2008.02.25
東京競馬場で観戦しました。

現場だといろいろな印象がかたまりになりますね。
けいばのクオリア?主観がはいる楽しさ?
データでガチガチの心を溶かしてくれます(笑)

予想はもちろん、ヴァーミリアンに逆らわない方針で(笑)
データ通りではございますが。

実際強かったですね。受けて立つ横綱相撲。
真っ向勝負のワイルドワンダーをしっかり退けてしまいました。
ドバイが楽しみです。
順調に。順調に。



さて、現地で確認したことは主に2点でした。

まずは、昨日からの強風がどのくらい影響するか。
昼ごろは強めの向かい風で、上がりもかかる状況だったのですが
フェブラリーの少し前からおさまるという、見事な演出。
水をまいてもパサパサの、けっこうパワーが要るかなという馬場状態も
合わせて確認しました。


もうひとつは、ブルーコンコルドのテンション。

フサイチコンコルドから自分の競馬暦が始まっていることが大きく
ブルーコンコルドはひいき目をもって見ています。
(無条件で買うわけではないあたりがアレですが)

ここ数戦の個人的な印象は、「ウマ(の気持ち)が疲れている」でした。
JCダートのレースぶりも、レースを早めに終わらせようとして
かかり気味に走っているように見えていました。

今回、若干レース間隔が開いたことでのリフレッシュぶりがどうか。
入れ込まず、落ち着きすぎず、というテンションで
パドックを周回できているか、をバロメータにするつもりでした。


で、他馬を含め、パドックでの感想をいくつか。
・ヴァーミリアンの泰然自若ぶり。
・その後ろで、馬体のつくり(大小)を除いても、ワイルドワンダーはちょいと格負けの印象。
・ドラゴンファイヤーは-16kgほどの馬体減りは感じさせず。でも力強さも感じさせず。
・ロングプライドの首さし!
・リミットレスビットの順調さ。
そして、
・ブルーコンコルドは気持ちがリフレッシュした印象。使い詰めの疲弊感がとれた感じ。

争覇圏内に来る力は持っている、というひいき目が前提ですので
これでコンコルドは「買い」と判断しました。


結果、コンコルドの単勝は手元に残りましたが、内容は十分。
年齢的に来年は厳しいかな。頑張ってほしいです。
なお、三連単、いただきました。ぶい。



最後にヴァーミリアン。
口取り後に「フェブラリーステークス」の名前のはいった馬服を着て
表彰式の横でクールダウンしていたのですが
再び吹きはじめた強風にあおられ、スカートめくり状態に(笑)
馬服は外され、一時、吹きっさらしのダートチャンピオン。

JRAにはめくれない工夫を求めます(笑)

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/19-563008b9