2008.01.28
タイトルは、毎週読んでいる「Gallop」の読者投稿欄の名前です。

ここに、「馬場状態の数値化を」という投稿がありました。
それに対する反論も投稿されています。
いろいろ思うことがあったので
思いつくまま羅列しておきます。


・おそらく論旨は馬場状態ではなく、フェアな舞台でG1を開催してほしい、というもの
・その対策の一例として、馬場状態をわかりやすい情報にしてほしい

・馬場の含水量以外にも、芝の根つきとか密度とかも大事なファクター
・てっとりばやく正確な情報を、というのは

・ウマを見て馬場を見てデータを見て
・その手間と得られる感覚値が、自分の予想=楽しみかと

・予想ファクターが豊富に与えられる→類推の少ないゲームって

・中山は逃げ切りばかりと言うけれど
・東京だって早目から粘りこむウマが結構連対

・1枠しか勝てないコースなら問題だけど
・ゴスホークケンだって強かった

・コース形態を整えないとでてこないチャンピオンではさみしい

・だからディープやルドルフは尊いわけで

・でも意見自体は大事だと
・馬券の腹いせではないと思っています

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/11-1f870560