2009.10.18

さぁ、スティルインラブ以来の牝馬3冠が達成されますか。
という割りに前日オッズが2倍越え。おや。

やはりツメの報道(蟻洞=ギドウ)が影響しているのでしょうか。
いったん不安と報道されてしまうと
思ったより症状ひどいんじゃないか、とか考えちゃいますね。
もちろんきっちり公表した陣営は立派なんですけどね。

ハーツクライのラストJCを思い出しました。
ディープインパクトとの再戦を目前にして、
ハンデを公表した上で臨むトレーナーの意気。
あの時はノド鳴りでしたね。




ブエナビスタの最終追い切り。
コーナーでは加速させない軽めの内容は一週前と変わらず。

「仕上がっているから」というコメントも出されていたようですが
コーナーでの遠心力でツメにかかる負担を避けたように受け取れてしまい。
その内容で仕上がったのか。そもそも力が違うのか。

武豊が1つ外の枠というのは大きなポイントでしょう。
似た位置取りなら、かぶせられてかぶせられて
馬群の内々でくしゃくしゃになっているイメージもあったりします。




RACING VIEWERで確認した、その他のウマ。
そんな内枠のゴタゴタがあるなら、その間隙をつくウマ。

レッドディザイアはパワーアップの感。
前半から前向きに坂路を登っていました。
先行することが命題だと思っているので、これはよしと思っています。

坂路の動きでいえばモルガナイト。
まっすぐ駆け上がっていました。穴ならコレですかね。
前走の映像はこれから観るつもりです。

ダイアナバローズ。いい動きなのですが
俊敏さや軽快さが目立たない(シンボリクリスエスっぽさ?)分、
いまの京都の馬場とは微妙にマッチしないか。

あとはブロードストリート、ジェルミナル、ハシッテホシーノ。
ハシッテホシーノはじっくり使われた分、カラダがしっかりしてきた印象。
今回、展開的に恵まれるのは
外からかぶせる先行馬のような気がしていたり。

内枠の穴ならパールシャドウでしょうか。
まだまだ線の細いイメージがありますが(レッドとか、バリバリ過ぎるし)
うまく立ち回れば、あるいは?
鞍上はどんな乗りかたをしてきますかね。

ヴィーヴァヴォドカ。変わらずべっぴんさんですw
追い切り?頭が高かったですね。
折り合いが難しくなっているのではないでしょうか。
バテるレースが続いていますから、
ウマがいやいやになっているかもしれません。




ひととおり眺めると、やはり実力はブエナ、という見立てになってますね。
3コーナーあたりでスムーズに外に出せれば、
おそらく3冠達成だと思いますが、果たして。

…まぁ、実力はブエナ、などと書きつつ、
いまいまは余計な色気がたくさん出ているところではありますw




ちなみにモルガナイト。
名前のモチーフになったのは天然石のようですね。
その石と同じピンクの8枠にはいっていたり。これは何かのサインなのかw

ワイドサファイアが4枠にはいっていたら完璧とかw
ワンカラット。もはや「石」つながりかw

…うわー、レッドが3枠だw





関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/207-07d454c6