2009.10.12



NARのちっちゃなストリーミングで観ました。
もう少し大きくしていきましょうかw


サクセスブロッケンが盛岡の馬場に苦戦するなら
エスポワールの独壇場だろうと思っていました。
ちょっと深い馬場ですからね。

それを見越してか、サクセスは早め早めに
エスポワールについて行きましたが
直線はかえって突き放されてしまいました。
決して脚色が鈍っているようには見えませんでしたが。



エスポワールは完勝ですね。
船橋の不良馬場とはまた違う馬場をこなしました。

デビューから自己条件を順番にステップしてきたこともよかったのか、
現在の走り、親父さんよりパワフルな印象です。

まだまだこれからではありますが
脚質的にも、いまいまのJCダートの最右翼と思います。






しかぁし、今回は出走条件に問題あることが
浮かび上がってしまいました。

テスタマッタが除外とはどういうことでしょう。
シルクメビウスも同様。
エスポワールの強さに疑いはありませんが
なんというか、せっかくのG1にミソがついた印象です。

この時期の3歳、G1馬であっても除外されてしまった現行ルール。
これは、南部杯の優先出走順のみが問題であるとは思っていません。

3歳有力馬のローテーション。
レパードS以降は、どのようにキャリアを積めばよいのでしょう。
番組を眺めると、あまり考慮されていないように見えます。ねぇ。



私見ですが、3歳秋の目標、芝でいうなら
菊花賞にあたるレースがほしいですね。

3歳のチャンピオン、南部杯組、JBC組、武蔵野Sなど別路線組、
これらがきれいに収斂するならJCダートの価値も上がるのでは。

…やっぱりダービーグランプリはちょうどよかったのかなぁw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/206-0d23a98d