2008.03.24

なんとも微妙な結果。

ポイントは、本番に向けて内容のあるレースを試みたウマが
軒並み結果を出せなかったこと。

ショウナンアルバは、本番で逆転できる余地を残したとは思いますが
あのかかり癖がでるうちは惜敗を続けてしまうおそれが。
「あれさえなければ」ではG1は厳しいでしょう。
…期待している分の辛口でしょうか。

皐月賞で同じようなレースをした場合、
マイネルチャールズあたりのいい目標になってしまいそうですね。
はからずもペースメイカー、という程度のウマになってほしくないな~。
期待しています。


また、サダムイダテンは、前走から集中力というか、
どうもギアをあげる意思に欠けているように映ります。
道中ためてるようには見えるのですが。

思い出したのは、股関節炎後のナリタブライアン。惨敗が続きました。
トップギアに上げる手前でケガの再発をおそれ、自分でスピードを加減していたのでは、
という記事を目にしたことがあります。

イダテンの場合、ケガではないかもしれませんが、だとしたらなおさら。
全力を出すためのスイッチがONにならないのだとしたら、
メンタル面、深刻かもしれません。

単に弱いだけ?そうは思ってません。
持っているポテンシャルを発揮できずにターフを去るウマのほうが
多いはずですから。



…勝ち馬に触れていなかった。失礼しました。
好位追走できるメンタル面も含め、有力な1頭と思っています。
お父さん(タニノギムレット)の不器用さとは、えらい違いですね。

あとは小牧ジョッキーは川ちゃんに似てるなー、とw
ウマの評価とは関係ありません。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/26-5a5cb9ca