きを置く価値観で投じられた1票のよう。いやー感心してしまったというか、優先順は異なるもののとても納得する3票でした。

個人的には、まぁそのままといいますか、キタサンブラック1択ですね。名実ともに古馬戦線の中心であり続け、京都の高速馬場も府中のド不良馬場でも結果を残し、今年だけでG1を4勝。歴代最多勝に並ぶ通算7勝と歴代最多勝金獲得と。選ばない理由はないですものね。

「2017年度JRA賞」決定!年度代表馬はキタサンブラック号! JRA

2017年度JRA賞競走馬部門 記者投票集計結果 JRA

今年は部門賞のラインアップ、順当でした。割れたのは最優秀3歳牝馬でしたが、オークスの直接対決を制した分が大きかったでしょうか、ソウルスターリングに軍配が挙がりましたね。

最優秀2歳牡馬はすんなりダノンプレミアム。タイムフライヤーにもう少し流れる?とも思っていましたが。前崩れの分末脚が鮮やかに映った展開と、レースの評価がまだ定まっていないことも背景にあったでしょうか。

初期のNHKマイルカップがシーキングザパール、エルコンドルパサー、クロフネ等を通じて価値を高めたように、今後ホープフルをステップに名馬が出てくるようになればレースの評価も上がっていくのかな。ラジオたんぱ、ラジオNIKKEI時代の評価が高かったですからね。京成杯との近さは気になりつつ、今後に期待しています。…あ、牝馬が制することも期待したいですね。

最優秀古馬牝馬、エリザベス女王杯を差し切っていればミッキークイーンだったかもなぁ、というイメージはバッチリ思い入れの産物でしょう。ヴィブロスは国内未勝利ですからドバイターフに重きが置かれた結果。これは国内の活躍にとどまらず評価する視点が浸透していることの表れ、ですね。評価が難しくなる面はあるでしょうが、個人的には歓迎したい流れです。


えー、ほぼ毎年語っている、ベテランファンの世迷言ですが改めて。
・部門賞(最優秀~馬)と年度代表は別の基準で選定してほしい
 →年度代表馬はファン投票を導入してもよいのでは
・該当馬なし、という選択ができない制度設計にしてほしい

詳細は昨年の投稿で書いていますので、関心のあるこじれたファンの方は以下でどうぞ。
more than a DECADE 年度代表馬はキタサンブラック

昨年はこまごまとした私案を書いていましたが、現在も大きくは変わらないかな。各最優秀は実力やパフォーマンスを評価して。年度代表馬は多くのファンの心象が重なって。選出基準を分けてほしいと思っています。



最後に。

オジュウチョウサンが満票を逃したことで少しSNSも荒れていました。100点ではなかったことが何かしら美意識に触ったのでしょうかね。画竜点睛、的な。マイノリティーな意見をただ排除する類の価値観は議論の中心であってほしくないと思いつつ、どういう考え方で該当馬なしと判断したのか、確かに聞いてはみたいところではあります。

それよりは、「相対的に」2017年の最優秀馬を選ぶのに「該当馬なし」の意味がよくわかりませんのでね。…まぁ、満票ばかりの表彰ですと、予定調和が過ぎるといいますか、何らかの強迫観念が強いといいますか、必ずしも健全な選出ではなくなってしまうかもしれませんしね。

あーあと、最優秀短距離馬でイスラボニータに1票。どうやら柏木さんのようですが有難いですねぇ。もう1票足しておいてくださいw

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/1038-e5043912
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。