2008.12.30

昨年に引き続き、現地へまいりました。

L-WING(新しいスタンド)付近はかなり込んでいましたが
4コーナー近辺は、わりとまばら。見やすかったですね。
ちょうどヴァーミリアンがカネヒキリに馬体をあわせにいったところを
ド迫力で目撃いたしました。


…しかしチーム角居というのは、すごいですね。
パドック。カネヒキリが出てきた瞬間には
あきれとも畏敬ともつかない笑いが出ました。

前走、JCダートは生で観戦しています。
あのときのケツ、もといイメージから、どんな馬体になっているのか。
屈腱炎のことがありますから、仕上がりが維持できているかを
ポイントにパドックで待ちかまえておりました。

もうパンパンwすげー仕上がりw
ものすごい澄んだ目で、ものすごい外側を、ものすごいスピーディに
のっしのっしと歩いておりました。
仕上げに躊躇なし!ていうか、上昇ムード!
このキャリアで上昇ムードとはw一頭だけ目立った動きでした。


その他。ヴァーミリアンは堅実な状態維持といったところ。
やはり惨敗の画は考えづらかったですね。
サクセスブロッケンはまだウマが若く。
上位2頭とは筋肉量で見劣りました。これからこれから。
ブルーコンコルドは体型が若干崩れているように感じました。
応援している分、少し寂しくもあり。

気持ちを入れて歩くのにいい加減疲れたのか、
途中から軽くハミで遊び始めたカネヒキリを見つつw
ルメールが勝負のためにヴァーミリアンの前に位置することと、
パドックの見栄えを信じて、
カネヒキリを本命にしました。



レースは超スローに。少頭数だとこうなりますね。

フリオーソが無理してでも前に行かなかったのは
おそらく勝負に参加する意思が少なかったからでしょうね。
中団に位置した時点で着拾いはほぼ確定していたはずです。
雌伏の時、ということだったのでしょうか。

ボンネビルレコードは
包まれるの嫌って若干外に持ち出した武豊を見て
1コーナー手前で内をすくって進出しました。
スローを見越しての対抗策。瞬時の判断はお見事でした。

サクセスブロッケンは2番手の展開。
内田は次につながる最善の乗り方と思いました。
ただ、控える内容を求めた陣営はこれで満足したのでしょうか。
横山が乗り替わる意味が、こちらには伝わってきませんでした。



大井の2000mで上がりが35.4というのは
聞いたことがありません。史上初?でしょうか。

4コーナー。カネヒキリはヴァーミリアンを待っていました。
馬体をあわせて瞬発力勝負。
ルメールの戦略は早い段階で固まっていたことと思います。

直線で要求されたのは、どちらかといえば
マイラー的なパワフルな加速力&持続力。
今年のフェブラリーSで距離短縮が若干不安、と
報道されていたのを思い出しました。
ヴァーミリアンはその分の負けでしょうか。

ただ、直接対決で連敗。
この結果はなかなか大きいですね。




カネヒキリの鞍上はこの後どうなるでしょう。
ルメールの短期免許は1/28まで。
短期免許のはしごでしょうかw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/120-22294a3e