2010.01.24
【羅生門S】
そつなく外枠から先行して、危なげなく抜け出すという
4戦目にしてはとても器用なレースぶりでした。

逃げウマを追っかけてしまうような
エキサイティングな気性ではないようで。
レースっぷりはサウスヴィグラスでしたけどね。

ナムラタイタン。まだまだ馬体はこれから。
ムキムキになっていくことでしょうw
期待してます。

サウスヴィグラスはダート版バクシンオーみたいな存在に
なっていくんでしょうかねw



【若駒S】
むーん。

ラスト2ハロン半からの瞬発力勝負。
フジキセキの瞬間的なパワーが
キングカメハメハのそれより勝った、という感じでしょうか。
*訂正:ヒルノダムールってマンハッタンカフェですね。完全に勘違いでした。
    いやでも、マンカフェの瞬発力には見えず。

ただし、ルーラーシップのコース取り。
直線に入ってすぐエクセルサスの外に「振られてしまった」という報道がありました。外に膨れたこれは正確には鞍上のコース取りが主要因だと思います。それは敗因でもありますね。

確かに、エクセルサスは武豊の左ムチに驚いているので、事前に察知するのは難しいかもしれません。が、ルーラーシップの鞍上は4コーナーから直線に向くまでエクセルサスの内を狙っているように見えるんですよね。

強さに対する信頼があるなら、早めに直線外に向かう戦略が取ってよかったように思います。ただでさえ「若駒」。取りこぼさない強さの発揮なら、安全策を選ぶべきかと。

どんな思惑があったかは不明ですが、日ごろからの鞍上の「内へのこだわり」が脊髄反射的にコース取りさせていたのなら、乗り替わりの判断があっても不思議はありません。能力のポテンシャルからいっても、フォームの特徴からしても、内々を器用にまわさなければならないウマではないと思いますので。

…ルーラーシップ、取りこぼし、という認識です。



【目標はフェブラリーS】
リーチザクラウン!

まぁ、東京ダート2100mで見たい見たい言い続けてましたからねw
まさかアレキサンドライトSってわけにはいかないでしょうからw
激しく楽しみです。

どれだけのラップでいくでしょうね。同型馬との兼ね合いは。
そのときエスポワールシチーはどう追走するのか。
そしてヒシカツリーダーの追い込みはいかにw



【ドバイ前哨戦】
どうやら有馬記念1、2着が再戦。
京都記念。そんなレースでしたっけw

ただ、今後はフェブラリーS同様、ドバイミーティングを見据えた
国内前哨戦、という存在感が強くなるかもしれませんね。

ドバイや香港のビックレースと
張り合うべきか、共存すべきか。

メイダン競馬場のオールウェザー具合がしっかり評価されたら
まずは高松宮記念の開催時期が問われることになるでしょうかね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/255-9d049f60