--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.03.11


スワーヴリチャードが何とか押し切りました。

逃げ馬が見当たらないメンバー構成。ならば、という作戦か、サトノノブレスが先手を取りましたが、そりゃまぁ的なスローで展開しました。デムーロもルメールももちろんそれを見越していたことでしょう。有馬記念の反省から、外々を回らされて後手後手にまわる結論だけは欲しくなかったようです。2コーナーから向こう正面ではかなり引っかかる素振りでしたし、折り合いという意味ではかなり不格好な内容でした。よく押し切りましたねぇ。

公式レースラップはこちら。
13.3-11.9-13.1-12.9-11.8-12.4-12.0-11.4-11.2-11.6

中盤の11.8が特徴的ですね。ここまで急激に上下したのかは何ともですが、スワーヴがノブレスに突っかけていったあたりですから、ラップにもそれが表れているようです。スタートで出していって、向こう正面で不用意に前に突っかけて。この展開で最後まで逃げ粘ったノブレスと、それを最後に捉えたスワーヴと。今回は前にいった2頭のパフォーマンスを褒めるべきでしょうね。

とはいえ、スワーヴのパフォーマンス、特に折り合い面は次につながる内容だったかというと、これもなんとも。。。 本番の大阪杯でも同様の折り合いなら、盤石とはいいにくいように思っています。鞍上の技術あってこそ破綻しなかったと受け取っていますが、その鞍上もペルシアンナイトとどちらに乗るか明言していませんしね。これで乗り替わりだとますます盤石とは。。。

勝ち切ったことは馬の地力。大阪杯の予想ではその点を踏まえてにらめっこすることになりそうです。


サトノダイヤモンドはなんとか格好をつけた3着。中間の調整を不安視する声は最終追い切りを終えてなお消えませんでした。1週前追い切り、加速力の差でジャンダルムに遅れを取っていましたしね。

でも当日のパドックの映像では、少し肩まわりの動きに固さを覚えましたが、十分乗り込んだという馬体と見て取りました。言われるほど悪い出来ではなかったと思っています。

自分なりの仮説ですが、おそらくはトモのパワーが戻り切らなかったのでは、と。肩の固さは後ろをフォローするために前で踏ん張ってトレーニングを進めた結果と想像しています。全部自分の見立てですから、実際はわかりませんけれどね。池江師は比較的情報をオープンにする認識ですが、わざわざウィークポイントを公開することもないでしょうから。こうした点は受け手であるファンが汲み取って予想するポイントと思っています。

ちょっとパワーの要る中京の芝。逃げ馬らしい逃げ馬不在。見え見えのスローからパワーで加速しなければいけない条件は整っていました。はい、敗戦覚悟で応援していましたよ。こういうつらい応援もありますね。。。

そして、想像以上に直線の登坂で手こずったでしょうか。11.2のラップで、登坂しながら前を追いかけるにはパワー不足だったようです。ラスト1ハロンの脚色、そしてメンバー最速の上がり33.7はスタミナ切れを否定するそれでしたから、やっぱりパワーで急加速するのは苦手なタイプ、ということが鮮明になってきたと思っています。

そうですよね、きさらぎ賞、菊花賞の鮮やかさはこれで納得できますし(京都の直線はフラットですものね)、登坂がありつつもパワーより切れを要する良馬場だったダービー、神戸新聞杯での苦戦は登坂+パワーと考えればこれもまた納得。そう考えると、有馬記念はよく勝ち切ったなぁ。

…距離の問題で天皇賞が選択肢に入らないとなると、春の適鞍が見当たらない気がしてきました。いずれも阪神の内回り、まして宝塚記念は梅雨時期で馬場悪化の可能性が高いですし。直線が長くてフラット、…、新潟かw あとはロンシャンやシャティン、メイダンあたりになりますでしょうか。

ドバイミーティングには日数が足りないとして、大阪杯からターゲットを変える柔軟な選択をお願いしたいですねぇ。

そして大阪杯だった場合の乗り替わり問題。ルメールはレイデオロでシーマクラシックですから、ワンポイントリリーフを探すことになりそうです。誰が適当でしょうね。個人的にはユタカさん最適と思っているのですが、同じくドバイ遠征が決まっていますし。。。田辺なら、面白いですね。超思い付きですけどw



最後に。

今年は3/11が日曜日、14:46はウインズに向かう途中の電車内で迎えました。黙とうという表現はなく停止訓練というアナウンス。当事者の皆さんの中には諸々の復旧や解決までまだまだ道半ばという方も少なくない認識ではおりますが、東京の車内アナウンスには過剰な配慮でも忘却でもない、程よい距離を感じた次第です。

福島競馬の再開初日、現地入りしてましたね。当日のメインは福島民報杯、勝ち馬は先日引退が決まったヒットザターゲット。現役生活、長かったんだなぁと。お疲れさまでした。当時の記録を眺めつつ改めて感慨を覚えているところです。
11R 福島民報杯|2012年4月7日(土)1回福島1日|JBISサーチ(JBIS-Search)

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/1047-6fe570d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。