2009.09.22



日本で一番広いウインズというと、府中ですねw
開催日以外では初めて、繰り出してみました。
まー、他場開催だと動きやすいことw

ゴール板からまっすぐスタンドにはいって
エスカレータ脇にある売店でソフトクリームを買いましたが、
これがけっこう濃厚。バニラビーンズとのバランスがステキです。
ご当地とかじゃなくても、全然満足でした。
府中開催のいつもの動き方だとスルーしがちなポイントだったので、
よい発見でしたね。

そのソフトクリームをいただきながら(ちょっと寒かった)
今日はターフビジョン前で観戦してました。





トランセンドの乗り替わり。
既定路線だったことを承知で、継続騎乗にしたほうが
結果が出ていたかもしれません。

もともと積極的な気性であるところに、大外枠。
スタートから出していけば勢いがつきすぎるというリスクまでは
予測できていました。内田もそれは折り込み済だったでしょう。

ただ、条件戦の1回(それも楽勝)しか乗っていない鞍上が
小回りなコーナーでのコースロスを防ぐために
「かからない程度」という微妙なさじ加減で前に出していくことは
実は難しかったのかもしれません。

1コーナーの入口。3頭を内に置いて、
その外を大回りする格好になっていました。
馬体は流れてはいませんでしたが、横Gに耐えるために
余計な力みが発生していたように見えました。



そのあとの向こう正面。
スタートから4ハロン目と5ハロン目のラップが
トランセンドに別の種類のいじわるをしています。

前走は12.4-12.4で加減速なく流れたのですが、
今回は13.5-13.1。おそっ。
勢いをつけてコーナーに突っ込んだ1番人気は
今度は抑える格好になったわけです。

さて、逃げていたトシナギサの鞍上は誰でしょう?
この減速がどのウマにマイナスに働くか、
了解しているはずのジョッキーが向こう正面のラップを握っていました。

逃げ争いが早めに落ち着いたあたり、
ウォータクティクスの取消は、展開の大きなポイントになりましたね。




勝負どころまで力みながら追走したトランセンド。
最後までアラアラにならなかったのは、ある意味では収穫でしょうか。
よく考えたら、ワイルドラッシュにトニービンという血統は
急な加減速に向くイメージないですねー。そこかー。

悲観する内容ではないと思います。が、
本番に向けて、折り合いに課題は残ったように思います。




そして、ニホンバレ。
ほんとに相性が合わないねぇw

調教も前走より本数が増え、時計を出ていました。
前走は度外視できるとは思いつつも
トランセンドの押し切りの前に抵抗できるか、正直疑問でした。

鞍上に、トランセンドを外々に押しやる意識はあったでしょうね。
道中、逃げウマの直後2番手。
…前走のトランセンドの内容じゃないですか。
おそれいりました。

最後ネイキッドとの接戦は、大きなストライド走法と
ピッチ走法の違いのためでしょう。
ネイキッドは勝ちに等しい、見事なインすくいでしたが
結果だけがついてきませんでしたね。




藤沢厩舎は久々の中央重賞なんですね。
キングストレイルの京成杯AHまでさかのぼるとは。

スタッフが若返った分、少し足踏みなんて話も聞きましたが
それでも勝利数でコンスタントに結果を出しているのは、お見事。
来週には1000勝到達でしょうか。大記録ですので
表彰の場にはちゃんといてくださいませねw




しかし、JCDは予想が難解になりそうな予感。
結果が直結しそうな秋の前哨戦が
見当たらない気がしています。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/195-83abf43a