2010.03.07


まずは昨日のチューリップ賞から。

アパパネは完調、ではないですよね。
追い切り映像を見てもあくまで始動戦に向けた調整という印象でしたし。

そうか、キングカメハメハの休み明けか。
キンカメ自身の神戸新聞杯が思い出されます。
能力差がある割りに、差し切るまでがちょっとかったるい感じ。
勝つには勝ったけど…、という内容でした

血統からしても、次走に向けて
さらに仕上がってくることを期待したいと思います。


でも勝ち馬もキンカメなんですよねーw
ショウリュウムーン。

追い切り映像からの見立てでは、人間でいう膝から下の部分の脚捌きから
渋った馬場はこなしそう、という程度。
手前を変えたあとはヨレる様なしぐさを見せていましたし。

レースでも最後の直線、手前を変えるとよれる感じ。
勝てたのは自身の能力もありますが、直線向いてなお
アパパネが絶好の目標になったことも大きい印象です。

脚捌きで言えば、前脚を外に振り出す感じがハーツクライ的。
特に血統的な連関はないんですけどね。
近親のオメガブルースカイより似てるんじゃないでしょうか。

本番?むむ。
もう少しパワフルなフォームになってほしいですね。
感覚値ですが、今年の秋あたりで楽しみな感じになるような。


ちなみにいまいまの桜花賞戦線、アプリコットフィズが
少し抜けているという見立てでいます。




さて、今日の弥生賞。
残り1ハロンまではエイシンアポロンのレースでした。

その真後ろ。エイシンの通った道をそのままなぞる鞍上の戦略。
相手が完璧に自分の展開に持ち込んでいる状況を
直線のわずかな距離だけでひっくりかえすわけですから。
見たままですが、ウマが強い。

ラップタイムは確認しましたが
ラップに表れない強さですね。

直線入ってすぐ。行き場のない1番人気の姿に、
昨年の安田記念を思い出しました。
この厩舎とこの鞍上。同じ陣容ですもんね。



皐月賞に向けては、エイシンアポロンをものさしに、
ローズキングダムと2強という評価に収斂するでしょうか。

自分は別路線からガルボ、そして
危なっかしいローテーションを踏み続けるルーラーシップと
復帰戦次第のリルダヴァル。
この5頭を評価しているところです。

いやまだ、ですかね。まだ決めうちはしません。
クラシック・トライアル、これからですからね。






さて、今日はもうひとつ、大事な記事を
ポストしないといけませんね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/267-7c9ccdcd