2009.11.29

いまになって小雨が降ってきました、東京。

いただいております。
横のノートでいつも記事書いてます。愛機CF-W2

明日に響いちゃうのでちょこっとだけね。
美酒でございますなーw




ウオッカの春先の仕上げ。マイラーとしての爆発力は
パンプアップされた筋肉(特にトモ)に表れていたと思います。

秋。その膨らみを削いでまで求めたのは、
2400mを走りきるスタミナとテンションと想像します。

春に比べてカロリーを抑えた飼い付けになってたりしたのかな。
例えば人間でもお肉とか食べると血気は盛んになりますしね。

JCに全力を注ぐ。馬体からはそういうメッセージを受け取りました。



前走の鞍上の戦略。これも折り合い重視。
JCへの伏線としては十分理解できるものでした。

オーナーの発言が報道に出ていましたが
天皇賞後、折り合いへの先入観がないジョッキーのほうが、という案を
厩舎へ提示していたようですね。

それぞれがプロの思惑の中で動いた結果、なのでしょう。
レースでの瞬間的な挙動。
こればかりは理性で語っても、という側面があるとは思います。
武豊からすれば厳しい見解ですが。

ただ、そつなく好位につけたこと、そして柔らかく待って待って追い出したこと。
今日の勝利はルメールだからこそ、と思いました。



レース直後は負けたと思いました。
2cm、だそうです。
スロー再生でわずかに残しているウオッカの鼻先が確認できたときは
スタンドが大きく揺れました。

自分は両手でガッツポーズでしたねw
「ウオッカ!!」って叫びやすいなーとか思いつつw



口取りの様子です。
実物は遠かったのでターフビジョンで





で、記事のタイトルの話。

…なんかね、パドックで馬体の仕上がりを見ながら
ふっと思ってしまったわけです。

陣営のなかに引き際の覚悟があったんじゃないかな、と。
結果が出ても出なくても、これが最後になるかもしれない、という。
だからこそ全力を注ぐ。その思いが、レース確定後の涙になったのではないかな、と。



表彰式終了後。
スタンドにはカメラを手にして走るファンの姿。
4コーナー側へ引き上げるウオッカを追いかける流れがありました。
結構な人数でしたよ。

…みんな薄々予感しているのでしょうか。
今日が現役の見納めになるかもしれない、と。



ローテーションを考えると、信憑性が出ちゃいますよね。
年内は有馬記念しか残っていないですし。
秋4戦目で中山を使うメリットはないように思いますし。



おぉ。先ほど鼻出血で1ヶ月の出走停止が発表されたようですので、
これで今年の出走はなくなりました。

さて、来期はどうなるのか。
あ、まだ、どうとも決まっていないと思いますけどね。




レース確定後には、もうこれでいいだろう、という言葉が浮かびました。
もちろん自分が何を決めるわけでもないのですが。

さっきまで泣いていたであろう顔で表彰式に臨んだオーナーを信じて。
然るべき判断を待ちたいと思います。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/229-580b752d