2009.06.11



買ったのは月曜なのですが、安田記念の結果以外は
ついさっき読みました。

今週はいろいろ琴線に触れる記事があったので
さくっと列挙しておきます。


・ダービー回顧
横山のインタビュー記事。ゴール直後の武豊とのハイタッチについて、いい感じで触れていました。


・種牡馬の馬体診断
エイトの鈴木由希子さんが12週にわたって1頭ずつ取り上げてきたのですが、今週は12頭まとめてドン。骨格から筋肉から体質から鼻の形から。得意にしそうなタイプの厩舎まで。週刊なのにヘビーな内容です。ステキ。


・GI馬の牧場を訪ねる企画 ~ノーザンファーム
育成部門の2人の厩舎長がノーザンファームの黎明期にたずさわった母仔について書かれてあります。まさかそんな立場の方に影響を与えていたとは。奇跡のダービー馬。自分好みの「あのウマ」のことでしたw


・World News
これは長く続いてるコラムですね。アメリカの競馬場もスポンサー探しが大変なようです。


・ウオッカのグラマラスボディ
安田記念のゴール前写真です。まぁ、グラビアですねw


・Gallop抄
目次にある編集の方の短評です。日本のファンにスクラッチがなじむかは微妙ですね。




なお、この時期ですからメインの特集はがっつりPOGです。
最近は雰囲気をなぞる程度にしておこうかな、と思っていますので
ふつうに読んでいました。

いや、ワクワクはするんですよ。
このウマいいなー、デビューは秋かぁー、みたいな。
記事を読めば楽しみに待つこともできますから。

なんというか、いまいまの特集は青田買いすぎるきらいがあって。
一走二走してからでも遅くないと思ってるくらいですので。

昨今の強すぎるゲーム性もあまりなじめず。
肝心のレースの観方に変なフィルタがかかっちゃうんですよね。

どうやら雑誌の売り上げに結構な貢献をしているらしく。
あおってあおってファンが慣れて、同じ土地を同じように耕し続けた結果
出がらしにしてしまうなら、POGももったいないな、と。

POGであおらなくても、2歳馬の調教タイムをびっしり書き込まなくてもw
さっき列挙したようなボリュームはありますからね。
これは誌面の充実といっていいと思うのですが。



ファンの楽しみ方が単調になっているのかな?
いやいや、こんなやつもおりますよ。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/147-11db1933