2008.03.15
サラブレmobileの「発掘データ箱」という記事にあった言葉です。

記事では,ウォーエンブレム産駒の得意分野についてデータ分析をしていました。
ある傾向はしっかりでていたのですが(ここでは触れないことにしますね)
分析の結果,ショウナンアルバが複数の条件で,傾向をはみ出す「例外」になっていました。

記事の著者(金木犀さん)はこの例外を
「データクラッシャー」と呼んでいました。


きました。わしづかむ言葉。

~血統によるおおよその傾向は,突出して強いウマには当てはまらない~
日頃感じていたことを言い当てていて,個人的にお見事だったのでした。

強いウマを探すのは,血統を突出した「例外」を探すこと。
けいばの醍醐味のひとつは,そのあたりに感じています。



なお,どんなに強いウマでも,馬場コンディションや体調などで
パフォーマンスが突出しない場合は
その血統の弱いところが表現され,その弱点が原因で負けることもあると思っています。

スーパーホースがふつうのウマになっちゃう,という
イメージですね。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/24-8217015b