2009.12.06


曽根崎のホテルにおります。
久しぶりにさたウマを観ました。
普段、関西テレビは見れないですからねー。




さて、佐藤哲三がどんな戦略を温めているか。
それがまだ想像できません。

展開のカギを握る先行馬の1コーナーまでの入り。
エスポワールは包まれたくはないはずなんですよね。

ワンダーアキュートが先頭に立つのは
おそらく許容範囲だと思うのですが、
サクセスブロッケンやマコトスパルビエロにかぶせられるのは
避けたいのではないかな、と。



1コーナーまでの内枠馬の攻防。

ポイントはペースを握るウマと
「好位の内」でスムーズに運ぶウマがどれになるか、だと思っています。

なんか、サクセスは力んで前に行ってしまいそうな予感。
決して心身ともにベストな感じはしていないので。

その場合、控えるエスポワール。
…あるか。


一方、ヴァーミリアンはひとつ外のウマに
スタート直後削られるような気がしています。
好位の内をスムーズに取れるか、少し怪しいイメージです。
ユタカが好位をとりに行くかもしれないですが。

なんか、結果としてストレスなく「好位の内」をとるのは
アドマイヤスバル、のような気がしています。

…あー、そうか。
その後ろからじんわり行けるなら
メイショウトウコン。怖いですね。



ワンダーアキュートの可能性は、先手を取りきった上で
2番手以下が上記のようなけん制をし続けた場合。
そして36秒台の上がりを許さない、深めのトラックコンディション。
条件が辛めですが、嵌る可能性はゼロではないかな。

それより調子が気になりますけどね。
なんか追い切り映像を見た感じ、武蔵野Sの疲れがとれていないような。




差しウマからは、シルクメビウスとラヴェリータ。
外を回る可能性を想像しています。

土曜は外差しが決まっていましたが
明日晴れた分乾く馬場と、このメンバーですから
外を回した分だけ届かないだろうと読んでいます。



大穴。かな。ボンネビルレコード。
先行馬壊滅という少ない可能性、あるいは
スムーズに中団の内々にポジショニングできた場合。
…欲が出てるんですかねw





せっかく現地に行くので、いまいまは
分析に留めておこうと思います。

あとは、ティズウェイ。
調教師ジェームズ・ボンドで馬番7番とはw
重要なサインかもしれませんw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/232-3233c92d