2009.11.15
ゴールデンダリアの上がりタイムを
トーセンジョーダンが上回っている時点で
京都の馬場、なかなか末脚を維持する持続的なパワーが要るようです。

瞬間的なパワーで1ハロン最速を出すタイプ(フジキセキ)より
2ハロン前後持続する末脚(ジャンポケ、スペシャル)のほうが
いまの京都には合っている様子。

上記のレースはアンドロメダS。
直線向いた瞬間はゴールデンダリア勝ったと思いましたけどね。
最後は脚があがっていました。


3Rの未勝利を勝ったグランクロワ。
父スペシャルウィークに母父Marju。
Marju?と思って調べると、なるほど。
ラストタイクーンの血統で代表産駒にインディジェナス。うわー。
スペシャルウィークのJC。府中の直線をめいっぱい使っての2着。
あの息の長い脚かー。



馬場の傾向は、逃げ切るのも後方一気も難しい重めの馬場、という認識です。
中団あたりで楽に運んだウマが
最後に地力で差し込んでくるようなイメージを持ちました。

やっぱりブエナかなー。
テイエム、ブラボー、クィーンなど逃げてこその馬が多いですし
けん制しあうとしても、縦長の展開が想像できます。
中団で立ち回って直線外に出せれば、磐石でしょうか。

って、これは秋華賞のときとイメージ変わってないですねw




RACING VIEWERで追い切りを観ました。

ジェルミナルの上昇度は確かに高いですね。
その他動きが良く見えたのは、メイショウベルーガ、チェレブリタ、リトルアマポーラ、
ブロードストリート、サンレイジャスパーあたり。



ブエナビスタは相変わらずのキレ。
直線に入るまでは淡々と流して、まっすぐ向いてからエンジン点火。
ただ、あの急加速追い切りは、今の馬場に向けたシミュレーションとしては
むむむ、といったところ。
でもなー地力があるからなー。



それから、これで引退というカワカミプリンセス。
思えば多少上がりのかかる馬場を力でねじ伏せる差し脚は
カワカミの真骨頂だったはずで。
今の馬場も展開も向くような予感はあります。

追い切りはポリトラック。へー。
まだまだ手探り中なのでしょうが、追い切りだけポリトラックというのは
早めのスピード感覚をウマに伝えておく狙いかな、と想像しています。
*追記:雨でCWから変更しただけだってw

3歳のスイートピーS。ナマで観ていたことで
オークス本命にできたことを覚えています。強かったなー。

ちなみに、その日京都では天皇賞(春)。
ディープインパクトのスーパーレコードに唖然としてましたねー。



不気味なのはシャラナヤ。
「疲れを取る」程度の調整、という報道通りの軽い内容で
追い切りを済ませています。
3歳馬の将来性という点も含んでいるのでしょうか。

オペラ賞の映像を観ましたが、終いの脚が活きる展開なら。
あくまで嵌った場合ですが、こわいかなと。
タイガーテイルっていましたよねー。
口にすると気になってきますよねーw

ルメールの助言も来日を後押ししたでしょうか。
アガカーン殿下の新旧専属騎手対決も
とってもゴシップ的ですが、注目。
まさか日本のG1で勝負が実現するとは。





…追い切りを踏まえても、ブエナビスタ磐石、に落ち着いていますねw

なんか、カワカミを買いたい自分がおりまして。
もう少し展開を悩んでみようと思っています。

パドックまで結論引っ張っちゃうかなw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/219-8b34847d