2010.03.14


【フィリーズレビュー】
渡辺薫彦の勝利ジョッキーインタビュー。
柔和な表情が、無欲の勝利を物語っている感じでした。

いまいま血統を調べてびっくり。
アグネスデジタルだったんですねー。
芦毛なので全くイメージできていませんでした。
毛色はおそらく母系のLady's Secretから。
強くでる血統のようですね。

ラップタイムを見る限り、大幅に評価を上げられる
内容ではないと思っていますが
自身の脚はいい持続力があったという見立てです。


勝負服がね。
ファイトガリバーを思い出しました。

直線通ったコースは同じくらいでしょうか。
今日以上に手綱を短く詰めた鞍上のアクション。
エアグルーヴが熱発回避した桜花賞。なつかしいですね。

…いまを見ろ、いまをw



【ラブミーチャン】
事前の雰囲気をつぶさに追っかけてはいなかったのですが
期待値が高かったのでしょうか。

決して馬鹿にするわけではなく、適性のイメージをするときに
サウスヴィグラス産駒で母父アサティス、
深いダートでの無敗の逃げウマが芝初挑戦、ですからね。


最後から2ハロンめ。ここでラップがあがりませんでした。
このペースで行ったならマークされたにしても
もう一回ギアを上げてほしかったな、と。

スピード値よりも心肺の強さで押し切ってきたという
見立ててですので、今日の結果に驚きはありませんでした。

今後はどう育てたいか、によると思います。
芝がダメ、ではなさそうですし。
自分はJBCスプリントでの勇姿を期待していますがw
どうなるでしょうね。



【ドバイレポート】
JBIS-Searchの記事の話です。

スーパーサーズデイの詳報の後、レースレポートから徐々に
ドバイ経済のレポートになりつつありますw

メイダン競馬場のまだできていないところ(すごい未完成具合w)から
ショッピングモール、レストラン、メトロ、
果てはスーパーマーケットで買ったかぼちゃの種までw
写真で次々と紹介しています。

…ウマじゃないじゃんw

いや、自分は好意的に受け止めているんですよ。ホントに。
ケイバってその国のお国柄や経済状況がしっかり反映すると思っていますから。
日本の馬主さんも、いまはITに関連した業態の社長さんが増えたりしていますしね。
ケイバの「背景」として知っておきたいな、というところです。

そうか。「ドバイWC現地取材レポート」がタイトルだから
間違った取材でもないのかw

らくだ飛び出し注意の看板とか、あたらしいなーみたいなw


引き続き、期待していますー。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/269-793e6d0a