2008.12.18
G1真っ盛りなのに、現地で聞いた実況を不意に思い出し
南関東のストリーミングをあさるというw

調べると出てきますね。
2004年の大井。JBCにあわせて開催された「第1回TCKディスタフ」。
勝ち馬はプルザトリガーで、鞍上は今をときめくw内田博幸。
http://www.nankankeiba.com/result/2004110320160609.do


レースの見ごたえもさることながら、実況の力の入り方。
第1回ということでレース前から気合が入っていた覚えがあります。

上記リンクの「レースリプレイ」にて実況を確かめてみてください。
ボルテージの上がり方と流れるようなストーリー性が、もう素晴らしい!
ゴールへ向けて見事なクレッシェンド!!
最後は音割れてるし。「プルザトリガァァーーッ!!


思えばこの実況をされた及川暁さんには、いろんなレースでお世話になってますね。
テレビだけじゃなく、競馬場の実況でもあるので
現地の場景といっしょに響くんですよね。
それでなくても、インパクトあるのに。

wikiの名言集が、また、愛があるなぁw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8A%E5%B7%9D%E6%9A%81



今は中央の地上波(フジ系列)の実況も
なかなか個性が出にくく。

自分の印象ですが、実況を担当された方にそのレースへの思い入れがあるほど
実況はひかりますw
思わぬ迷言や、思わず気の聞いた一言など。
あぁ、馬券はずしたな、みたいなw

印象が強い実況なんかも書いていこうかな。





近々の話もちょこっと。

武豊の右腕はどんなものでしょうね。
ブレイクランアウト、リーチザクラウン。
年末に向けて、いいウマが待っていますからね。

個人的には、東京大賞典。どっちに乗るのでしょうね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/114-8554ab01