2008.11.29
JC

追いきり映像をひととおり見ました。
ちょっと、すごすぎですw
今年最大のG1になる予感がしています。
各陣営とも、有馬記念のことを考えているのかしらw

まずは、その感想をざざっと書き散らします。



ウオッカはスイッチが入りすぎている印象です。

岩田が一週前追いきりに。比較的ソフトな内容に見えましたが
そもそもジョッキーが乗るべきだったのか。
このあたりは結果論でしか語れない部分ですね。
当日、心身のバランスが取れているか。ポイントになりそうです。

ただ出来はスゴイ!今期イチバンの仕上がりかもしれません。



凄まじきはメイショウサムソン。

重厚かつキレのあるアクション。
テイエムオペラオーのイメージがぱっと浮かびました。

…同父だよ、という知識が後から思い浮かぶ感じ。
いや、オペラオー以上の迫力かもしれません。
サンデーのような短期間にスカッと仕上がる血統ではないですが、
超一流の中距離ノーザンダンサー系の好調時の印象です。

昨年の天皇賞(秋)以上の仕上がりかも。



ディープスカイも十分な動き。前走以上に見えました。

坂路の前半、あの勢いではいって後半のラップも無理なく維持する、
理想的な追いきりと見えました。
しかし、上記2頭とは迫力に若干の差が。
とゆうか、2頭が破格にいいだけなのです。
チャレンジャーの分、前走よりレースはしやすいかもしれません。
前々日1番人気?なぬ?


グラスワンダー二騎はそれぞれで絶好調。

スクリーンヒーローは終い重点でしたが、闘争心あふれる感じ。
わずかなアクションでじわーっと併走馬を交わす具合は好印象でした。

オースミグラスワンはマッチョな追いきりw
パワーの量で一気に駆け上がった印象。
こっちのほうが親父似ですね。



マツリダゴッホは評価の難しいところ。
追いきりの様子を見る限り、左回り自体は悪くないと思いますが
右回りかつ小回りがおそらくベターなのではないかと。
中京はたぶんダメ。それよりはゆったり回れる東京、という印象です。
有馬記念を見据えている数少ない出走馬でしょうw


ダイワワイルドボア。
追いきりを見た瞬間、来年が楽しみだなとw
もっとよくなりそうな気配がしました。




…展開を考えるのはこれから。
外国馬の評価もこれから。
とりあえず各馬の仕上がりからワクワクしているところです。

どの単勝を持つのが一番楽しいか。
そこを焦点にあれこれ考えていくつもりです。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/108-fffea6b9