2009.10.25

レース1時間半ほど前。Becker'sというファーストフードで
新聞を見ながらうなっていました。

以前の職場の最寄り駅にあったのでよく使っていたのですが
久しぶりに行きました。今日行ったのは別の店舗ですけどね。
独特なバンズの食感があまり変わっていなくてよかったです。

ハンバーガーをがっつりほおばりながら
リーチないかも、と思い始めていました。



ひっかかったのは、ラジオNIKKEI。というより
スローペース以外での逃げ切り勝ちがないこと。

菊花賞で1番人気を背負ってペースを緩めず逃げ粘るだけの力があるか、と。
最後の1ハロンを待たずばてる可能性のほうが高いのでは、と。
これはパドックを見なきゃとウインズに動きましたw




ウインズは後楽園。
パドックの映像で大いに迷っちゃいましたw

アンライバルド、リーチザクラウン。
春のクラシックを連対したウマがチャカチャカ落ち着かずに
そろって先入れしている時点で、ばっさり切ればよかったですね。

アントニオバローズもチャカチャカ。この時点でレース中に
リーチがリラックスできる時間が減る可能性は高くなったと思いました。
角田は積極的に仕掛けるだろうと読んでいましたので。
それがもし嵌るなら、と思って候補に残しておいたのですが
こちらはパドックの時点で消し、と判断しました。

8枠の各馬。こちらもまとめて切れればなぁ~。
どれも出来は悪くない印象でしたし、メジャーの調教量は
刮目すべきものでしたし。
ただし、いかんせん外枠を跳ね返すだけのイメージが沸かず。。。
それならばっさり切ればいいんですよね。そうですよ。

リーチに関しては、展開面の有利さがあると思っている分
ついに思い切りよく切ることが出来ませんでしたねぇ。




そしてスリーロールス。好材料は揃っていました。
前走の勝ち方。その上がりタイム。前々走、新潟の負け方。
追い切りの軽快さ。8番人気。1枠。不安のない折り合い。そしてダンスの血。
ステイヤーくさいな、とw

パドックの落ち着いた様子を見てさらに評価を上げました。
返し馬まで見届けて、誘導する「きっか」わも見届けてw
本線はスリーロールス-リーチザクラウンに。

あーあ。なにかしら思い切りが足りないやw




浜中は余計な動きをせず、シンプルに3000mを回ってきましたね。
いてほしい位置に、そのままいてくれるというのは
買う側からすると心地がいいものです。
好位から見事、もぎ取ったという勝利でした。

しかし直線のよれは褒められません。継続騎乗の分、きっちり制御してほしかった。
正直危ないっすよ、アレ。「G1ジョッキー」の呼称にふさわしい研鑽を期待します。

…やばいな、説教くさいなw
最近、ふつうにこういう言葉が浮かぶんですよね。おっさん化?
よけいなおせっかい?年の功?年の功は褒め言葉?
むむむむーw




そしてそして。
forgettable=わすれられやすい、という意味だそうですw
ほんとかよwww

いや、気にはなっていたんですよ。
血統が取り上げられやすいウマですが
今回の調教量はどうしてどうして。

しっかりこなして、あのパドックでの落ち着き。
ヤバイかもなー、と思いつつ馬券的には忘れてしまいました。。。
さすが池江厩舎。

先生は地下馬道で出走馬の前を横切ってましたがw
あー、フォゲッタブルも直線、前を横切られていましたね。
それは関係ないですねw




しかし、終わってみたらダンスインザダーク。
96年菊花賞は、個人的に鮮烈な印象です。いい意味で、あきまへん。
どっかで書くかな。

ダンス自体は距離をこなせる中距離馬だった、と思っているのですが
サイアーとしてはしっかりステイヤーを送り込みますね。
このワンツーでますますその評価が確固たるものになりそうです。

牝馬だと、ちょっと違うパフォーマンスになる印象はあります。
でも、ムードインディゴとツルマルボーイと、府中の追い込み方は似ているか。
やっぱりダンス、なのでしょうかね。





ちょっと悔しい結果です。
あー、考え方は概ね合ってたのになー。
もうひと押しでした。

さ、来週来週。G1は続きます。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/210-6af5ade6