2009.08.30



しらかばS、マチカネニホンバレは残念でした。
向こう正面あたりでの追走しているフォームがなんとも。。。
固いというか、伸びきって走っているというか、
本調子ではなかったのかな。

差し脚でいえばオーロマイスターの展開のほうが
先が楽しみな感じがしました。やっぱりダート得意なのね。

そして勝ったのは3歳馬。エーシンモアオバーは
前走、千歳特別の再現みたいなラップ構成ですね。
タイム短縮は斤量の分だけでもないような。




そして、先週の3歳重賞。
レパードSは内容濃かったですね。

後方待機したシルクメビウスと上位4頭は
3歳の中ではちょっと抜けた評価でよいと思いました。

週明けにあれこれレース評を読みましたが
真夏のダービー、日本版トラヴァーズSになるのでは、という声が。
これには違和感があり。

本場の開催地、サラトガスプリングは避暑地ですからね。
端的に、夏の新潟は暑いでしょうw
日本の夏は調整難しいでしょうし。
レパードSに合わせた結果、秋から年末にかけてのG1に
調子が下降線では残念な限りで。

遅れてきた大物が頭角を現す、という意味なら
いいんでしょうけどね。

個人的に日本のトラヴァーズSは、大井の黒潮盃というイメージ。
ここ数年の勝ち馬では、ボンネビルレコードが有名でしょうか。
今年は牝馬でしたね。





さて、トランセンド。期待通り?期待以上?
ハイペースを好位追走からねじ伏せました。
やばいですねー。これにテスタマッタが加わるのか。
なんというか、ほんとに盛岡でG1復活しようよw



南部杯から始動する予定のテスタマッタ。
同じくエスポワールシチー、サクセスブロッケン。

JBCクラシックから始動予定のヴァーミリアン。

ラヴェリータはダート路線に戻ってくるでしょうか。

有力馬が収斂するであろう
JCダートがめちゃめちゃ楽しみになりました。



なにやら阪神ダート1800mは
味わい深い舞台設定になりつつありますね。

阪神競馬場、はたして今年も行くのかw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/186-2bf68966