2008.11.19


…寝ないとしんどいのでさっくりと。

JRAが来年度の番組発表と、国際競走の大幅増加を発表しました。

国際化。日本のケイバは
レースや人は積極交流、馬産地は保護。
ふたつの相反する流れの拮抗が続いていました。

ダーレージャパンの日本進出。
売買という点での、国際マーケットからの孤立感。
パート1国への参加。
地方競馬の苦戦。
西山牧場の売却。


以前に比べて、外国馬や海外資本に対する
拒絶反応は減少しているように思います。
JRAは開放のタイミングを慎重に計っていたのでしょうか。

景気の問題も大きいでしょうね。


ともあれ、2010年には五大クラシックが
日本一を決めるレースではなくなります。

どのくらい実態を伴うかはわかりませんが、
さまざまな犠牲と影響を承知で
個人的には歓迎する流れと思っています。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/104-bbba6fb3