2009.06.15


いや~強いですねw
改めてウオッカを堪能中です。あははは。
タイトルはネコ飼ってるせいなのか、酔いが回ってるせいなのか。

映像は安田記念。
お供は、はい、こちら。
ウオッカをロックで


何を飲んでるかは、言うまでもないでしょーw
明日は仕事じゃないかって?代休代休w
ばっちり休みますよー。なわけで、安心してロックで。
おいし~いです。あははは。



見たかったのは直線進路を見つけて抜け出すところ。
ディープスカイを捉える手前で一回フラついた理由。

正面からの映像を改めてみると納得でした。
直接の原因はスーパーホーネット。

藤岡はおそらく1頭分の間隔を置いた向こうにいる
サイトウィナーに併せる右ムチを打ったのでしょう。
まさか、ムチを入れるまでのわずかな時間でウオッカに入られるとは
想定できなかったのではないでしょうか。

藤岡の右ムチに反応してホーネットが左に寄った結果、
ちょうどサイトウィナーとホーネットの間を抜けようとしたウオッカへ
ショルダーチャージする形に。

抜群の瞬発力を発揮したがために
ウオッカはかえって弾かれる格好になったしまった、という見立てですね。

…はい、贔屓目です~w
それでもウオッカは勝つんだよー強いでしょー、みたいなねw
やっぱまわってるな~。あははは。
強いんですよ、上のアレなお飲み物。
お酒のせいにしたな~w

後は映像のままですね。強かった。
決定的にひるむことなく立て直して、差し切りました。



武豊のコメントにあった「安全策」とは
直線に向いてから仕掛けるまでの間、でしょうね。
残り600mハロン棒過ぎのタイミングであれば
ゲレイロとリキシオーの間をパスできたように思います。
(それだとちょっと早い感じしますけどね)

アルマダがタイトに4コーナーを回ったことが、
負のスパイラルの始まりだったでしょう。
これで斜め外への進路がなくなり、その間に内からディープスカイが。
内から並ばれたことで、さっきのゲレイロとリキシオーの間は
ディープスカイに奪われました。
こうして内も外も前方の進路がなくなり、あの状況が生まれたようです。


空回るウオッカに対して、鞍上は落ちすぎてやいないかい?
もうこれはアンカツが桜花賞で見せたような(オークスじゃないですよ)
経験に裏づけされた老獪さといえる気がします。
勝負への脂っこい執着さに欠けるとも。
…うむむ、違うか。
脂っこい渇望を口当たりよく調理しているのかもしれませんね。




そういや、何のつまみも用意せずキュッといただいておりますね。
ちょっと探してみたらポテコがw
ポテコをバカにしてはいけませんw
が、今度は何か用意するかな。チーズ系とか?

ちなみに、その楽しみは秋に持ち越しと思っています。
というより、秋にレースを使うならそうなるだろう、と思っています。
さてさて、いかがなりますか。

自分の見立てはともかくとして
いまいまは陣営の胆力が試されているところ、ではないでしょうか。
3歳時の挑戦よりは安心して結論を待っております。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/149-1c345e50