2008.12.21

…タイムがそんなに早くないんですよね。
中間のラップも特に厳しいわけではないのに。

確かにこの土日の芝レース、34秒台前半の上がりは
見られなかったようです。
端的にレースレベルが低いというよりは
それだけのパワーが要る馬場だったのでしょう。


内をすくわせたら岩田は上手いですね。
着差を考えると、内にこだわるスタンスは正解でした。

しかし、グラスワンダー産駒。
オヤジの豪快な外まくりからすると
ずいぶんイメージが違っており。。。
今日その外まくりをやったのはマル外のブレイクランアウトだったという。


シェーンヴァルトはぶつけられたか、スタートから後手を踏む展開。
それにしても消極的だな、と感じていたのですが
一つ前のレースで鞍上が降着処分に。
その影響はあったかもしれません。

まぁ、中山1枠のトニービンはいいイメージがあまりなく。
オヤジの皐月賞なんかひどかったですしね。


個人的にはトレノパズルから予想して
なにもなく。。。
走ってくるウマだとは思っています。




しかし、出走馬の能力・評価が拮抗するときは
「好位のイン」を取れるウマを探すのが
セオリーといってよさそうです。
以前のサンデー産駒のような、直線の切れ味のみで
重賞を勝ち負けするような光景は
あまり見られなくなってきていますね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/115-748c04e3