2009.09.28


今週もウインズ府中へ。

パークウインズという呼び方があるようです。
考えるレースさえしぼってしまえば、パークの名が示す通り
のんびり過ごせますね。
ちょっと、味をしめた感があります。

穏やかなパドックがこちら。
屋外シアター

再来週には毎日王冠でゆれる場所ですが
いまいまは静謐のとき。
閑散?まぁ、そうとも言いますw

神戸新聞杯のパドック映像もココで見ました。





事前に観たイコピコの坂路追い切り。
やわらかく、余力を持って真っ直ぐ駆け上がっていました。
仕上がりはよいと判断してはいました。

白百合Sの脚色なんかを思い出しつつ、それでも
春の実績馬を上位に取ったわけですが。
まさかここで、その切れ味が発揮されるとは。

フロックとは思いません。父の勢いもあるでしょう。
自分なりのイメージですが、リーディングサイヤーを獲らんとする血は
こうした第2、第3のウマがレースを制していくことがあるように思います。

鞍上も人気薄でカウンターに徹した見事な騎乗。
恐れ入りました。




さて、結果を踏まえた菊花賞への展望。
最右翼はリーチザクラウン、でしょうか。
この惜敗は価値があると感じています。

仮に1ハロン12.0で、12ハロンを走ると
単純計算で2:24.0になります。
もちろんリーチがそんな究極のイーブンペースを実際に刻むとは
思いませんでした。あくまで平均すれば、という話ですね。

急激なラップの上昇=瞬発力が問われる展開を防ぐには
自ら早めのラップを刻むのが一番でしょうが、
トライアルで極端な消耗戦をやりたいはずもなく。

結果、鞍上の理想は、上がり勝負にさせない程度での
スロー気味の逃げ切り、だとイメージしていました。

実際レースでは、リーチを警戒した第1集団と
つかず離れずで後方に控えた第2集団とに
馬群は分かれていましたね。

第1集団からのマークを受けつつ
自らでラップを作り続けて2着に残ったあたり、
次走はかなり期待できるものと思いました。

スペシャルウィークの血統で
セイウンスカイをほうふつとするイメージ。
皮肉というか、歴史というか。



ちなみに、その第2集団の先頭がイコピコでした。
追いかけなくてよい、という鞍上のメッセージのこもった、第1集団との間。
余力は十分に残っていましたね。
やられたなーw

なお、名前の響きだけでイコピコを選んだ連れが、
見事に単複を的中させておりw
横でがっつりへこんでおりました。

イコピコって「頂点」という意味らしいですね。
くやしいんでさっき調べましたw





さてさて。結局本命にしてしまいましたがw
比類なき末脚は、本番に向けて
難しい課題を残してしまいました。

第1集団に参加しちゃいましたね。
スタートから鞍上は、ニュートラルなスピードに任せていましたが
外からウマが併せそうになるだけでさくっと加速してしまう感じ。

腹をくくって(後方で)折り合いに専念してくれるかが
今日試されるべきところと思っていたのですが。

確かに、人気を背負って
菊を後方一気で制するケースはあまりないですから
前々で折り合うシミュレーションが必要だったかもしれません。

でもなー。
今日の負け方だと、次走は相当、折り合いとの戦いになりそうです。
きれいに折り合えば末脚は一級品ですから。
ただ、それが発揮できないまま
終わってしまうウマも多いわけで。むむ。

…天皇賞という選択肢はいかがでしょうか。
ダメかな。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/198-7b686efa