2009.09.14


…土曜の話なのですが、さっき映像を観ましたので
いまいま書いています。
この時期、間断なくお仕事をしている感じですね。
頑張ります。その分、府中開催はどっぷり浸かってやるもんw



稍重の馬場。
ブレイクランアウトは4コーナー手前の手綱の動きで
あれあれ、と思わせてからの直線の伸び。
一番強い内容だったのではないでしょうか。

春のローテーションには少なからず疑問がありました。
共同通信杯からG1に直行、それも皐月賞ではなく
NHKマイルCというあたり。

今しがた追い切りの動画も観ましたが
なんか、まだ成長途上?
背格好と前のつくりからすると、もう一回りトモにパワーがついて
いいような感じがしています。内転筋群?
もちろん、テケトーな印象ですよ。
しかし、内転筋群を集中して鍛える調教なんてあるんでしょうかね。



稍重の馬場。
キャプテントゥーレは、スタートが決まったことで
常に有利に展開することができていました。
直線入り口で外に持ち出したのも鞍上の思惑通りだったでしょう。

誤算?は外からブレイクランアウトが併せてきたことでしょうか。
坂のあたりの鞍上のアクション、必死でしたね。
前半スムーズだったとはいえ、3キロ差があって、
11.2-11.7の上がりを一度交わされかけてから
粘り込んだあたりは人馬とも見事。

皐月賞の勲章から「さすがG1馬」の一言で
片付ける記事も目にしましたが、
当時とは違う強さを示したと見ています。
いい追い比べでした。



2頭とも、次走はどこでしょうね。
賞金面で不安があるようですし、キャプテンには無理に
天皇賞を選択してほしくないなー。
マイルCSでお会いしたいですw

ブレイクは、どうでしょう。いまいまの適性より
馬体の完成に焦点を当ててレースを選んでほしい感じがしてますので。
…実は成長止まってるとかw
いやいや、期待したいところ。
この秋のローテーションで陣営の狙いも見えてくると思っています。




稍重の馬場。
ベッラレイアにはまたも不運、ですね。
今までよりはこなしていたように見えました。
3コーナーまでの慌てさせないリズムもよく。

しかし、4コーナーから直線の進路取りが残念。
確かにあのタイミングで外を回したら勝機はないでしょう。
開幕週の馬場ですし。
外にウマがいましたから外に回せなかった、という状況とも見えました。

しかし、直線半ばのあの接触はしょうがない、のかなー。
勝負に行ったというより、手詰まりで狭いところをつかざる得なかった、
という方が妥当な感じに見えるんですよね。

春先からの陣営の苦慮は伝わってきていますし
鞍上も何とかしたい気持ちだったかもしれませんが。


次走は、府中牝馬あたりでしょうか。
メンバー次第で京都大賞典もおもしろいと思っています。
ダメージが少ないことを祈りつつ。




…しかし、この時期、勝手にローテーションを云々するのは
ファンの醍醐味でもあり、悪いクセでもありますねw

まぁ、こんな悪いクセが明日のケイバを支えると思えば。
評価基準の醸成といいますか。

…なんと勝手なw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/191-15bf307f