2009.12.07



仁川のスタンドで武豊がスポイルされていく様を
ゆっくり堪能してしまいました。
1コーナーから、長かった。。。
どっと疲れました。



肝心の1コーナー。
エスポワールシチーはスタートから軽く扶助を受けながら
外から被せられないように先行。
コーナーワークで無理なく先頭に立ちました。

そのすぐ外。サクセス、スバル、ヴァーミリアンは
1コーナーまでほぼ一線。
ヴァーミリアンにとって、ここをニュートラルなスピードで雁行したことは
負のスパイラルの始まりになってしまったように見えました。

コーナーの減速を使ってスバルの後ろに入ってからは後手後手。
最内からダイショウに進出され、
外からはマコトスパルビエロ、スーニと次々に被せられました。
そのまま直線へ。パトロールフィルムを見る限り
まともに前が開くことは、ついになかったようでした。

…前をこじ開ける勢いがなかっただけかもしれません。




鞍上のジャッジが確かだと感じる部分は
3~4コーナーで内を選ばなかったこと。
あの位置から内に入れた場合、4コーナーで下がってくる
ティズウェイの餌食になっていたことでしょう。

今日のユタカは確変はいってたんですよ。3連勝含む4勝。
ソリタリーキングなんかよく届いたなと。
自分の予想、この流れを素直に信じた格好になってましたね。
メインでこうなるとは。むむ。



思えばヴァーミリアン、完成前は時々不可解な負け方をしているウマでした。
スプリングSや東海Sですね。おそらく精神面なのでしょうけど、
今日の結果と関係あるのかな。

前を追う気力が失せていたのなら、
「政権交代」でいいように思います。




エスポワールにとっての1コーナー。
ティズウェイがいいスピードでコーナーに突っ込んで膨れた分、
それより外のウマがハナに立つ可能性が消えました。
まぁ、器用には曲がれませんよね。
エスポワールには大いに追い風でした。

ヴァーミリアンが下げた位置。
同じようにエスポワールも息を入れていました。
スタートからの3ハロンが、12.5 - 11.1 - 12.7。
12.7の部分ですね。これが直線入口の最加速につながったと思います。



なんか、場内のリプレイを見ながら、親父のアンタレスSを思い出しました。
あの時は脚色衰えず、8馬身のぶっちぎり。
その先に競走馬としての完成期があったはずで。

…こういう記憶がふっと蘇るあたりが「more than a decade」的な感傷ですね。
おっさん、の一言で済む話かしらw




くげーん。
1番人気の逃げウマが、コーナーワークで息を入れている。
他馬が何も出来ないのは残念と感じました。
ペースに対して最も能動的だったのが勝ったウマなのですから。
予想が外れたからではなく、勝利への能動性を感じにくい、ということです。

マコトスパルビエロがたまりかねて捲くっていきましたが
他のウマにももっと早いタイミングで抗する瞬間はなかったでしょうか。

こう感じさせてしまうのは、ちょっと怖いことと思いますよ。
競ってないじゃん、ということですから。





レース後。場内向けの勝利ジョッキーインタビュー。
囲んだ人垣から心地よい野次が飛んでいました。
昭和な香り、ともいっていいかもしれませんがw

舞台に上がる役者との、適切な距離感と熱。
祝福モードってこういう熱のことですね。
てっちゃん、愛されていました。




海外という展望もあるようです。
遠征が向くかどうかは未知数ですが、楽しみな挑戦です。

早々に実現するならドバイミーティング、でしょうか。
父ゴールドアリュールは政治的な事情(イラク戦争)で参加ができませんでした。
来年からはナドアルシバではなくメイダン。
おぉ、それは楽しみですね、ホントに。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/234-4d214b43