2008.12.15

JRAのホームページでも、Gallopの巻頭カラーでも
ゴール前の、耳のたった姿がすべてを物語っています。

ブエナビスタの圧勝。
それ以外は語られなくなってしまうようなレースでしたね。

勝ち方の種類としてはドリームジャーニーのそれでしょうか。
ディープインパクト、と例えるにはまだ早いような気がしますw
時間の問題、かもしれませんが。

リーチザクラウンといい、
父スペシャルウィークを評価しなおさないといけませんね。
そう、シーザリオを出してるんですよ。



自分の予想。相手を間違えました。
この時期にしては発汗していたアディアフォーンを
外したところまではよかったのですが、
メイショウボナールが気になってしまって。。。
ワンカラットを残したりしていたため、相対的にダノンをきってしまいました。
調教がよかったのはわかっていたのに。

国枝さんといい、ブラックエンブレムの小島さんといい、
栗東で調整する経験値が、少しずつ実を結び始めていますね。



収穫といえば福永。おそらくは色気を持って前に行ったのでしょう。
人気を背負った上で、勝負のために前に行く
福永を確認できたことはよかった。
柔らかく、徐々に前に押し出していたようです。
コースも意味合いも違いますが
成功したら「ベガの桜花賞」のような見ごたえになったかもしれません。

ただジェルミナルは、それでもダラッとスタミナを消費してしまいました。
勝ったウマとはスケールが違ったということでしょう。
まだまだ良化の余地はありそうですね。



勝ち馬が、全力を出す必要がなかったあたり
レースのレベルはG1ではなかった感じがしています。
レースレーティングも、ブエナビスタへの期待値を反映するほどには
あがらないと思われます。

レーティングでは、そのウマのポテンシャルは表現しづらいでしょうし。
もともとそういう趣旨の数字ではないですしね。

2歳G1が不要という声も時々聞かれますが
G1という看板が、すべからくレースレベルを保障するものでもなく。
こんな年もあるのでしょう。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/113-6d1c0c1e