2009.10.12



レース直後はもう、拍手でした。
スタンドからはため息が多く聞こえてましたがw

横山、お見事です。
狙った通りの展開だったでしょうね。

3コーナーでアドマイヤフジの直後に控えているのを確認したときは
それは不気味でしたねー。
記憶がアラームを鳴らすというか。

ウオッカが絶好のスタートから
ニュートラルなスピードで先頭に立つ場合、
それをマークできる場所にいようと考えるのは
自然なことでしょうね。




武豊が逃げウマを作りたいなら
手綱を押していたでしょうし。
また、かかるリスクがなければ
手綱を引いていたでしょうし。

戦略上、逃げることにプラスの要素は少ないと思います。
断然の1番人気。ただでさえマークされやすい位置どりですから。

ただ今後のウオッカを考慮して、特に折り合いに
マイナス要素を作らないように振舞った結果が
先頭でレースを進めるという展開だった、という理解に至っています。

そのリスクを減らす試運転の姿勢は
去年とほとんど変わらなかったのでしょうね。

スローをうまく追走し瞬発力で上回ったのは、
去年はスーパーホーネットで今年はカンパニーだった、という感じ。
ラップ構成もほぼいっしょですしね。

中間のラップが去年より上手に緩んだあたりが
ウオッカの気性面に進展があった、というところでしょうか。




ウオッカへの期待が過度に高かったひとには
残念な結果だったと思います。

自分はウオッカの負けるケースとして想定していた分、
馬連で取りはしました。が、
ウオッカ1着固定の3連単フォーメーションを買っている時点で
自分も過度に期待していたのでしょうねw

ウオッカで乾杯は、おあずけにしておきますw




ちなみに、ウオッカ-メテオバーストというワイドを買っているのに
前回の記事で同時に名前を挙げたハイアーゲームとの
組み合わせは持っていないという。なんと勝負弱い。
テイタラクぶりですね。あーあ。




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/205-d4279df6