2010.03.07

…ようやく終わりましたね。
正直ホッとしています。


今日は渋谷のウインズに行ったのですが、
周囲で広げられていたスポーツ紙が、自分には第一報となりました。

いつか来ることとはいえ、お気に入りのウマの引退の報は
いつも残念と安堵が入り混じる不思議な感覚にさせられます。



2度目となるレース後の鼻出血。
これ以上はリスクを負い過ぎてしまいますね。
妥当な決断と思いました。


陣営は鼻出血で出られなかった有馬記念を
本気でローテーションに組み込んでいたようですね。

関係者のコメントを総合すると、有馬に出ていたら
ドバイ遠征はなかった、というようにも読み取れました。

ラストチャレンジするレースを探していた、ということ?
それがドバイWCだったということ?


…個人的にはJCがラストであってほしかったのです。
が、こうした引退にかかるニュースをネットで追いかけるうち、
チャレンジャーという姿勢のまま現役を終えるというのもまた、
美しい引き際と思えるようになりました。

詳しい邂逅は、時間を置いてじっくりしようかな。
DVDがでるでしょうしw




胸を貸す、という言葉があります。

90年代の藤沢厩舎。ウマなり併せの調教が
物珍しさと拒絶反応をもって見られていたころ。

タイキブリザードがバブルガムフェローに、
バブルガムフェローがタイキシャトルに、
タイキシャトルがスティンガーやシンボリインディに。

実力馬が素質ある若駒に胸を貸し、厩舎にとって
いい連鎖を生んでいたようです。
現場にいる人間ではないので詳しくはわかりませんが
きっとそこで、先輩から走りの所作を学べるのでしょう。


いまの角居厩舎。
デルタブルース、ポップロック、ディアデラノビアがウオッカに、
ウオッカがトールポピーやヴィクトワールピサ、ルーラーシップに。

素質馬の仕入れが前提になりますし、馬房の制限があるなかでは
こうした連鎖はなかなか生み出しづらいものでしょう。

名馬がもたらす無形の痕跡、ですね。
外野は併せウマのパートナーを見てミーハー心を満たすくらいかなw
でも、こうした連鎖もまた、ケイバの醍醐味と思っています。





飲むほうのウオッカはまだまだ残っています。
先ほどちびっ、とやりました。

浴びるほど痛飲するのは
無事にシーザスターズの仔を受胎してからにしましょうか。

いまいまは、稀代の名牝のレースを無事に見届けられたことに
静かに感謝したいと思います。

ありがとう。
お疲れさまでした。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/268-877bb115