2009.08.02

…スマートギアが除外ですか。
ちょっと楽しみが減りました。

リピーターの多いレース、という分析が飛び交っていますが
ではダイシングロウを信頼できるかというと。。。

またトップハンデを背負った実績ある牡馬、が勝ち切ってきた
レースという分析もありますが、今回それはエリモハリアー。
近走の成績、そして小倉でのレースは2004年7月以来という。。。

確たるレースの軸がいないと考えると、例年とはラップも展開も
変わってしまうような気がしています。




参考にしたのは、土曜の高千穂特別。
3ハロン目で先行馬のラップが落ちませんでしたが
過去のレース結果を見る限り、これは小倉2000mの特徴のようです。
まぁ、3ハロン目まで直線の部分ですから、スピードは落としにくいか。

残り1000m過ぎから12秒を切るラップが続きましたし
先行馬2頭には厳しい流れ、だったでしょうか。
ラスト1ハロンが12.5まで落ちたところで
ロベルト系のムタファーウェク産駒がぎりぎり届く展開。
ん?この感じは中山?福島?
いやいや、1000万条件のレースひとつで
イメージを決め込むのは、ね。

勝ちタイムが1:59.5で、3番手のロードアルファードが3着に粘りましたから
単にパワー重視の馬場ではなさそう。
持ちタイムやかるいスピードも考慮する必要がありますね。





で、小倉メインの枠順を眺めると。
…やっぱりわかりませんw
最近着目するポイントがずれまくりだしなー。

今回は追い切り映像を見た結果、コスモプラチナがいいなとは思っています。
そうすると、逃げ残りをイメージすることになりますが
どうなの、自分?

ニルヴァーナが大胆に主張しない限り、先手は取れると思うんですよね。
ただ、そのニルヴァーナの追い切り映像が
RACING VIEWERにはないのですよ。どうした有料サービス!
昨年も夏に結果を出しているウマだけに気になるところなのです。
熊ちゃん、どう乗りますかね。

差しウマでは、ホッコーパドゥシャ、マイネレーツェル、クラウンプリンセスあたり。
トータルすると「夏は牝馬」の格言に従う感じでしょうか。
でも、3着まで考えるとダイシンプランは押さえないと、かな。



穴はアンノルーチェ。
エヴァンゲリオンの再放送を観ていたからではないですよw
前走の勝ち方、前走から4kg減の斤量、そして乗り替わりの妙。
前走と違う戦略が求められるイメージでいますが
重賞初挑戦の鞍上がどう組み立ててくるのか。

元ジョッキーの調教師ならではの起用、でしょうか。
あくまでファン目線で、面白い試みと受け止めています。

しかし、アンノルーチェの追い切り映像も
RACING VIEWERにはないのですよ。もう、どうした有料サービス!
予想がまとまらんぞ、ホントに。




…あー、小倉の中距離で和田のラップ・イニシアティブか。
それは確かにコワい。

それだけ考えれば予想終わり、かも知れませんね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/173-1f24e4e6