2009.11.29



パドックでのウオッカは、シャープな印象でした。

春のパンプアップした姿とは異なっていましたね。
マイルG1に向けた調整とは違う方針があったように見えました。

マイラー寄りの体型に施す、ステイヤー寄りの仕上げ、というところでしょうか。
わかりやすい見栄えではないのですが、
角居流カスタマイズの真骨頂という印象。
そして、その仕上げに応える牝馬の強さですよ。

ただ、若干の疲労感も含んだ落ち着きのようにも映りました。
気合が足りない、といいますか。
一抹の不安はゲートが開くまで消えませんでしたね。


コンデュイットは、どこかテイエムオペラオーを思わせるカラダの作り。
ただ、際立って主張するところはなかったんですよね。
なにか、瞬発力ではウオッカに、持続力ではオウケンに
それぞれかなわないかなー、という見立てに落ち着いていました。


オウケン。オウケンですよ。
1年前とは別のウマでした。芯が入ったというのでしょうか。
春先までは腰がパンとしていないという報道がありましたが、
首の筋力とトモの推進が力強く連動していて、これは充実期だなと。

個人的には、京都に適性があったのではなく
やはりジャングルポケットなのだろう、と。
馬体がしっかりしてきたところで、東京2400m。
本命にするか、大いに迷いました。


リーチザクラウン。仕上がってはいましたが
陣営が気性に相当配慮していました。
鞍上はウマより早く馬場に向かってましたね。
エイシンが入れ込み気味だったのは
展開上マイナス材料と見ていました。




直前まで悩みましたが、内枠を利用して好位付けできる有利さを考慮して、
ウオッカを本命に据えました。
そういう鞍上を迎えていますし。
まぁ、買いたいウマを買っただけなんだと思いますけどねw





レースのラップを見ました。以下、JRA発表の200mごとのラップです。
12.7 - 10.5 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 12.2 -
12.1 - 12.0 - 12.0 - 11.4 - 11.4 - 12.3。

ここにリーチの強さと弱さを見ました。
リーチの上がりは36.1。レースを通しての平均ラップは11.95です。
3~4コーナーでもペースを落とさず、
積極的なイーブンラップを踏み続けました。

このラップを引っかかりながら出すから、結果につながらないわけですね。。。
惜敗という形にはなるのですが、勝ちには遠い惜敗と思います。
…ダート2100mなら、とか思っちゃいますね。



オウケンブルースリは見事。
ペースを考慮して後方から進めるのは賢明な戦略です。
惜しむらくは外を回らなければいけなかったこと。

土曜のキャピタルS。脚色では互角以上のキャプテンベガは
内から差し込んだトライアンフマーチに惜敗していました。
内外に大きな差がない馬場状態が、ハナ差だけ味方をしませんでしたね。
しかし、力強い追い込みでした。




さて、すでに文章が長めになっていますし
勝ったウマの話は、別にポストしますね♪


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/228-ab39f8a2