2008.12.07

行きがけの新幹線から
見事な富士山を見ることができました。

それだけでフジキセキ産駒を選んだわけではないですよw
屈腱炎による長期休養の向こう側など
安易に期待できるものではありませんから。


現地入りしてもなお、直前まで絞らなかった予想。
最終的にカネヒキリを本命にしました。

そりゃあもう、パドックで見た、すげーケツ!
返し馬も、痛いところを気にするそぶりはなく。
そして、ルメールのそつのない騎乗に期待して。


しかし、うまくいくときはホントにうまくいくものですね。

2コーナー。先行した3頭の後ろに、内から
メイショウバトラー、アドマイヤフジ、カネヒキリ、カジノドライヴの順。
フジは前の3頭が蹴り上げる砂にやられた様子。徐々に位置取りが下がります。
メイショウも3コーナー付近で失速。しんがり負けでした。
結果カネヒキリは、2頭分ガラ空きになった、好位のインをスムースに確保。

そして4コーナー。目の前の逃げウマが膨らんだスペースへ首をねじ込んで直線。
内から2頭目を割って出る、有力馬の中で最もロスのないコース取りができました。
「カネヒキリの前が開いた?!」思わず声に出ましたよ。
イーグルカフェを思い出しました。フランキーマジック。


…陣営の苦労も大変なものだったと思います。
患部が落ち着いたとしても
痛みをおそれて手加減した走りをしてしまっては、レースを勝ちきることは難しく、
反対にあまりに手加減なしだと、患部が悪化してしまうリスクが増えます。

にもかかわらず、あの調教量。ケツに感動したのはそんな背景込みです。
2年半の一進一退は本当に長かったと思います。
頭が下がります。チームスミイ、お見事でした。




その他の有力馬について。

残念なのはヴァーミリアン。というよりその鞍上。

レース後のコメントに、外国馬がコーナーを曲がりきれずぶつかってきた、とありました。
初めての日本、初めての右回り。内にいる外国馬が膨らんでくることは
程度の差はあっても、事前に想定できる範囲ではありませんか。

まして阪神ダート1800mは先行有利。
サクセスブロッケンより好スタートを切った時点で
アドバンテージを取りに少し先行すれば、外国馬と併走する必要はなかったはず。
折り合いに不安のあるダートチャンピオンではないですよ。

3コーナーからの大まくりは、位置取りのロスから生まれた
挽回策であって、ベストな戦略ではなかったと思っています。

…心を鬼にして。ヴァーミリアンの力を計れている鞍上なら、
乗り替わりでなければ、勝っていたレースだと思います。



サクセスブロッケン。厳しいケイバを自分から招いてしまいました。
ラップタイムを見ると、ティンカップチャリスをかわして先頭に立ったところ、
3コーナー過ぎに捲くられたところ、スタートダッシュとあわせて
計3回、自分でラップを上げる展開に。
息が入らず加減速を繰り返せば、そりゃあ直線失速はやむを得ず。

パドックでも前を歩くヴァーミリアンに格負けしていた印象でした。
陣営は意識していたでしょうか。少し間隔を置いて歩いてみたりしてましたね。
精神面も含め、これからなのでしょう。期待しています。


カジノは善戦したほう?という印象です。
カラダが出来上がるのは、むしろこれからでは。
芝適性も含めて、仕切りなおしてほしいです。


メイショウトウコンはデキのよさと、鞍上の度胸。
あのコースで決め打ちして最後方はさすが。
ヴァーミリアンの動きを待って、仕掛けたように見えました。
3着だったら3連単取れてたんですけどね~。でもお見事。

どうも、このコース。ペースが両極端なときは捲くりが効きそうな感じですね。
現地で見ててそんな印象を受けました。
来年以降の参考になりそうです。



阪神ダート1800mという舞台設定に
戦前はだいぶ首をひねっていたのですが、
G1を開催するのに遜色ないコースと、評価が変わっております。
(北米のウマにとっては逆周りなのでかなりアレですけど)
ナマですごいの観たせいでしょうかねw



…最後に。
カネヒキリ、現役続行らしく。
一ファンだからこそ勝手に思うところなのですが、
有終の美、でよいのではないかな、と。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/112-a469592e