2009.07.25



サラブレモバイル、いいタイミングで企画してます。
2009年のリーディングサイアーをいまいま予想しましょう、という。


…いやー無理でしょうw
と思いつつ、確たるデータはないかなー、と
netkeibaのリーディングサイアーランキングの頁へ。

7/19時点の順位ですが、おそらく上位6頭のうちのどれか、かなと
当たりをつけました。以下、その6頭を1位から順に。

マンハッタンカフェ
シンボリクリスエス
アグネスタキオン
ダンスインザダーク
クロフネ
スペシャルウィーク



この中で、昨年(通年)との比較で「EI」に注目すると
現在3位ながら、アグネスタキオンの値が1.93→1.20と
ずいぶん落ちているのが目に付きます。
出走頭数に対する勝利数も同様。

今年の通年で比較した場合どうなるかはわかりませんが
やはりダイワスカーレットの引退、そして
ディープスカイに続く有力産駒の不在が大きいのでしょう。
重賞勝ちも昨年14勝ですが、今年は現時点で2勝ですし。
昨年の勢いがないのは数字にも表れていますね。



対極にあるのがマンハッタンカフェ。
同様の比較で「EI」は1.12→1.67。
重賞勝ちは昨年4勝から、今年は現時点でもう5勝。
さすがリーディング、伸ばしてますねー。
ただ、個人的な印象でしょうか、ジョーカプチーノ以外があまり浮かばず。。。

…調べました。あー、なるほど。
アントニオバローズ、アーバニティ、ベストメンバーでした。

マンハッタンってこう、みたいな特徴的なイメージが
いまいち固まっていない印象はあります。
重賞勝ちに牝馬が1頭もいないですし。
まぁこれはやむを得ないか。

おそらくレッドディザイアやヒカルオオゾラが
重賞とってG1に出てくるようだと初リーディングが
かなり見えてくるのかなと。
アントニオバローズが菊花賞とか。むーん。




なんとなく目についた数字をつらつら書いてきましたが
獲得賞金順でリーディングが決まる以上
重賞戦線の動向が結果を大きく左右するわけで、
分析のベクトル、あってた?

ブエナビスタが海外遠征するとなると
おそらくマンハッタンカフェとシンボリクリスエスの
どちらかが有力といえそうですね。



で、そのどっち?
自分は3歳有力馬の差で、マンハッタンカフェかな。
堅実すぎる予想か。




最後に。アドマイヤベガのEI、2.45。
エルコンドルもこんな数字になっていた時期がありますが
やはり惜しいですね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/169-03c22feb